2009年11月01日

ブログ開始1年、皆さんの支えのおかげです

tanuki06.gif

「小だぬきのつれづれ日記」のブログも 10/24 で開始1年。
カウンター設置が 11/7 で1年になります。

初めは 無名な「うつ病」で休職した小学校の教員のブログ(H21.3/31  退職→元教員に)ですから 自分の生きている足跡を刻むつもりで アクセス数は気にせずにカウンターを設置しなかったのですが(本心はゼ゛ロの日の落ち込みを心配して設置に踏み切れなかった)、予想以上に「うつ病家族の自助グループ」「mixi」のSNSの方の支えで 読んで下さる方がいらっしゃることに勇気を得て 開設2週間目からカウンターの設置に踏み切れました。

edita友達、あし友など 多くの方・素敵な方々とも交流を持てるようになったのもその頃からです。
なかなか自分から「友達申請」ができなかったのですが、勇気を出して!! 申し込み、「申請受理」をして頂いた「友」のおかげで 孤立感も出ず続けられました。

絵も写真もない 文章だけのブログにアクセスしてくださる方の支えで 2年目に入ることができました。
本当に感謝です。

初期には アドガー広告のブログ評価0の15円からスタートをし、やっと?? 皆さんの支えのおかげで10/29に ランク3の100円にまで到達できました。ランク4の170円までは 道は遠いのですが、客観的なブログ評価として より内容のあるものにとの励みになっています。

また、「日本ブログ村」の総合ランキングも5000位〜7000位前半(34万ブログ中)との評価を頂いており 元教員として向上心に灯がつき、「うつ病の意欲低下」をブログに関しては阻止できています。
これも ひとえにアクセスしていただける皆さんのおかげと感謝の日々です。

11月のスタートにあたり、今後ともご支援を頂けると嬉しいです。

・うつ病患者のもののとらえ方
・元小学校教員の思考回路
・「べ平連世代」「団塊世代の全共闘残り火世代」のものの見方

などが、読んで頂ける方の反対・疑問・賛同などの思考の一助に少しでも役だって頂けるよう 小だぬきは2年目のスタートを切っています。
posted by 小だぬき at 05:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ奮戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

弱い者イジメ・・

たぬきE.jpg

本当に 「生活者目線」にたった政治なのだろうか??

日本よりうんと貧しい国でも 医療・教育の完全無料化を実施している国もあるのに、日本の明日が見えない「閉塞感」が生まれてきています。

高校の授業料補助を検討する位なら 「高校を義務教育」にし、底辺校は絶対にうまない どの子にも学力をつける、生活習慣の指導も徹底するなどに舵をきれないのか??

公立校定員の不足と私立依存の今の制度を 希望すれば公立校に全員入学できるとした方が より筋が通ると思います。
専門学校選択者も高校進学者と同じに「義務教育通学・卒業資格」扱いにするなど、「平成維新」とは 国のあり方をかえる試みでしょう。

医療、医師不足にしても 医学部入学・実習費など 膨大な教育費を必要とされる学部に「低所得」では 初めから諦めざる得ないでしょう。

今、全国で病院倒産が増えているそうです。
診療報酬を低く押さえているのと、独立採算で「高度医療をしようとすればするほど」機器購入費で赤字の連鎖になる。

病院や介護職・福祉・教育などは 経済原則の独立採算で黒字になること自体 常識的に不可能なことでしょう。
患者・利用者の負担をより上げるか 従事者の重労働低賃金に目をつぶるしか手がないのが事実でしょう。

「国民目線」というなら 高速道路無料化・暫定税率廃止・生活保護母子加算・高校授業料無料化・子供手当などの施策を先延ばしにしても、

その財源で思い切った制度改革で医師養成への補助、診療報酬引き上げと病院補助、
福祉関係の待遇の最低賃金補償と施設の増設援助・財務表による赤字補填支援金、
幼稚園・保育園の増設援助など思い切ったシステム改革に税金を投入して欲しい。

民主党のマニフェストを読むと 絆創膏的な予算の使い方で、制度疲労ともいえる各現場の改革と展望を示していないことに気づきます。

小児病院の増設、産婦人科病院増設、救急医療体制の改善など 問題は山積みです。

明治維新では「富国強兵」での植民地化阻止が命題でしたが、
「平成維新」が「弱者・国民目線」というなら それなりのビジョンを持つべきでしょう。

学校補修、保育園増設、福祉施設の増設、森林の回復、休耕地の土壌回復などの公共工事であれば、雇用対策も筋のとおったものになるでしょう。

減反政策で休耕田になった所の回復には 多くの雇用を生み出す可能性もあります。

「維新」の名に恥じない 国作りを指向して欲しいと思います。
posted by 小だぬき at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

風邪をひきました・・

たぬきかお.gif
自分の不注意で なんともオソマツな状態に・・・。

昨日、久しぶりに?? 衛生に目覚め 8日ぶりに朝風呂。

午前中は 髭もさっぱり、身体も一皮むけたような爽快感があったのですが、湯冷めをしたのか、午後から猛烈な寒気と洟水・咳。

布団に潜り込みNHKの「衆議院内閣委員会」中継をみていたら あまりの緊張感のなさに眠りの中に。

自民党も民主党も型通りの 質問になっていない質問、答弁になっていない答弁 で終始。

こんな国政の状態で 風邪を拗らせたり、インフルエンザになったら「自殺を強要」されるような病院の混雑とワクチン不足。

昨日で見事に冷蔵庫が空になったので、値段の高さに目をつぶり 近くのコンビニで「ミニ冬眠」の食料の買い出しにいってきます。
薬屋も開いていてくれると助かるのですが・・・。

風邪には、注意ですね(もう遅いゾ!! 小だぬきは)

***********************************
先週から 腰痛に悩む友がいます。
症状をきくと、私の椎間板ヘルニアより軽いようですが、第一腰椎と第二腰椎の椎間板がつぶれているとのこと。ちょっと骨盤の神経との関係が心配な所です。

・立つときやしゃがむ時は、足の膝の折り曲げを第一にすること。
・寝る時は 横向き・ひざおりがラク。
・背骨の曲げ伸ばし防止に しばらくは市販の簡易コルセットがラク。

この腰痛は 経験者にしかわからないほどの痛みです。
作家の夏樹靜子さんが「椅子がこわい」と腰痛体験記を書いているほどです。

長期戦でいくしかありません。
でも 安心してください。私は 低学年担任から外れて20年、痛みはでていません。
初期の治療と自分の姿勢の工夫で 日常生活には支障なくなります。

「◇◇さん」の回復を祈ります。
posted by 小だぬき at 12:37| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

片付けられない症候群(東京ウォーカー)

チェックリストであなたの“片付けられない症候群”度を判定

2009年11月3日(火)18時23分配信 東京ウォーカー


ぐちゃぐちゃのデスク周り


ゴミ屋敷…とまではいかなくても、自分の部屋がカオス状態! そ経験ありませんか? もしも思い当たる節があるなら、それは“片付けられない症候群”かも!? まずは下記のリストをチェックして、いくつ当てはまるか試してみてほしい。


**********************************
□ ケアレスミスが多い

□ 注意を持続できない
□ 人と対面して話すのが苦手
□ 話が飛んでしまう傾向がある
□ ソワソワしてしまう
□ 指示に従えない
□ じっと人を待つことができない
□ 早合点が多い
□ 考えが飛躍する
□ 掃除中に昔のアルバムが出てくるとついつい見入ってしまう
□ 忘れ物が多い。財布を忘れて出掛けることもしばしば
□ 自分が今、何をやっていたか分からなくなる
□ 挙動不審だね、と友達に言われることがある
□ しゃべり過ぎることがある
□ やりたいことは今すぐやる! 

************************************
このチェックリスト、6〜10個以上当てはまるなら“片付けられない症候群”の可能性あり。

そこで実際、6個以上当てはまるという人たちの生活ぶりを取材してみた。


まずは「部屋が散らかってどうしようもない」という10代の女子大学生。現状を聞いたところ「今、私は足の踏み場もない部屋に住んでいます。きれいにしたい気持ちでいっぱいですが、片付ける方法が分からない。主に雑誌やマンガが多く散らかっていて、家族に勝手に捨てられることもあるから悲しい」と、“本当は片付けたいんだ”という気持ちを吐露してくれた。


一方、突然“片付けられる人”に変ぼうした20代女性の成功者もいる。「私の部屋も、前はすごかった。ベッドの周りをぐるりと取り囲むように、衣類や物が山積みになっていた。“いらないものを捨てること”ができなくて。でも、かわいい家具を買ってインテリアに力を入れ始めたら、それまで集めていた食玩類が、決めた部屋のテイストに合わなくなってしまい…。それで、いらないものは“捨てられる”ように。今は、家具を使って衣類を色ごとに分けて収納するまでになり、きちんと整った部屋をキープ中!」とのこと。


他の“片付けられない人”からもよく聞くのが、「収納家具がない」「物を捨てられない」という話。前述の成功者の体験談を踏まえて、まずはお気に入りの収納家具を買う、というのも良いヒントになりそうだ。散らかった部屋に大型家具を入れるなんて…と思うかもしれないが、ひとまず“そこにしまう”という単純作業を徹底すれば、片付けへの道が開けるのかもしれない。


「南青山アンティーク通りクリニック付属 南青山カウンセリングセンター」の精神科医・福西勇夫先生によると、“片付けられない症候群”の極端な例では、ADHD(注意欠陥多動障害)という脳の障害も考えられるそうだが「軽度の人もいれば、重度の人もいる。メディアで取り上げられているので、心配でカウンセリングを受ける人はいますが、“片付けられない”のは鬱病の人にも多く、その中の一部に本当のADHDの人がいる、という感じです」と話す。


また、「ADHDの人は、物事をシステマチックに考えられない傾向にある。片付けをするためのプロセスを考えるのが難しく、 物をあっちからこっちへ…と移動させるだけで終わってしまったりします」と先生。

部屋がゴミ屋敷のようになってしまって、チェックリストでは13〜15個当てはまった、という人はADHDの可能性もあるかもしれないのだとか。チェックリストには引っかからなくても、自分のテリトリーが散らかっていては気分がスッキリしないもの。そんな人は、少しずつでも片付ける習慣を身につけて!                                      【東京ウォーカー】

posted by 小だぬき at 08:29| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

うつ病を知ろう!!

うつ病を知っていますか?
     
       (厚労省国民向けパンフレット 案)
  

1.

正しい答はどちらですか


(1)

ストレスが続くと


 だれでもうつ病になりうる

 
弱い人だけがうつ病になる

(2)

一生のうちに、うつ病になる頻度はわが国では

 
約15人に1人と考えられている

 
約150人に1人と考えられている

(3)

うつ病の時には
 
 

 抑うつ気分、意欲の低下などの精神症状のみがでる
 
 b
 
これらのほかに、不眠や頭重感、倦怠感などの症状を伴うことが多い

(4)

うつ病や抑うつ状態になったら

   a
 
病気に打ち克つために、より一層頑張らないといけない

  b
 
ゆっくり休み、専門医(精神科医)と相談した方がよい

(5)

うつ病を治療せずに放っておくと

 a
 
重症化することもある

 b
 
ほとんどは自然に治る

(6)

うつ病は誰でもかかるもので

   a
 
早期に気づいて治療すると良くなる
 
   b

 治療に反応しにくい

(7)

うつ病の人の多くは
  
    a
 
病状で悩んでいても病気であると気づかなかったりして、医療機関を受診していない

  b

 医療機関で適切な治療を受けている

−正しい答−
(1)a (2)a (3)b (4)b
(5)a (6)a (7)a
2. 身近な情報

☆我が国のうつ病

  
    ○

欧米よりは低いものの、生涯に約15人に1人、過去12ヶ月間には約50人に1人がうつ病を経験しています。
 
  ○

うつ病にかかっている人の1/4程度が医師を受診していますが、残りの3/4は、病状で悩んでいて
も病気であると気づかなかったり、医療機関を受診しづらかったりして、医療を受けていません。



自殺はうつ病と関係があります。

日本では最近、中高年の自殺が増えています。
  
  


3.
 
うつ病とは?

1)
 

うつ病は特別な人がかかる病気ではなく、誰でもかかる可能性があります。

2)

うつ病も心身のエネルギーを低下させ、いろいろな病気の原因になったり、病気を悪化させた
り、最悪の場合は自殺の恐れもでてきます。

3)

心配や過労・ストレスが続いたり、孤独や孤立感が強くなったり、将来への希望が見出せな
いと感じた時などにうつ病にかかりやすいです。

4)

うつ病は早期発見、早期治療が大事です。しかし、長く続くこともあり、その場合は心棒強く治
療することが大事です。

 
うつ病を疑うサイン−自分が気づく変化
 
1.

悲しい、憂うつな気分、沈んだ気分

2.

何事にも興味がわかず、楽しくない

3.

疲れやすく、元気がない(だるい)

4.

気力、意欲、集中力の低下を自覚する(おっくう)

5.

寝つきが悪くて、朝早く目がさめる

6.

食欲がなくなる

7.

人に会いたくなくなる

8.

夕方より朝方の方が気分、体調が悪い

9.

心配事が頭から離れず、考えが堂々めぐりする

10.

失敗や悲しみ、失望から立ち直れない

11.

自分を責め、自分は価値がないと感じる など


うつ病を疑うサイン−周囲が気づく変化


 
1.

以前と比べて表情が暗く、元気がない

2.

体調不良の訴え(身体の痛みや倦怠感)が多くなる

3.

仕事や家事の能率が低下、ミスが増える

4.

周囲との交流を避けるようになる

5.

遅刻、早退、欠勤(欠席)が増加する

6.

趣味やスポーツ、外出をしなくなる

7.

飲酒量が増える など

 

最悪のケース:自殺のサイン

 

自殺をほのめかす言葉を口にする

 ・

遺書を書く

 ・

自殺の道具を準備する

 ・

身辺整理をする

 ・

自殺未遂をする
  

このような場合、本人を一人にしないで

ナイフやヒモ類は本人の手の届かないところに置いてください。

できるだけ早く
、誰かが同伴して精神科医を受診させてください。


4. うつ病はどうして起こるの


  
うつ病になりやすい性格とは・・・

 
 几帳面で真面目、責任感が強い人がうつ病になりやすいと言われていますが、これは大部分の
日本人に共通した特徴です。これらが人並み以上に強い場合や考え方に柔軟性が乏しい人、開き
直りや決断ができない人はストレスを受け止めやすく、結果としてうつ病になりやすいと言えます。


うつ病のきっかけ・・・
 
  様々な生活体験がうつ病のきっかけになります。ストレスになりやすいこれらの体験と個人の性
格や行動様式が相互に関係して、一部の人がうつ病になります。うつ病が悪化すると自殺の危険もでてきます。


5.
 
うつ病にならないために



 

毎日の小さな苛立ち事に対して
 
     ストレス解消法(スポーツ、趣味、レジャーなど)が有効です
 
  ○

少し深刻な問題に対しては、次のようなストレス対処法が有効です

 ・

問題を整理して、解決のための選択肢を考えてみましょう

 ・

自分の手に余る問題については、誰かに相談しましょう

 ・

事故や失敗など起きてしまったことに対しては、誰かに話して気持ちを整理して、これから
のことを考えましょう

 ・

できるだけ前向きに考えましょう
 
 ○

健康は何をするのにも基本になります。病気しそうになったら休養をとり、専門家(医師など)に

相談してください

 
6.
 
  うつ病が疑われたら

 

自分がした方がよいこと

 

専門家(医師、保健師)に相談(受診)してください

 ・

休養と、場合によっては服薬が必要です

 ・

早期に対策を行うと早く回復します
  

 

周囲の人がした方がよいこと
 
 

うつ病の症状について質問し、原因について尋ねてください

 ・

睡眠障害があったり、うつの症状が強くて日常の仕事、家事などが困難であれば、休養
と治療を勧めてください

 ・

保健所、精神保健福祉センターや医療機関(精神科、心療内科、かかりつけ医)などで相
談するよう勧めてください。誰かが付き添って行ってください

 ・

本人が受診を拒否した場合、本人が信頼している家族、先輩、友人などから受診を勧め
てもらってください
 
  ・

治療が始まったら、本人の回復のペースに配慮して、支援をしてください

無理に外出・運動・気分転換を勧めずに、
 

本人がその気になった時点で
 
これらのことを支援してください。


7.

緊急時のために、次の情報を整理しておきましょう


 いのちの電話(代表)      
かかりつけ医 電話      
精神科・心療内科クリニック、病院電話      
ホームページ      


〜 うつ病自己チェック 〜

チェック項目
 
1.
 
毎日の生活に充実感がない

2.

これまで楽しんでやれていたことが、楽しめなくなった

3.

以前は楽にできていたことが、今ではおっくうに感じられる

4.

自分が役に立つ人間だと思えない

5.

わけもなく疲れたような感じがする

判定方法
  
上に挙げた状態のうち2項目以上2週間以上、ほとんど毎日続いていて、そのためにつらい気持になったり毎日の生活に支障が出たりしている場合にはうつ病の可能性がありますので、医療機関、保健所、精神保健福祉センターなどに相談してください。このほかに、眠れなくなったり食欲がなくなったりすることもよくあるので、そうした状態が続く場合にはうつ病の可能性も考えてみてください。

(平成11−12年度厚生科学研究費補助金障害保健福祉総合研究事業「うつ状態のスクリーニングとその転機としての自殺の予防システム構築に関する研究」 総合研究報告書」(主任研究者、大野裕)をもとに作成)

 
posted by 小だぬき at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

国会中継の面白さ

今日は、参議院予算委員会の質疑でした。
参議院自民党は、やる気満々の鋭い質問。今日は微熱でウトウトしていたので 誰がと整理できていないのですが、閣僚答弁は「自公政権」と比べても抽象論で終始。

野党の方が 議員立法、可能な限り協議機関を設けて 一緒に国を立て直しましょうと提案する状態。
行政府と立法府の違いなどの初歩の質問も出る始末。

民主党の代表である鳩山首相に提案すればいいのか、小沢氏か との質問も・・・。

いま制度の改革法案をださず、マニフェストを実施すると野党指摘のように大増税・赤字国債と自公政権より酷い生活苦になりそう。

民主党の監視? のためにも 国会中継は見て欲しいなと思います。
posted by 小だぬき at 21:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

椎間板ヘルニアの治療、予防対策に、正しい姿勢を!

私は、前職の初任校で 1年→2年→3年→1年→2年→3年→5年 担任と主に低学年担当でした。
その時に椎間板ヘルニアを拗らせたのですが、今のようにネットで検索できれば 苦しさも長く味あわなくて良かったのにと思います。

各項目のチェック項目は、下記アドレスで。ここでは、細かいリストは載せていません。
***********************************
腰痛NAVI  からの抜粋
http://hernia.lumbar.jp/pos.htm
 

それぞれの正しい姿勢と、チェックポイント


これから、それぞれ正しい姿勢についての説明を行うわけですが、最初に、ポイントとなるものを、書き記しておきます。

  1. 意識しすぎて「極端な形にならないこと」
  2. 基本は、「頭の真中から、体が糸で吊られている感覚」
  3. 「同じ姿勢を長時間とらない」
以上、3点を、まずは覚えて読み進めて下さい。

立った時の正しい姿勢  

頭の真上から、体が糸で吊られている感覚で軽くアゴを引き、背筋、膝をキチンと伸ばします。

真横から見た場合、耳から肩・股関節・膝・くるぶしを、結んだ線が直線で描かれていることが、一般的には、良いとされています。


▼ 壁を利用した簡単なチェック方法

背中を壁にあてて、立ちます。この時、後頭部・背中・お尻・かかとが、壁につく状態が、正しい姿勢の目安になります。
長時間立っている場合は、時々体を動かして、少しでも姿勢に変化を与えてやりましょう。

 座る時の正しい姿勢


▼椅子

座る場合は、お尻が背もたれに密着するよう、深く腰掛ける。軽くアゴを引き、背筋をのばして、お腹をひっこめます。ひざがお尻より、ほんのわずかに高く、足の裏がぴたっりつくのが理想です。
イスが高すぎる場合は、足を台にのせるか、ひざを組んで膝の位置を調節します。


▼座敷・床に座る場合

正座で座りましょう。あぐら・足を投げ出して座ることは腰に負担をかけます。正座が出来ないときは、柱に寄りかかるなどして、腰にかかる力を柱に逃がしましょう。


▼お風呂の椅子

小さく低いイスがほとんどです。これは、腰によくありません。シャンプー時など、前かがみになる場合は、片膝をつき、もう一方の膝を立てて行うと良いでしょう。


 車の運転時の正しい姿勢


基本的には、イスの時と同じです。

膝が股関節(足の付け根)より、少し高くなるように、車の座席を前に進め、ハンドルと体が離れすぎないように調節します。
座席に着くときは、横向きでお尻から入り、それから足を入れ前向きになります。降りる時は、横向きで足から外に出し、立ち上がります。

 
 重いものの持ち方  

ヒザを曲げる・腰を落とす・体に密着させる!

一度しゃがみこみ、腰を曲げないで、体全体で持ち上げるようにします。
ひざを十分に曲げ、腰を落として(お尻を落とす)。荷物を出来るだけ体に引き付けて持ち上げます。荷物をお腹に抱え込状態で、足の力で立ち上がります。
荷物を運ぶときは、荷物を体に密着させて、運ぶようにしましょう。

 寝る時の正しい姿勢


十分リラックスできる姿勢が基本ですが、うつぶせの状態で寝る事は避けましょう。

痛みがある時の寝方は、横向きでやや前かがみ(横向きエビ型)の姿勢で寝るのが一般的には、楽な寝方と言われています。
仰向けの場合、ひざの下に枕などを置いて寝ると良いでしょう。
寝具にも気を使いましょう。やわらかいベッドや高すぎる枕だと、腰が落ち込んで反り過ぎてしまい、背骨が不自然に曲がってしまいます。
やわらかすぎる布団やベッドは、背中とお尻が落ち込み、腰椎は前方への彎曲が強くなりすぎてしまいます。又、寝返りもうまく出来ません。(腰痛もちには「せんべい布団」とよく耳にしますが、この様なことから言われるわけなのです。)
理想的な寝具とは、背中・お尻が落ち込みすぎない。適度な硬さを持ったものが理想と言えるでしょう。しかし、寝たきりの御老人などには、床ずれになりやすいなど、寝具選びは難しいところです。
畳の上に敷布団を敷いた寝方がおすすめです。ベッドの方は、マットレスの下に、硬い板を敷くのも良いでしょう。

 歩き方 

 頭の真上から、体が糸で吊られている感覚で

「足のかかとから着地」が、基本です。(かかとから着地する時に、力んだり勢いをつけて着地しないこと。膝を痛めます)
つま先を軽く開いて(10度位)直線上を歩くように、意識しましょう。
ついでですが、呼吸は吐く方を重視しましょう。

 その他、日常生活での正しい姿勢


▼ 料理・洗い物

なるべく調理台に近づき、まっすぐに立ちます。足元に15センチから20センチくらいの台をおいて、片足ずつ交互にのせて行うと楽です。


▼ お掃除

掃除機の柄を、出来るだけ長くのばして、前かがみの姿勢にならないよう注意します。
掃除機は細かく前後に動かし、大きな動作は避けましょう。片方の足を前に出して、体重を支えると良いでしょう。


▼ トイレ

洋式トイレの方が負担が少ない。


▼ 自転車

競輪選手がレースで使う様な、前傾姿勢になる物は良くありません。
以上、正しい姿勢について簡単にですが、説明してきました。
日頃から、正しい姿勢を意識して、椎間板ヘルニアの治療・予防対策、再発防止に役立てて下さい。

 プロの目で、正しい姿勢をチェックしてもらう事も、治療改善の早道


一言に、「正しい姿勢」と、言っても、自分自身では、正しい姿勢のつもりでも、他人に客観的に見てもらうと、なっていない事が多々あります。

幸い、きちんとした教育を受けたカイロプラクティックや整体、鍼灸院(はり・きゅう)や接骨院(整骨院)では、姿勢チェックや姿勢指導を、治療の一環としてアドバイスしてくれます。
これら、治療院のプロの目による、客観的なアドバイスも、椎間板ヘルニアの治療や予防対策、再発防止への早道に役立ちます。
posted by 小だぬき at 13:00| Comment(3) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

沖縄だけに犠牲を押しつけるな!!

大会
県民の結集呼び掛ける               

きょう午後普天間の県内移設反対大会  
     
                        
11月8日9時10分配信   琉球新報

 「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」(同実行委員会主催)が8日午後2時から、宜野湾海浜公園屋外劇場を主会場に行われる。8月の衆院選で普天間飛行場の「県外・国外移設」を掲げた民主政権に、辺野古への新基地建設ノーの意思を突き付け、米軍再編見直しの方針堅持を求める。実行委は3万人規模の結集を目標に、幅広い層の参加を呼び掛けている。
*************************************
64年前は「長期持久作戦」で3ヶ月以上、米軍の艦砲射撃で「鉄の暴風」にさらされ、本土決戦の捨て石にされ、
戦後は長い間「米軍の信託統治下」に置かれ 朝鮮戦争・ベトナム戦争の最前線の基地にされ、人民党や社会大衆党などの地元政党の弾圧に負けない 粘り強い「日本復帰」運動で日本に施政権返還がされた後も 米軍の居座り状態は「日米安保条約」の名の下に継続。
この時も日本政府に裏切られ「返還運動」ではなく「独立運動」が正しかったのでは?? と地元住民の失望がありました。

14時からの「県民集会」の成功を祈る思いです。

民主党の弱者目線、平成維新からも沖縄県は除外されるのでしょうか・・・・。

日米安全保障条約は、「日本の安全」を担保するものではなく、「極東の安全、平和」に拡大解釈され、沖縄県は、イラク・アフガニスタンの対テロという名の「侵略戦争」の兵站、出撃基地になっています。

本来は、共産党・社会民主党などが、今日の沖縄集会に向けて 本土でも連帯集会とデモがあってしかるべきなのに 本土政党も沖縄を見捨てるような静けさ。

私は「自宅」から 今は動けませんが、沖縄県民に連帯を表明したいと思います。
posted by 小だぬき at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今でも戦争のような状態

大会各地で反対、昨日の嘉手納での反対集会の記事です。
********************************
犠牲 いつまで 

「今でも戦争のような状態」
                      
                       嘉手納町民大会

11月8日10時20分配信 琉球新報

犠牲 いつまで 「今でも戦争のような状態」 嘉手納町民大会
子ども連れで参加する家族の姿も見られた「米軍普天間飛行場の嘉手納統合案反対町民大会」=7日午後5時前、嘉手納町嘉手納
 
 【嘉手納】約2500人(主催者発表)が集まり嘉手納町のロータリー広場で開かれた「米軍普天間飛行場の嘉手納統合案に反対する町民大会」。町の約83%を嘉手納基地が占め、日夜激しい爆音で生活環境が破壊されている町民からは「これ以上の犠牲を強いるな」との熱い思いと地元を無視した岡田克也外相の発言への怒りが会場を埋め尽くした。

  会場には爆音の中で育ち、基地のない町を願う子どもたちから米軍機墜落事故の恐怖がいまだ癒えない高齢者まで基地の重圧に苦しむ町民の姿があった。再び浮上した嘉手納統合案。参加者は夕暮れの空に向かって、断固反対の拳を突き上げた。
 
  基地と向かい合う形で立地し、日ごろから激しい爆音にさらされている同町屋良の栄光幼稚園からは教諭ら約10人が「町民の心を踏みにじる行為許さん」などと書かれたプラカード持参で参加。多和田麻里さん(21)は「今でも騒音被害に悩まされているのに、これ以上の負担は負わせないで、子どもたちにより良い環境を与えてほしい」と訴え、宮城美智子さん(49)は「岡田外相には実際、嘉手納に住んで爆音を体験してほしい」と話した。
 
  読谷高校3年の知念真衣さん(18)、川武眞子さん(18)、大城詩織さん(18)は3人で参加した。知念さんは「友人からメールが回ってきて参加を決めた。会話が途絶え、テレビの音も聞こえない嘉手納町を大人だけの問題にせず、自分たちも声を上げたいと思った」と語り、川武さんは「これ以上基地を大きくするのはやめてほしい」と訴えた。
 
  13年前に本土から嘉手納町に移り住んだ調理師の嶋本浩巳さん(37)は「普天間基地が嘉手納に統合されても、辺野古にいっても危険性は変わらない。何か起こってから盛り上がるのではなく、基地はどこに持っていっても必要ではない」と話した。
 
  老人クラブのメンバーと参加した76歳の女性は上空をごう音とともに飛行する米軍機を見詰めながら「今でも戦争のような状態。いつ墜落するのかも分からない。その上、普天間からヘリが来るなんて、どこまで町民に負担を負わせるのか」と語気を強めた。
 
  前嘉手納町長の吉浜朝永さん(86)は「嘉手納統合案はもってのほかだ。普天間飛行場の移設は辺野古だろうが県外でもかまわない。とにかく嘉手納町民の基地負担を増大させる嘉手納統合だけはやめてほしい」と話した。
posted by 小だぬき at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の病で大切な「寛解」というキーワード


心の病で大切な「寛解」というキーワード

     2009年11月8日(日)10時0分配信 All About


■「完治」ではない「寛解」とは?

 あなた自身、また大切な人が心の病になったとき、知っておきたいキーワードがあります。それは、「寛解」(かんかい)という言葉です。

 寛解とは、病気の症状がほとんどなくなったものの、完全に治癒したわけではない状態。再発しないように、様子をみていく状態のことをいいます。

 多くの心の病は、適切な治療によって「寛解」に向かいますが、すぐに治癒、完治するとはかぎりません。なぜなら、目立った症状がなくなっても、いつ再発するか分からないからです。

■うつ病は「心の風邪」ではない

 たとえば、「うつ病」は誰でもかかる可能性のある病気であるため、「心の風邪」などと言われます。しかし、これはうつ病の特徴を正確に表した例えではないと思います。

 風邪の場合、薬を飲んだり休養したりすれば、割と早めに「完治」できます。こじらせて肺炎などの重篤な病に発展しなければ、長くとも1ヵ月もすれば元の体調に戻れますね。

 しかし、先述したように多くの心の病は、回復しても「寛解」の状態であるため、長期化しないように心身のケアをしていく必要があります。そのため、「心の風邪だから」などと軽く考えると、心の病気を理解できなくなってしまいます。

 「心の風邪」という例えは、ストレスによって起こる軽いうつや、自律神経の乱れによる体調不良なら妥当でしょう。休養や気分転換、栄養摂取などを心がければ、比較的早く元の状態に戻れるからです。

■心の病を機に変えなければならないこと

 「寛解」という言葉の意味を知ると、がっかりする人も多いでしょう。「完全には治らないのかな」「半病人ってことかしら?」などと思うかもしれません。

 こう感じるのは、「このままじゃいけない」「今までの生活に早く戻さなきゃ」という思いがあるからではないでしょうか。

 しかし、寛解という状態を理解し、心の病を再発・長期化させないようにするには、その発想を転換させなければなりません。

 なぜなら心の病の場合、回復してきて寛解の状態になった頃が、最も注意が必要だからです。

 「元気になったから、早く復職しよう」「今までの遅れを取り戻そう」と思って、すぐに元のペースに戻すと、突然病気が再発することが多いのです。そして、一度再発するとさらに再発率は高くなり、長期化しやすくなります。

■心の病が教えてくれる大切なこと

 心の病になったときには、今までの生活のスタイルやペースへのこだわりを捨てることも必要になるでしょう。

 しかし、心の病になるのは、必ずしもマイナスとは限りません。それまでの自分には見えなかった「人生の奥深い意味」や「かけがいのないこと」に、気付くチャンスかもしれないからです。

 たとえば、心の病ではないのですが、若年性アルツハイマー病患者の人生を描いた『明日の記憶』はそれを示唆する名作です。仕事一筋で順風満帆に人生を歩んできた人が、病気をきっかけに何を発見したのか、自分や家族はどう変わったのか。心の病による心情の変化を理解するためにも、参考になる映画です。

 自分や家族が、実際に大きな病気を経験しなければ分からないことはたくさんあります。極端な言い方ですが、心の病とは「本当に大切なこと」への気づきを促す“心からのメッセージ”なのかもしれません。


 参考文献/大野裕『「うつ」を治す事典』法研 2003、『産業カウンセリング入門 改訂第3版』(社)日本産業カウンセラー協会 2006                    【ストレス:大美賀直子】
posted by 小だぬき at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフィリエイト儲け話に要注意

アフィリエイト儲け話に要注意 不況下の副業探しで被害増える
2009年11月8日(日)17時0分配信 J-CASTニュース
http://news.nifty.com/cs/technology/techalldetail/jcast-53332/1.htm

アフィリエイトで稼ぐサイト作成などで高額の料金を支払わされたという相談が、全国の消費者生活センターに相次いでいる。給与カットで副業を探していて、被害に遭うケースが多いという。
   不況の影響がこんなところにも及んでいる形だ。


   大阪府在住の20代の主婦は、家事の合間に副業をしたいと考え、ネット上で在宅ワークのサイトを見た。そして、資料を請求したところ、業者から電話があり、アフィリエイトのサイトで稼ぐことを勧められた。

サイト作成代約40万円取られる


   アフィリエイトでは、自らのサイトやブログに広告を貼り付け、そのクリックや商品購入の数に応じて広告主から報酬が支払われる。

「個人で店を出そうとすればもっとお金がかかる。お金は必ず入ってくるし、収支がマイナスになることはない」

この主婦は、業者からこう説明され、それを信じて、サイト作成代約40万円を支払った。
ところが、商品広告を掲載してみたものの、まったく収入にはならなかった。主婦は2009年3月、「解約したい」と消費生活センターに相談した。


   アフィリエイトのほか、サイトで実際に商品を販売するドロップシッピングを巡って、ここ1年ほどで、各センターへのサイト作成の被害相談が急増している。国民生活センターが11月4日発表したまとめによると、08年度は相談が前年度より2倍に増えて379件に。さらに。09年度は9月末までで356件に達し、前年同期のなんと3.5倍にもなったというのだ。


   急増の背景について、同センターの相談部では、不況による給与やボーナスのカットが大きく響いているのではないかと推測する。

「収入が減ったので、副業への関心が高まっています。ネット上で探してサイトの話を見つけ、それを副業にする人が増えたわけです。正確には分かりませんが、相談者の半数以上がこうした動機という印象を持っています」
   前出の主婦が不況の影響をどれだけ受けたかは分からないが、夫の収入が減ってこうした副業に手を出すケースも見受けられるという。

収入、月1000円未満が7割

   国民生活センターによると、副業として、アフィリエイトサイトなどを考えるのには、ネットなら本業があっても手軽にできるのでは、と思い込んでしまうことが大きい。ブログやアフィリエイト本などがポピュラーになったこともあり、ネットに詳しくない人でも、お金を稼げると錯覚を持つようだ。


   被害の相談者は、それまでブログなどをやったことのない人がほとんどだという。不況で収入が減って、慣れないネットで副業探しを始めた弱みにつけ込んだわけだ。


   業者がアフィリエイトなどによる利益を約束したり、リスクを説明しなかったりした場合は、特定商取引法に抵触する可能性がある。その場合、クーリングオフや契約取り消しを主張できるという。


   アフィリエイトやドロップシッピングで個人が儲けるのは、なかなか難しいようだ。


   アフィリエイトマーケティング協会が2007年に行った調査の結果によると、アフィリエイトによる1か月の収入は、1000円未満が7割も占めた。3万円以上は2.5%に留まっているに過ぎない。


   アフィリエイトなどで稼ごうとすれば、商品のメルマガを出したり、サイトでブログを更新したり、検索エンジンに引っかかるようにしたりするなど、かなりの努力が必要だ。

   国民生活センターの相談部では、「ネット上では、サイトのことを知ってもらうのも大変です。サイト作成料などが高額の場合、アフィリエイトでどのような効果があるのか、業者によく説明してもらうことが必要でしょう」と話している。

posted by 小だぬき at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ奮戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

沖縄県民の願い

昨日の沖縄県での意思表示。これを無死したら「民主党」に明日はない。
********************************
米軍基地県内移設に反対、県民大会開かれる
< 2009年11月9日 2:08 >日テレNEWS24

 鳩山政権が掲げたアメリカ軍普天間基地(沖縄・宜野湾市)移設見直しの方針が迷走する中、宜野湾市で8日、約2万人が参加して基地の県内移設に反対する大会が開かれた。


 8日の県民大会は、現在の辺野古への基地建設計画、岡田外相が唱えたアメリカ軍嘉手納基地(沖縄・嘉手納町)統合案など基地の県内移設に反対するもので、主催者の発表で2万1000人が集まった。アメリカ・オバマ大統領の訪日を前に、沖縄の声を届ける狙いがある。会場に集まった人々から聞かれたのは、鳩山政権への不信感だ。


 民主党は去年まとめた「沖縄ビジョン」で、県外・国外への移設を目指すと明記した。8月に行われた衆議院議員選挙で、沖縄ではすべての選挙区で辺野古への基地建設に反対する候補が勝利した。

県外移設という民意が示されたが、政権発足後の閣僚の発言で期待は不安へと変わった。


 一方、県内の政治情勢も一枚岩と言えず、辺野古への移設を容認する沖縄・仲井真県知事や沖縄・名護市長は大会を欠席した。沖縄では、いわば公約と受け止められた県外移設に、鳩山政権がどう決断するのか厳しい目が向けられている

posted by 小だぬき at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

「国民主権」の論議なしの「外国人参政権」

 この法案は、筋が通らないと思います。日本国憲法の「国民主権」には、外国籍の永住者に「主権」は及ばないと解釈するのが 素直な読み方だと思います。
山岡氏には今日からSP」警護がつくとのこと。
マニフェストの重要課題が先送りされているのに、選挙の争点にもなかったことを 国民的議論なしに 国会提出とは・・・。
私には、合法的に「間接」侵略を可能にする法案としか思えません。

****************************

外国人参政権、民主・山岡氏が成立に意欲 (読売新聞)
                            
[ 2009年11月7日0時11分 ]

 永住外国人に地方選挙権を付与する法案の扱いを巡り、民主党が揺れている。

 民主党の山岡賢次国会対策委員長は6日、同法案を議員立法で今国会に提出し、成立を期す考えを表明した。


 山岡氏は同日、国会内で自民党川崎二郎国対委員長と会談した。その後、記者団に「会期を延長するなら、外国人(選挙権付与法案)の問題も仕上げる前提でやっていかなければならない。『議員立法で提出し、場合によっては党議拘束なしでいきましょう』と(川崎氏に伝えた)」と述べ、国会を延長した場合には成立を目指す考えを強調した。川崎氏は会談で、即答を避けたという。


 ただ、山岡氏はこの後、公明党幹部に電話し、「法案提出の話は私案だ」と語り、党の決定には至っていないことを強調した。


 山岡氏が当初、法案提出に意欲を示したのは、小沢幹事長の意向をくんだためと見られる。

 小沢氏はかねて、法案成立に積極的だ。選挙権付与推進派の議員連盟の事務局長を務める民主党の川上義博参院議員によると、川上氏が4日に小沢氏と協議した際、小沢氏は議員立法で早期成立を図るべきだという意向を示したという。川上氏は5日、山岡氏に小沢氏の考えを伝えていた。


 小沢氏は、法案に慎重な議員の多い自民党と積極的な公明党の関係に揺さぶりをかけるのが狙いと見られる。実際、公明党の山口代表は6日、山岡氏の発言について、「歓迎すべきこと」と述べた。

 しかし、肝心の与党内から異論が噴出している。


 民主党の平田健二参院国対委員長は6日の記者会見で、「外国人選挙権で党内の意見が一致したとは聞いていない」と不満をあらわにした。同党の慎重派も「党議拘束がないなら、堂々と反対する」と法案提出の動きをけん制している。


 社民党は「賛成の立場」(福島党首)だが、国民新党の亀井代表は6日、「反対だ。おれが反対したら、ダメだろ」と記者団に語った。山岡氏が公明党幹部に対し、発言の真意を説明したのも、こうした事情があるからだ。


 選挙権付与法については、日本に反感を持つ外国人が集団で地方選挙権を行使した場合、国民保護法に基づく政府と自治体の協力を妨げることもできるなどの問題点が指摘されている。与野党には「選挙権を行使したければ、帰化すれば済むだけの話だ」という声もある。

posted by 小だぬき at 06:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

国の借金864兆円に=国民1人当たり678万円

借金
国の借金864兆円に=国民1人当たり678万円−9月末

11月10日17時1分配信 時事通信

 
  財務省は10日、国債や借入金などを合計した「国の借金」が9月末現在、864兆5226億円になったと発表した。
前回公表した6月末から4兆2669億円増加し、過去最大を更新した。麻生内閣が策定した景気対策に伴う国債増発が主因だ。

10月1日時点の人口推計(1億2756万人)から算出すると、国民1人当たり約678万円の借金を背負っている計算になる。

 内訳を見ると、借金総額の6割以上を占める普通国債が563兆2530億円となり、6月末比8兆8289億円増加。特殊法人などへの貸し付けの原資となる財投債は、財政投融資計画の縮小に伴い3515億円減少し、126兆6884億円だった。 
************************************
この借金ほど、普段の生活がラクになっている実感がわきません。

なぜ、このような「赤字がうまれた」のか、財務省は「赤字」分析をして欲しい。

国鉄解体、民営化後の本来国民財産である「土地・家屋」の売却値段(本来は国庫にはいる金)、簡保の宿の運営赤字も明らかにしてほしい。
とくに簡保の宿は、値段も安くサービスの良いところもあります。でも予約方法・利用方法の広報が 全くといっていいほど なされていません。箱物・土地売却よりも先に 「利用できる」環境を整えてもいいように思うのですが・・・。

一度、本気になって「利用促進運動」をしてから「簡保の宿」の判断をしても遅くないように思います。
posted by 小だぬき at 09:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

危険な法案、外国人住民基本法

下記紹介の中川氏の記事は大変客観的で、日本の主権を考えた時 下記の論考がとても参考になるとおもいます。
適法・違法入国であれ 5年?経過すると「日本人同様の権利・義務」を与えようとの法案です。

外国籍のまま 一定年度在住すれば 帰化の必要・外国人登録票も必要なく 二重国籍ともいえる権利と義務を与えようとする法案が静かに進行していることです。

「帰化申請」すれば、今でも「日本人」としての権利・義務を行使できます。各個人の「祖国愛」「愛国心」で帰化申請しないのでしょう。

帰化条件さえクリアーすれば済むことを 「ムリに日本を人権後進国」とする請願には、思想の違いを超え「国のあり方」を真剣に議論すべきと思います。

対馬列島・竹島・与那国島に意図的に多数の在日韓国、中国の方が住民票を獲得すれば、合法的に「日本でありながら日本でない」事態さえ、やる気になればできる危険な法案だと 私は思います。 

********************************
友愛理念の具体的な法案 ー中川信博ー
      2009年11月07日19時39分 / 提供:アゴラ
http://agora-web.jp/archives/794538.html
  
ー外国人住民基本法の制定に関する請願ー

「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」という鳩山総理の発言が具現化されるような、請願請求が本年の3月にありました。紹介者は民主党副代表円より子議員です。
ー永住外国人地方参政権法案ー

今日、国内における人種問題の最大懸案事項は在日永住外国人の処遇をいかにするかです。本件は既存メディアではほとんど取り上げられない問題ですが、インターネット上ではここ10年くらいの間、HOTな議論が展開され、推進派反対派とも活発に活動をしています。

自公連立政権では公明党が積極的に推進して平成10年の143回臨時国会に衆院の議案に提出されて以来、公明党、共産党がそれぞれ毎国会ごと提出し審議され、廃案または継続審議になっております。
<第143回国会(1998年)衆法12号(公明党冬柴鐵三外19名が提出)>

推進派の大まかな趣旨は、永年日本に居住し納税をしており、終戦後の特殊な状況で日本に残らざるを得なかった。よって地方参政権程度は認めよ、ということです。一方反対派は日本国憲法第15条の「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」を根拠に選挙権は日本国民のみに保障されているとしています。

ー与党民主党の姿勢ー

民主党は結党以来本案を積極推進する旨が明記され、特に2008年1月「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」という党内議員連盟を設立しています

しかしながら先の選挙時は本件をマニフェストから除外しています。党内にも推進派、慎重派、反対派と議論は分かれていますが、鳩山総理、小沢幹事長、白眞勲議員、円より子副代表、ツルネン・マルテイ議員が推進派といえ、反対派は長島昭久防衛政務官、渡辺周総務副大臣などです。

ー国際法と文化文明の共生はー

与党内でも安全保障上の観点から慎重議論を求めている声が多くあるように
、私もその観点から冒頭の外国人基本法や、永住外国人地方参政権法、移民受け入れには反対です。永住外国人地方参政権法については特に2012年より、日本国内でも韓国国政選挙(大統領選挙)の選挙権を与えられることになっていますので、大韓民国籍の方々の問題はほぼ解決されたと思います。

冒頭掲げた請願ですが、その内容は
日本は難民条約や国際人権規約、女性差別撤廃条約、子どもの権利条約、人種差別撤廃条約に加入している。しかし、国内法に十分に反映されてないため、日本で暮らす外国人には、国際人権条約で保障されている社会保障を受ける権利、自らの文化を維持・発展させる権利、子供の教育の権利、地域社会に参画する権利など、多くの権利が制限されている。また、差別発言、就職差別、入居拒否、入店拒否など、日常生活においても外国人に対する敵視と排斥が繰り返されている。日本社会に今なお根強く残っている偏見や、差別を容認する法制度などの不正義を克服しなければならない。国際社会で承認され広く共有されている人権の理解を基に、外国人を地域の住民として認める法制度を実現すべきである。
ついては、次の事項について実現を図られたい。
一、国会は、外国人住民に対する総合的な人権保障制度を確立するための特別委員会を設け、外国人住民公聴会を各地で開くとともに、自治体・市民団体・弁護士の提言を尊重し、外国人法制度の根本的な改正を行うこと。
二、国会は、日本国憲法及び国際人権条約に基づいて「外国人住民基本法」を制定すること。

移民問題や国籍問題はヨーロッパでは非常にデリケートな問題に発展しており、イスラム教徒の人口増加で、ヨーロッパはキリスト教文明という根本が揺らぐ事態になりつつあります。

特に深刻な国がオランダとドイツではないかと思います。ーリンクはドイツ国営放送の移民問題の特集ですが、この問題の参考になります。ー

与党はこれら国家の根本を揺るがすような問題を政策集にあるからといって軽々採決するのではなく、タウンミーティングなど、国民を巻き込んだ充分な議論をすることを切に願うものであります。

posted by 小だぬき at 08:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死しても国に遺棄される戦没者遺骨

64年以上前の「太平洋戦争」の激戦地 サイパン島(戦闘後、B29爆撃機の日本焦土化基地)の遺骨が 下記記事のように「英霊」ではなく「荷物」として扱う厚労省の職員と国・マスコミの鈍感さには呆れるを通り超し「怒り」すら感じます。

多くの戦没者は、満足な補給も受けられず「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓に縛られ、日本・家族のために徴兵され、飢餓と闘いながらも最前線で命を落とした「平和なら良き父親になれた」方々です。
遺骨の中には日本赤十字社の看護師の方々もいらっしゃるハズです。

今、太平洋戦争・大東亜戦争の是非は歴史にまかせるとして、不幸な時代に生まれ兵士として闘わざる得なかった人々がいた事実は曲げようがありません。

遺骨収集が驚くほど蔑ろにされていることと、今回の厚労省職員の手荷物扱いは、徴兵で死に遺骨になっても国に遺棄される これが「愛国心」を盛んにいう「政府、行政」の本当の姿なのか・・・

国民は、為政者にとっては、消耗品・ただの員数でしかないのか・・・。
私は 戦没者の皆さんは、国によって二度殺されているという気持ちが拭えません」
*************************************
戦没者遺骨、空港カートで運搬=手荷物と一緒
                                          職員ら処分厚労省
     2009年11月12日07時16分 / 提供:時事通信社


 厚生労働省の職員が先月、戦没者の遺骨をサイパン島から成田空港に持ち帰った際、空港のカートで手荷物と一緒に運んでいたことが11日、分かった。同省は「不適切な対応だった」と遺族に向けて謝罪し、職員3人を厳重注意処分とした。

 
  同省によると、処分は2日付。遺骨を運んだ援護企画課外事室の職員2人を文書による厳重注意とし、上司も監督責任を問い口頭注意とした。


 職員2人は北マリアナ政府の要請を受け、サイパン島に保管されていた遺骨二十数柱を受け取り、10月23日に帰国した。


 遺骨は紙製の箱に納められていたが、2人は空港に備え付けてあるトランクなどを載せるカートを使用。箱を縦や斜めに置き、手荷物と一緒に運んでいた。


 本来は専用の台車に箱を並べ、白い布で覆うことになっていたが、いずれも用意しておらず、2人は軽装だったという。空港で目撃した人の指摘を受け、同省が調査していた。


 同省は従来と異なる航空会社を利用したため、台車などを手配できなかったと説明。「遺骨の取り扱いについて注意を徹底したい」としている。

posted by 小だぬき at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

久しぶりに落ち込み・・

今日は、恥ずかしいことに 何をするにも「意欲低下」

明日が「美女か天使」の先生に会う精神科通院日で いつもなら前日は「意欲向上」しているのに。

陽が短くなったためか、悪天候か・・・。私自身もブログに新聞などの引用が増えてから 「おかしいな??」と思っていたのですが、今日はかろうじて薬を飲むのがやっと。

殆ど 「爆睡」か「ボーッとしている」時間が長かったです。

明日も天気が悪そうですが、何とか「薬切れ」にならないように 通院優先で寝ます。

順調に「意欲向上」してきただけに、発症時にもどったような1日でした。

自分ながら少しショックです。
posted by 小だぬき at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

病で「通院」時間に余裕

今週続いた「不調」のおかげか、今日の通院のために目覚ましをかけて寝たのですが 電池切れで針は12時、「寝過ごしてしまった」と起きたら周りは真っ暗。

時間・空間失調かと置き時計・腕時計・パソコン起動してチェックすると 何と朝の3時。
おかげで「通院」できそうです。ただしJRがきちんと動いてくれたらですが・・・

朝、ニュースチェックをしていると 今回の雨で和歌山県・静岡県をはじめ多くの箇所で「水害」「竜巻」被害がでているとのこと。これから寒さが厳しくなるのに 被災された方が1日も早く 救済されることを祈るのみです。

昨日の「予算仕分け作業」も疑問だらけ。何をムダといい 削った予算で何をしたいのか明確に見えてこないイライラでしょうか??

私が気になるのは「スーパーコンピューター」開発予算が 廃止判定。
この分野は 富士通・日本電気・東芝などが 世界最先端をいく技術分野。極端にいえば「NASA」も「アメリカの軍事力運用」も 日本の技術なしには成り立たないほど。

私などは この分野で技術蓄積をして、マイクロソフトから 「日本の起動ソフト」で再びチャレンジしてもいいとすら思えるほどです。

今の若い人は、マイクロソフトという会社の製品がパソコンだと思われているようですが、日本電気独自規格の起動ソフト、一太郎という入力ソフトも国産としてあったし、一太郎は「今でも教員愛好者」が多い優れたソフトです。

今の仕分けは、予算を削ることのみで「◇◇の国家像のために仕分けする」のではないような気がします。
気象衛星の安定運用のためとか「災害復興予備費」確保のためとか、病院・介護予算確保・雇用対策費のためとか 明確な目的を持った「仕分け」であって欲しい。

何かビジョンなき「削減」が多いように感じるのは 私だけだろうか・・・

私の「うつ」もやっと暗いトンネルの先に明かりが見え始めたように感じる 朝です。

posted by 小だぬき at 05:56| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

だれでも憂鬱な時はあるわよ・・主治医

昨日、「美女か天使か錯覚中」の主治医の診察に間にあいました。

朝3時に起きたのに、ボーッとして、家をでたのが 9時。
運が見方したのか、待ち時間5分。

主治医  どうでしたか・・

 私    ゴミ出しだけはできましたが あとは発症時のように4日ほど落ちていました。

主治医  どんな風に・・・

 私    意欲がまるででないというか、食事も外出もできずに寝てばかりでした。

主治医  天候の悪さも合ったし、陽も短くなったからね。私でも「憂鬱になる」ことはあるから・・・。
       どんな人でも「前向き」ばかりでなく、感情の波はあるわよ。

 私    では、そんなに心配することはないのですか・・・・

主治医  だって、どんなに体調が悪くても「通院できた」のですよ。
       ところで、他に外出でききたことは・・・

 私    月曜日に内科の薬が切れたので、この病院にこれたことと、近場の買い物はできました。

主治医  最低しなくてはならないことは出来たのですね。

 私    ハイ

主治医  うつに限らず、憂鬱な時やイライラする気持ちは誰にでもあることだけは覚えていてね。表面は元気でも 裏側では 症状としては軽いけれど うつ的な気分は誰にでもあることですよ。

主治医  通院できること、薬はきちんと飲んでいること、ゴミだしと散歩はできることに自信をもってね。

*************************************
今、思い出しても この程度の会話なのですが、通院後は 何か身体が軽くなったような気分に。
昨日も「天使か美女」の主治医でした。
posted by 小だぬき at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

うつ病との共生をめざして・・・

今日は、県庁に「傷病手当金」の申請にいきます。
本来は、15日締めなのですが、14日が診察日だったのでしかたなくです。

就労不能状態で退職したので、休職期間に受給出来るはずだった「傷病手当」を 退職後、「退職共済会」に加入して受給しています。

いつ「就労可能」になるか メドが立たないので 少しでも毎月の入金があれば恩の字というところ。来年9月でそれも切れるので なんとかそれまでには「就労可」になりたいのですが・・・。
主治医が「障害者手帳」更新用診断書を 躊躇なく書いてくれることになったので、長期戦を覚悟しなくてはならないようです。

初発症の時、3ヶ月の休職で「職場復帰」を10ヶ月経過しての再発症なので 拗らせてしまったようです。

「うつ」病の仲間達に 伝えたいのは、主治医の許可がでるまで「職場復帰」を焦らないでください。

私の主治医も「再発症」は 時間がかかることを覚悟してね。職場復帰を認めた私の判断があまかったのです。と、「再発症のとき」謝ってくれました。

私の「職場復帰」後の仕事にムリがあったのを 断り切れなかったのが主な原因なのですが・・・・。
前任者が長く一人でしょっていた「視聴覚主任」「安全指導主任」を任され 管理職すら「わからない」、対外折衝などを意地だけでこなしていたのと、ベテランの名のもとに引き受けた仕事のムリがたたったようです。

最後の任地になった学校では、算数TT→拠点校初任者指導教員(自校と他校、各2名)・視聴覚主任→特別支援級担任(弟の入院)・初発症→算数TT・2年生病休代替、安全指導主任→休職1年→退職 との道のりでした。

今から考えても 30年近く 学級担任をしていたので、初めてづくしの仕事ばかりでした。
自分の能力を客観的にみて「断るべきことは、誰がなんといっても断るべきだった」と再発症の時に反省したものです。

幸いにも市の学務課・学校事務・県福祉課の助言と援助のおかげで 退職即路頭にということはなく、傷病手当て制度・障害者年金申請の道を知り、現在に至っています。

精神科外来は、変な意味ではなく「いい人」ばかりです。何か内科受診より精神科外来の方が ラクに患者同士の会話が楽しめます。
今の時代、「自分を大切にして生活しなければ」という時だと思います。

ムリして心身を壊す前に 診断書があれば 無慈悲な企業のリストラに対抗できます(まだ、労働法制では 十分な対抗措置の道は残されています。)

決して 焦らず・ムリせずに うつという病気と共生できるようにすればいいと今は思います。
posted by 小だぬき at 06:23| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

障害年金の支給条件(国民年金との関係)

私が、受給要件を満たして、受給をしていたので考えもしなかった基礎年金(国民年金)のことを質問され、思わず???でいたのですが、やっと答えが見つかりました。
詳しくはまず市町村の福祉課に聞いて 書類の受け取り先、提出先を確認してください。
聞かれたのは、国民年金18年で受給できるかですが 資格はみたしていることになります。

********************************
<障害基礎年金>

1.制度について

☆障害基礎年金・・・国民年金加入中に病気やケガで障害が残ったときや、20歳前の事故や疾病などで障害認定日に政令で認められている障害(国民年金の障害等級1級・2級)の状態になったとき。

2.申請できる方     @〜Bまでを満たしているか。Cのみ

@ 初診日において国民年金の被保険者である。
A 初診日の前々月までの被保険者期間のうち3分の2以上の期間保険料を納めていること、なお平成18年3月31日までに初診日がある傷病については、初診日の属する月の前々月までの直近の1年間に保険料滞納期間がないことでもよいとされています。
B 障害認定日(病気やケガにより、初めて医師の診察を受けた日から1年6ヶ月を経過した日)に政令で定められている障害の1級または2級の状態になっている。

C 20歳前に診察日があり、20歳に達した時にBの要件を見たしている(所得制限あり)

3.障害の程度

1級・・他人の介護を受けなければほとんど日常生活をすることができない程度。
2級・・必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活はきわめて困難で労働により収入を得ることが出来ない程度。

4.年金支給額

1級・・990100円    2級・・792100円

18歳未満の子(障害者は20歳未満)がいる場合、1人につき227900円、3人目から一人につき75900円加算されます。

<障害厚生年金、共済年金>

1.制度について

厚生(共済)年金加入中に病気やケガで、障害基礎年金に該当する障害が生じた時に、障害は基礎年金に上乗せする形で支給されます。

2.対象者

@ 初診日において厚生(共済)年金の被保険者である。
A 初診日の前々月まで被保険者期間のち3分の2以上の保険料を納めている。
B 障害認定日(病気やケガにより、初めて医師の診断を受けた日から1年6ヶ月を経過した日)に政令で定められている1級、2級または3級の状態になっている。

3.障害の程度

1級・・他人の介護がなければほとんど日常生活をすることができない程度。
2級・・必ずしも他人の助けを借りる必要はないが 日常生活はきわめて困難で労働により収入を得ることができない程度。
3級・・精神または神経系統に労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度。
********************************

あと制度としては「障害者福祉手帳」「自立支援医療」や国民年金納入停止や住民税減額などがあります。

今日は調べようとして調べられなかった「国民年金」納入期間についてでした。政令で決められた障害認定される病は 多いです。
市町村役所や病院患者相談室に相談して、心当たりのある方は受給を検討してみてください。
posted by 小だぬき at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

国会議員のポーナス、320万円ですって・・

「夕刊フジ」の見出しを見てビックリ。
議員のボーナス 320万円ですって!!  8月も2日間の登院で1ヶ月分の歳費。

民主党の予算仕分けに内閣府の「議員歳費・諸手当」「官房機密費」や国有地の家賃(自民党本部、各地の国有地の杜撰管理)の見直し、議員宿舎の家賃、交通パス、政党助成金など 国会や内閣の仕分けはないらしい。

政党は前にも書きましたが、志を同じくした(綱領・立党の精神)一人一人の党費と事業費、個人カンパで基本的に運営されるものです。
今、政党助成金を1回も貰わずに 党運営ができているのは「日本共産党」のみ。おかしくありませんか??

政治主導をいうのなら、政党としての費用は、党費で賄うのが原則でしょう。
政治に金がかかるからといって、財政難の国家財政で 真っ先に「政党助成金」が廃止されるべきなのに、与野党とも 自分の懐に痛みを伴うものには口をつぐんでいます。

共産党は革命政党だから税金の「政党助成金」は受け取らない。
反共産党の他党は、平然と税金の「政党助成金」を当てにする。
税金頼りの政党運営から脱却してこそ「国民政党」として自立できるし、各施策にも「ムダだ!!」との仕分けが説得力を持つのだと思います。

今の自民党・民主党が 「企業・団体献金廃止の代わりにと導入した政党助成金」を廃止するたけでも膨大な税金財源を捻出できます。

年末、ボーナスどころか雇用も失業手当も切れる人が 20数万人に及ぶと予想されているのに、せめて国会議員の歳費・諸手当・ボーナス(期末勤勉手当)の減額か、冬の勤勉手当て凍結ぐらいのことは、削減が決定している公務員全体の志気を高めるために実施して欲しい。

貧乏人のひがみと言われるかも知れませんが、傷病手当て・障害年金・障害基礎年金の年間支給額を大きく上回る 国会議員のボーナスなんて 到底許容出来ない。

本務でない「選挙区活動費」は、党費か後援会費で賄うのが当然だと思います。
年末・年始や毎月の帰省の分まで 給与と居直っているのは 国会議員のみだと思うのです。
破廉恥・厚顔無恥でないと 国会議員は勤まらないのかな・・・。

ラベル:政党助成金
posted by 小だぬき at 17:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

数の驕り? 返済猶予法案「強行」採決

「権力は腐敗する」といわれますが、政権獲得3ヶ月で民主・社民・国民新の与党3党が 自公欠席のまま採決。

◇与党サイドから見れば、野党の共産党が参加し賛成しているのだから 自・公の審議拒否・採決拒否にすぎず「強行採決」ではないという理屈が成り立つ。

◇野党からは、皮肉なようだけれど、前政権がしていたことと同じではないか・・・。民主党は「民主的運営」を主張していたではないか、国対委員会を通さず議長職権での採決は暴挙だとの論理でしょう。

この勝負、野党時代民主党は「慎重審議」を主張していたのだから たとえ前例や期限の制約があったとしても自民・公明抜きの採決は、戦術としては失敗でしょう。

自公にしても、補正を含め やりたい放題自分達がしていたことを 与党が前例として活用したのが許せないという意地だけの抵抗としか思えない。

「返済猶予法案」が 年末の中小企業を支え 金融機関の貸し渋りを防ぐための監視機関の機能も明記したものであって欲しいと思います。

金融機関も産業育成の観点で 本来は率先してやらねばならなかったことです。

バブル期はいい加減な貸し付けや不動産投機という銀行の放漫経営を 税金投入で乗り切ったことを 努々忘れたとは金融機関には言わせないゾ!!
確かに 零細企業などの資金繰りは大変で 審査すれば融資が難しいのでしょうが、過去の杜撰審査・融資を考えれば「産業土台を支える」という崇高な理念での「貸し付け」。

私は「強行」採決には異議をもちますが、法案の持つ意味・意義については賛成てす。

***********************************
菅副総理が マニフェストの修正の作業を行うとのこと。

私などは「高速道路無料化」「生活保護母子加算」「子供手当て」「暫定税率廃止」「エコポイント継続」に賛成できないのですが、選挙を今のマニフェストで闘って、財源がないから選挙後「修正」というのなら、
民主党に投票した人を愚弄していませんか??

私のように 自公よりは まし、政権交代の体験は必要と投票したものには、「やっぱりな」ですが、真剣に生活や労働を民主党マニフェストに期待し一票を入れた人には、正式に公の場で謝罪してから「修正」作業を行わなければ、今後、マニフェストを信じなくなる怖れがあります。

何か今の与党の中に自公政権と同じ「ファシズム」を感じる所が多くなっています。
数に奢ることなく 民主主義を貫いて欲しいものだと思います。
民主党小沢幹事長の「新人の仕事は、再選のための選挙活動だ」などという発言を聞くたびに 私の期待感が徐々に薄まっていることは確かです。
posted by 小だぬき at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

鬱々な気持ちに・・

素人の私が 予想したような「返済猶予法案」衆議院通過の各党談話。
いい加減、素人の私が 驚く(いい意味でですよ)妙案を 高給取りの国会議員に要望したいです。

国家財政が逼塞している今、あれもこれもの施策は取れないはずです。
優先順位を 雇用対策にするか 基礎科学・技術支援にするか、医療にするか、福祉にするかをはっきりさせ「この順番で国家財政を再検討する」と公約し実施する筋合いのものだと思います。

今日、神奈川は快晴ですが、気持ちが鬱々して いくつもの疑問が解消されないのです。

1.インフルエンザワクチンについて

学校での集団接種がなくなってから数十年が経とうとしています。その中止の理由は インフルエンザワクチンによる副作用や死者が多発したためです。

今回も原因不明のワクチン接種後の死者がでています。
また 治験すらしていない「外国製ワクチン投与」がされ始めようとしています。

「重症化を防ぐ」とのワクチン投与の時期、併用薬物、有用性と危険性の情報などが公開されていません。「人人感染への変異」「突然変異」がないのか、ワクチンで恐怖をあおるより 研究者・臨床医の冷静な意見がもっと公開されていいと思います。

2.エコポイントについて

エコポイント対象商品の「価格設定」が 適切なものかどうかの検証なく、エコポイントという税金が投入されています。
企業利益確保のためか消費者保護のためか CMを見るたびに疑問に思うのです。

3.犯罪の残酷化

周囲からいい人と思われていた人の急変や結婚詐欺殺人、バラバラ死体、ニュースを見る度に「本当に日本での事件??」と驚くような事件が多発しています。
少年から老人までの年齢層の広がり、モラルハザード。

4.自殺の多さ

最近は 警察官の拳銃自殺報道が目につきます。拳銃携帯は「市民を守る」ハズの武器なのに自殺に使われるとは・・・。どの職種でも「自殺」の可能性があるとのことですね。
私などは 「自殺しようと決意した人」は止めようがないが、国会前とか関係省庁の前、本社ビルの前など たった一つの命を断つのであれば 遺書をきちんと書き 世の中の改善に寄与てきる「死に花」を咲かせて欲しいと思うのです。

5.政治家の鉄面皮

世の中で一番迷惑なのは、ある価値観の押しつけ、正義・民主主義・庶民目線などといっている人の本質は・・・との疑いでしょう。
返済猶予法案に味をしめ「外国人参政権」「外国人住民登録法」など 国家主権に関わる法案を討論不十分でも 成立させうる事態などを想像すると恐ろしいものがあります。

まだまだ、変だ・おかしいと思う所はたくさんあるのですが、今日は 以上で止めます。
posted by 小だぬき at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

同時代を過ごした人達の「死」

最近、今一つ心がスッキリしない原因が、今日の水ノ江滝子さんの「死」で朧気ながら見えてきました。

森繁さん、南田洋子さん、清水明子さんらの死も報道されています。
蛇足ですが、「先生、これね」とか 薬の説明を詳しくしてくれて 私の健康を気遣ってくれた薬局のおばちゃんも・・・

56歳の私が 幼小青年期にあこがれたスターやアイドル達の死、顔見知りの死・・・。
年齢からすると 「そうだよな」とか「まだまだ若いのに」と思うのですが、同時代を生きてきたものにとって心に穴のあいたような 取り残されたような気持ちになっています。

幸い両親は83歳、79歳とまだ身体中持病を持ちながらも 元気で??生活できています。
でも父が 私の年代の時は もう定年退職し、3人の子供を成人させ 嘱託勤務をしていたのだなぁと思うと複雑な心境になるのです。

職場の同僚や同窓生の「訃報」も年々増えてきてます。

政治・社会では、民主党・社民・国民新との連立政権で 本格的な改革をと期待したのですが、多くの閣僚・執行部は「旧自民党議員」

強行採決などのやり方も旧態依然。

まだまだ「小だぬきの取り残され感は、早いよ」と打開目標として 政治・社会の閉塞感が残っています
。新しい時代を生きたといえる何物かを見つけるまでは「生きるぞ!!」 

いっそのこと、参議院議員の選挙だけは 完全比例代表でできないものか・・・、小党派・無所属は名前で他は政党名でです。

これから先も両親、憧れたスターやアイドルなどが 先に逝き、小だぬきが追いかけることになるのでしょぅが、そのさびしさにどれだけ耐えられるか・・・。

「うつ病」寛解のカギは、その辺にあるようです。
posted by 小だぬき at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

内閣官房機密費の透明性を!!

平野官房長官の「国家に関わる重大事項への支出」「相手方があるので」支出先は公開できない、との発言で納得できる「納税者」は、いるのだろうか・・・

平野氏のいう「国家」とは、国民の集合体を指すことばではなく、統治機構の「内閣」を指す言葉のようです。
過去、野党懐柔費として使われ 法案審議の円滑化を目指した「内閣官房費」であるらしい・・・。

古い記事ですが、共産党アレルギーを抑えて、下記リンクの「しんぶん赤旗」の記事を読んでみてください。客観的な証拠と当事者の「証言」をもとにした貴重な資料です。
 
2001.2.18(日)の「志位委員長質問が明らかにした これが内閣官房機密費ヤミの工作資金の実態だ」http://www.shii.gr.jp/pol/2001/2001_02/2001_0218.html です。

同党の塩川議員が質問した 選挙後の2億5千万円もの自民党による受領のからくりも見えてきます。

内閣報償費は、決して「災害援助」だとか「救難費用」とか要人警備の人達への「差し入れ」など 誰もが納得できる支出でないことだけは 確かです。

私などは善意に「公安警察」「世論調査」費用かな・・と、思っていたのですが、上記の赤旗記事を冷静に読むかぎり 与野党とも 早く問題に蓋をしたいのでしょう。

是非、リンク先の記事をお読み頂き、政界の裏を雑学として知って欲しいです。
そして、怒りの炎をどこかに保ちつづけましょう。

財政赤字の折り、とんでもない使われ方をしている「官房報償費」です。

posted by 小だぬき at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

勤労感謝の日 消費の見直しを

何か 今の私の立場では「勤労感謝」の日に少し負い目を感じる日。

うつ病で、休職・退職してからの 私の勤労は「自分の心身管理」、多くの額に汗して働くお父さん、おかあさん達に「お疲れ様」ですとしか言えないのは 残念です。

私の知り合いのなかにも 年末に解雇とか倒産などという知らせが届くようなこの頃。
クリスマスやお正月に向かうのに 不景気の最中というのも悲しいです。

今、郵便局や銀行から「定期預金の利率上乗せ」キャンペーンなどの知らせが届いていますが、菅副総理が「デフレ宣言」をしたのに 金融機関は「資金の流動性を止める施策」
預貯金者にとっては 限りなくゼロ金利からの上乗せは嬉しいですが、はたして「1年定期」にして大丈夫か悩む所。
教科書通りだと「デフレ傾向を止めるためには 資金の流動性を高めて 購買意欲を刺激する」必要があるのですが、この施策だと預貯金金利は今と同じゼロに近い数字になります。

私は、このデフレ的現象は 大資本同士の過当競争 体力勝負のつぶし合いに起因していると思っています。大型店が出来れば 既存の商店街や弱小店は 競争になりません。
日本全国に「シャッター通り」ができてしまいます。

消費者としては 「安くていいものを大量に揃えてある大型店」は 家計防衛のためには有り難い存在です。でも矛盾しているようですが、商店街も中小資本の既存店も生き残って欲しいと願うのです。

なんせパソコン一つ 修理にだそうとすると 大型店では「新製品購入の方が安いですよ」と 買い換えを勧められるような始末。 耐久財がいつの間にか消費財扱いになっている・・・・

消費者にとっては デフレ傾向は嬉しいけれど、勤労者がデフレ販売をしている企業から「賃金カット」や
リストラをされるのは どう考えても理不尽です。

今、景気対策で大事なことは 「物の原価割れはせず、一定の利益率を確保」して販売するモラルではないでしょうか・・・・。それと「デフレ」の大本の賃金低下、リストラに歯止めをかけることです。

ある調査で サラリーマンの昼食代が500円以下、弁当派も増えている状態で 景気浮揚など夢の夢でしょう。
小だぬきが学生時代にしたこと
◇官公庁食堂の利用です。定食はバランスよく 安いです。
 多くの官庁は、一般開放しています。
 年中だと 街の飲食業に打撃を与えますが、たまにならいいのでは・・・
 さすがに警視庁と防衛庁はダメでしたが・・・・。
posted by 小だぬき at 09:11| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

「学校の今」、教員免許更新制の不思議

今の現場の忙しさを知らない人の思いつきにしか思えない「教員免許更新制」

皆さんのお子さんが通学している学校が セブンイレブン勤務といわれて久しいのですが この制度の矛盾に敢えて目をつぶる評論家が情け無い。

初任者は、1年間の「条件付き採用」で 初任者研修を受けます。担任をもちながら週1回の県研修と週1日の初任者指導教員の指導を受けるというハードなものです。

その上、毎年 市教委指導課による授業研究。市や地区研究所・県研究所の指定研究や募集研修が繰りかえされ、5年次研修・10年次研修が行われます。

他の研究指定校の研究会に参加すればするほど、子ども達を「自習」にしてでかけなければなりません。

今年4月から実施されている「10年ごとの免許更新制」は、日常の業務・出張・研修をこなしながら、免許更新講座のある大学を自分でみつけて単位をとるというものです。

しかも問題は、大学院修士課程修了を義務づけることとセットになっています。

現場の感覚からすると 各種校内会議・分掌会議でさえ 子供との交流・補習時間を削らなければ時間確保ができないのです。

よく「指導力不足教員」とか「問題教員」と安易に言う傾向がありますが、市・地区・県の毎年のようになされる研修が 役にたっていないので 「免許更新」がでたのではなく、今の教員の個人的資質向上が教育問題の根本とした「誤った認識」からスタートした制度です。

ただでさえ「時間」を「子ども達のために使う」ことを削って、さも現場教師のみに問題や負担を強いる制度は 見直されるべきです。

朝令暮改の文科省の通達や現場をしらない学者などで 現場が混乱しているのが「今」です。

どうせするなら 現場教職員を生き生きとさせ 子ども達との時間を長く取れる学校運営をしたかどうかの「管理職」適確評価の方が 現場としては望みたいものです。

昔の管理職は「誰が何といってきても 自分の胸に収め 防波堤になる」「のびのびと切磋琢磨して指導して欲しい」という 管理職のもと 子ども達との放課後も保障されていましたし、民間教育サークル活動もできました。

退職教員として、これ以上 現場の活力をさく施策は止めて欲しいし 各段階の研修も精選してから その結果「今一度、学びたい」という教員に「長期研修」を認める方が 合理的だし効果的と信じる者です。

また、管理職の資質によって 現場が左右されることも認識してほしい。

最大の矛盾は、現場で「免許更新制」をいいながら、民間活力の導入などとの名目で 教育に無関係だった人達の管理職登用です。これも現場の志気を低下させる要因になっていることだけは認識して欲しいものだと思います。

文科省役人の 人事交流を中央官庁同士でやるのではなく、現場の学校に派遣した方が より現実に即した教育施策がとれるのでは・・・と夢想します。
posted by 小だぬき at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

蓮肪議員の柔軟さ マスコミの偏向 

マスコミでは、仕分けの代名詞に蓮肪議員が「予算削り」の象徴として取り上げられていますが、昨日の防衛省関係予算では どう考えても「自衛隊活動を評価しての削減案でした」

◇陸上自衛隊広報館について
 
 前々日の「みやね屋」日テレ14時〜で 施設視察の様子を紹介していました。

彼女は一通り説明を受け、戦闘ヘリのシミュレーションなどを体験したのち、「こういう素晴らしい施設なら 入館料をとっても 十分にやっていけそうですね」と担当説明者に「もったいないな・・」と評価したのです。
この施設は、子供から老人まで 自衛隊をしってもらうための「広報館」です。装備なども一般公開しているものです。

マスコミにかかると「隊員募集予算 大幅削減」と なぜトンチンカンな報道になるのでしょう。隊員募集は「各市にある募集連絡所であたり、目的が違うのです」

彼女は仕分け判断の時も それを踏まえて 「国費より入館料での再検討を」と削減したのです。

◇国際平和協力センター

 蓮肪議員は、PKO活動の大切さを認めた上、このような新施設の有用性に疑問を投げかけたのです。
決して PKO活動を否定したのではないのです。
担当官の説明では 1・2階が資料展示、活動記録展示施設。3階以上が 研修室や講演会施設との説明だったので、広報施設なのか研修施設なのか訓練施設なのかあいまいな箱物はいらないのでは・・

各駐屯地なり他省庁の空いている施設活用の方が合理的では・・・と問題提起したのです。

 一連の彼女の「自衛隊」に対する理解と励ましが 結果的には「削減」になったのです。

 同じような施設でバス停留所まである「航空自衛隊浜松広報センター」なども ガラスごしから離発着の様子も見学出来る上、歴代使用機など航空ファンが1日楽しめる施設になっています。

ことの結論だけみれば、彼女が「反自衛隊」だからだとの論評がでそうですが、きちんと自衛隊活動と広報活動の重要さを認め 施設を評価したからこそ「入館料をとっても入館したい施設」と予算的にはけずったのです

 私などは 彼女の柔軟思考に驚いたほどです。
昨日・今日のTV、新聞などで 「予算削減」のみを報道するマスコミだったら そちらの方がより「反自衛隊」だと思います。
posted by 小だぬき at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

今が底なら前進できる。明日があるさ!!

今日の報道を読んで 政権交代をしても「明日への希望」「今日の生活」の閉塞感は抜けていないのだなぁとため息です。
ネット副業の「被害相談」も増えているとの報道。
「うつ」患者の私でも なんとか突発的な「自殺」をしないように 睡眠剤が溜まりすぎないように努力??しています。
絶望感・虚無感・孤立感・突発的に「自殺願望」がでてしまうことは理解しても 考えることと実行することは違うと踏みとどまって欲しいと思います。
「自殺」を考える人に、あなたがいるだけで「幸せ」「励み」になる方も大勢いるのです。
「死」んでしまうより、一度気持ちをたて直して「これ以上悪くなりようがない」と居直り、這いつくばっても寿命を全うしようではありませんか・・・

**********************
自殺者3万人 安全網がまだ足りない
               2009年11月26日   東京新聞社説

 自殺者が後を絶たない。不況の影響が大きいとみられ、過去最悪だった二〇〇三年に迫る勢いだ。雇用や経済支援などの対策が追いついていない表れではないか。政府は危機的状況と認識すべきだ


 警察庁のまとめでは、今年一月から九月までに全国で自殺した人は二万四千八百四十六人(暫定値)にのぼった。このままのペースだと、全国の自殺者数が十二年連続で三万人を超える事態は避けられそうにない。


 十万人あたりの自殺者数でみれば、日本はG8の中でロシアに次いで高い自殺率となっている。

 同庁が統計を取り始めたのは一九七八年。三万人を突破したのは九八年だが、その前年は山一証券や北海道拓殖銀行が破綻(はたん)した。


 今年は昨年に比べて増加傾向にある。米証券リーマン・ブラザーズの破綻に端を発した世界同時不況の影響が大きいようだ。年末にかけてさらに増えるようなら、過去最悪の〇三年(三万四千四百二十七人)に迫る可能性がある。


 〇六年に成立した「自殺対策基本法」は、自殺の背景にはさまざまな社会的要因があると指摘し「総合的な対策を早急に確立すべき時期にある」とうたった。

 これを受けて政府は〇七年に「多重債務者、失業者の相談窓口の充実」「民間団体との連携強化」などを盛り込んだ自殺総合対策大綱をつくり、防止に乗り出した。しかし、現状をみると、効果が出ているとはいえない。


 雇用や生活対策を続けなくてはならないが、さらにきめ細かな対応を取ることが急がれる。

 救済制度を知らないまま命を絶つ人もいる。自治体は、自殺予防に取り組んでいる民間団体と協力し、思い悩んでいる人を救済できるよう、目の細かい安全網を張り巡らさなければならない。


 自殺を考えている人の相談は医療機関に集まりがちだが、行政で窓口業務にかかわる職員は住民の“兆候”に気づいてほしい。

 窓口の職員を対象に研修を行っている自治体もある。住民が発するSOSへの感度を上げることが自殺予防の一歩だ。


 経済的困窮に加え、高齢者介護の問題も自殺と切り離せない

 今年四月、認知症の母親を介護していたタレントの清水由貴子さんが父親の墓前で命を絶った。芸能界を引退し、母親の介護に専念した結末は痛ましく、切ない。
 仕事を辞めなくても親の介護ができるように制度を充実させなければ、悲劇は繰り返すだろう。
posted by 小だぬき at 10:54| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科学者の皆さんの勘違い、仕分け人の苦労

科学技術仕分けでのノーベル賞をお取りになった科学者・化学者の皆さんの「抗議」が、的外れのような気がして仕方ありません。
著名な方などの反対で仕分けの結果が左右されるのであれば、旧態依然の体質ではありませんか??

蓮肪議員らが問題にしたのは、財団委託研究などの「人件費」の使い方と国庫補助なしにできる研究のあり方はないかという点です。説明者がスーパーコンピューターの用途や研究助成金について 確たる説明をしなかったことと 財務省の資料の国庫補助率が過大に記載それていたことが ことの発端です。

抗議声明を出した方々の多くが、大学の研究費配分の貧弱さに限界を感じて 諸外国の研究所や大学で研究を続けた方々でしょう。

特に長期にわたる基礎研究に予算がつかない現実に喘いでいた方々でしょう。
それを純粋な研究費として 民間参入を含めて考えてほしいとしたのが 今回の仕分けです。

蓮肪議員の長年のファンとして 彼女は「学習熱心で 真面目に 自分の頭で考えて」結論を出す人です。彼女のムダをなくしたい情熱に対して、請求者のあいまいな答弁のために「仕分け」されているのです。

今の日本の特許技術の多くが 研究所や企業で冷たい目を浴びながら、研究者の情熱が「発見」に結びついたものでしょう。
すぐには、成果のでない・または失敗するかも知れない「基礎研究」を蔑ろにしてきたことが、頭脳の海外流出になっていることは確かです。

仕分けされた内容を精査した上で 抗議の声をあげて欲しいものだとおもいます。

けっして肝心の研究費そのものでは 国庫負担のあり方を問題提起しているだけのものだからです。

冷静にみると、本来指導力を発揮すべき鳩山首相や菅副首相が 来年度予算の方針や骨格をはっきりさせず、国民に回すお金をなんとか確保しようと汗を流している仕分け人達に丸投げして傍観者的姿勢でするから、仕分け人たちだけが泥をかぶる結果になっているのです。
posted by 小だぬき at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

アルツハイマー?? もの忘れのひどさ。

この所、鍵が見つからない・・・とか 投函するはがきを忘れる、電話の前に来てどこに電話しようとしていたのかを忘れる、携帯の鞄入れ忘れ、財布忘れなど、出かける前、目的地に着いた時に「忘れに気づき」四苦八苦・オロオロの日々でした。

明日は、通院日なので 先ほど「保険証・自立支援医療証・管理表・薬手帳」は鞄に入れたのですが、財布を入れるのを忘れていました。

この歳で恥ずかしいのですが、夢の中でトイレが出てきて、あわや失禁という危機も・・・。

この状態では、寝るのもこわいのですが、気づくと「パソコン前で爆睡などということも 度々。
ベットに潜り込んだら 朝までダウンの可能性があるので、ぎりぎりまで我慢。

今まで配達されても開いていなかった封書を 処分しようと開封していると 何に応募したのか・サービスなのか JCBの1000円の商品券と青山の割引券3250円分と楽天ポイントで購入した(記憶にない)書籍がでてきました。

またVHSビデオが劣化しだしていた 五味川純平氏原作の「人間の条件」全6巻のDVDも箱に入ったまま開封されていませんでした。

なにか午前中、忘れている「宝物」はないかと探すと フランキー堺さんの「私は貝になりたい」のDVDが・・。

どうもまだまだ テーブル・椅子・机に積み重なっている書類を整理すると いろいろなものが出てきそう。
本もブックカバーを外すと 意外な買い物をしている可能性も・・・

幸い、ここ数日の物忘れで 大事なことを忘れていないかと ちょっと並び替えただけでも「お宝発見」
ただ一つ、ヤバイと思ったのは 互助会の「特定検診のお知らせ」「松島病院の腸ガン再検診のお知らせ」

明日でいいやと いつの間にかそのままにしていても 何とかなっていたので 掃除と同じく「いづれ」とほっといたものに 「お宝」や「通知」を発見してゾーッとしました。

昨日、今日と「忘れ」の警告が酷く、市の福祉課に相談したら 「だから精神福祉手帳2級」なのですよ。ちょうど明日 通院なら 通院だけは忘れずに主治医に話して下さい、ですって。

置き手紙の返信も忘れていたようで、ごめんなさい。小だぬきは ボケを気づくだけいいと無理矢理にでも納得しようとしています。
posted by 小だぬき at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

今日も大失敗・・。

今日は「美女か天使」と錯覚中の主治医の診察日。

張り切って家をでて川崎駅に着いた時、第4土曜日であることを思い出し、「まずい、傷病手当て申請診断書を主治医に渡さなければ、1月の支給無し」に気づき、家に戻り 必要な事項を記入してファイルの中に。 これで約1往復半で45分の徒歩と10分の書類記入で時間をロス。

病院で 主治医に区役所福祉課の助言通り 失禁・物忘れなどを話し、障害者福祉手帳更新用診断書をもらう。問い合わせ時 電話に出てくれた人に「ありがとう」といったら、キョトンとした顔。
なぜわかったの??と聞かれた時 「美人の声と顔は忘れないから わかる」「まだ仕事の習性は残っているみたい」と看護師と事務に軽口を言う余裕。

ここで終われば 良かったのですが、帰路 田端駅まで来て、傷病手当て診断書を主治医に渡していないことに気づき、また反転し王子駅に、奮発してタクシーで窓口へ。

残念ながら 診療終了で窓口に「診断書」を預けて トボトボ王子駅に向かおうと内科までくると どうも主治医に似た背格好の女性が・・・・。◇先生と声を書けると なぜ後ろ姿で解るの??との質問に 悪のりして一度拝見したときあるから・・・と。病院に戻ったいきさつを話すと「もう打ち切りになったのかと思ったわ」と次の診断日には渡してもらう約束。

先生が地下鉄駅まで一緒に歩こうか・・と言ってくれて、「夢」のようなツーショットのチャンスだったのに、お腹の神様が意地悪して「ごめんなさい、内科によってから帰るので」と断らざる得ない始末。

トイレにかけ込み、腹の下りと闘っていると 内科の看護師が「大丈夫ですか??」と声がけを。
なんと10分以上たっても 出てこないので心配になったとのこと、小をしていた人が長いよと注進をしたらしい。
声からして美人というよりかわいい看護師さんだとわかり、なんと帰りに「ご心配をお掛けしました」と謝り
もしかしたら まだ主治医がいるかな・・と期待したのですが、夢は夢で終わりました。

何と今日1日で相当な運動量。

そして、病院女性軍に「物忘れとドジ」を印象づけてしまいました。

田端で気づいて良かった・・、帰宅してからだと 二度手間になるところ。
今日は みごとな 「ザ、うつ患者」のトンチンカンな行動でした。
posted by 小だぬき at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

全学連、労組はないのか・・

私が就職活動をした 昭和51年・52年も大変な就職氷河期でした。

高校から大学の7年間、団塊の世代の影響をうけて 市立高校の入学時寄付金反対やべ平連活動、革新市政を作る会などに個々人が参加していました。教室でも放課後でも政治を語ったし、正直「革命」を夢見た最後の世代でしょうか??

民青(民主青年同盟)から 学内班の講師を頼まれたことも多々。当時は思想信条の違いを超えて連帯しようとする機運が残っていたのです。

日本共産党と下部組織の民青が 公然と主導権をとろうと政治的に 無党派層のべ平連や離党・分派した人々を「極左冒険主義」「暴力集団」と規定して 敵対行動が目立つようになり、団塊の世代の闘い」に機動隊暴力が入っても 警察より分派セクト攻撃を開始したために 闘いが敗北しました。

日本大学総長の乱脈経理追及や東大医学部の医局改革運動、学費値上げ反対、ベトナム戦争の日本の補給基地・修理基地化・B52爆撃機の発進基地反対などで 全国に広がった全国共闘会議が
いつの間にか 権力と共産党から弾圧されるという誠に変な時代を青年期過ごしました。

今年、選挙によって「政権交代」がされました。その担い手は 今一度 日本を立て直したいと民主党に「夢」を託した 団塊世代前後の世代です。

私の過ごした青年期と比べ、今の学生に「学生自治会」はあるのだろうかと疑問に思うほど 何の活動も団結も見えてこない。報道されるのは、集団暴力とか集団強姦などの破廉恥事件ばかり。

リクルートスーツを着て 従順に就職面接を繰り返すだけ。

私たちは、就職時 思想転向という自己の苦しみを乗り越えながら社会にでたのです。

それが結果的に 試験で合格し、面接でも堂々と行政批判をして 落ちたら落ちたで良いと考えていた若者を「自分がある、主張もできる」という理由で、度量があった教委と校長のおかげで教職に合格・採用された仲間が多くいました。
それ以後の 高度成長を先頭になって支えたのも 団塊の世代前後です。

今の不況は 大企業の冒険心のなさと我が社主義が 引き起こしているとしか思えないし、従業員を数としかみない経営陣と人事の「人を見る目」の曇でしょうね。

火曜から師走、結果はともかく「採用して貰う」ではなく 自由な発想で派遣でもバイトでも働き「採用したい」といわせるんだという反骨心もあっていいと思う小だぬきです。

目的によって連帯する柔軟な社会を作ろうではありませんか・・・。なんでもいいのです。趣味でも政治でも町内会・PTA活動でも ともに助け合いできたねという達成感を積み上げることが 権力者の横暴への抵抗に通じるのですから・・・。

有名な「孤立を怖れず、連帯を求む」日大全共闘、秋田明大氏のアジ演説??
posted by 小だぬき at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末・年始対策法案は・・

明日で臨時国会が終わります。この際、自民党のいう12月中旬までの会期延長で、実質審議を確保するべきでしょう。

まず、鳩山・小沢献金の解明をはかる。
2に 雇用手当て打ち切りや雇用止めに合う方々の支援対策。
3に 国会議員の歳費見直しと10日支給のボーナス停止。
4に 国家ビジョンの構築
5に インフルエンザ対策
6に 郵政見直し
7に 融資法案。 

位でしょう。仕分けで問題になっているスーパーコンピューターも 請求先の理化学研究所が役員8名中
天下りが4名もいる点。そして現状でも世界33位の技術水準で国内設置が6台のみ。
この開発にNEC・富士通の有力企業が離脱・撤退している現実も踏まえるものでしょう。

理化学研究所のような独立法人を通してやる研究ではなく、本来は国家事業として「防衛研究所」「科学技術庁」がNEC・富士通・三菱などの協力を得ながら 技術蓄積すべき事項でしょう。
年金手帳のカード化・納税記録・新型三菱旅客機や国産ロケット、宇宙開発などと連動して必要な計算スピードを割り出す物でしょう。
少なくとも「理化学研究所」の役員の仕事、年収を明らかにしないで仕掛け人達の下した判断を 安易に覆すようなら、法人の天下り禁止の政策がそこでも崩れることになります。

また、鳩山・小沢氏の献金疑惑問題は スッキリとさせて欲しい。
個人資産が何十億もある人が 数十円の特価品購入をし生計をたてている人の生活・苦労が解るか!!となったら 「民主党」の基盤を崩すことになる。

また、自民党の延長案では「公務員ボーナス日」とダブル。その時の議員さんらの対応も臨時国会の目玉として 注視できる絶好の機会になります。

自民党がやりたくてもできなかった「増税路線」に入っている 民主党の今後が問われます。
選挙民は 党員ではなく有権者。ダメな物はダメと見切りをつけるのも早いですよ。
与野党とも 今少し「小選挙区の恐ろしさ」を心に刻み、政策と実行力で支持を獲得するとの気持ちは忘れないで欲しいと、明日の国会の延長幅に注目したいです。
posted by 小だぬき at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

警察・検察の選別逮捕の恐怖

最高裁の暴挙・司法の自殺とも言える判決が確定しました。
この判例確定により、警察は「ビラ配布」について 特定政党(共産党)だけでなく 時の警察判断によりビラ配布を規制できるようになります。
宅配や新聞配達も 住民の一部に「あの宅配業者や新聞は不快だ」と集合住宅で住居侵入だと訴えられたら 起訴になるのでしょうか・・・・。
今は 各地で日本共産党のビラ配りでの逮捕・起訴事件が何件も起こっていますが、それが違法ならどこまでも拡大解釈されていくか 「思想・言論の自由」に関わる判決確定です。

「住居侵入罪」の適用範囲を集合住宅(アパート・マンション)では どうとらえるか、「罪刑法定主義」を厳格にまもるためにも 法務省・内閣法制局・法曹界で 議論が必要な事案だと思います。
法の下での平等を確保するためにも 鳩山・小沢献金の問題を含め 政治弾圧と見られないような法整備と捜査は、本来「最高裁の努め」職務だと信じたいです。

***********************************

ビラ配り有罪…「この判決でいいのか」被告、憤然

 最高裁第2小法廷の上告審判決で30日に上告が棄却され、罰金刑が確定することになる荒川庸生被告(62)は判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「政治ビラや商業ビラが集合ポストやドアポストに配布されており、判決は現状を一顧だにしていない。最高裁にこの判決でいいのかと問い掛けたい」と批判。

 「国民の知る権利のため、(今後も)ビラを配り、受け取る権利を守っていきたい」と憤然とした表情で語った。

 弁護団長の松井繁明弁護士は「不当で許し難い判決。形式論に終始しており、国民の納得が得られる内容ではない」と述べた。
2009年11月30日12時52分  読売新聞)
posted by 小だぬき at 14:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト モッピー!お金がたまるポイントサイト