2010年04月01日

新年度のスタート、今日の予定

不思議な物で 4月が仕事の上では スタートになります。

だからなんだといわれると 退職者には余り関係ないのだけれど、何か希望ある日々にしたいとの思いが先にたちます。

今日は資源ゴミの収集日なので 予定では資源ゴミが1段落し、明日の燃えるゴミと貸与品だった「水供給器」の返還で 先が見えてくるという計画ですが、いつ「思わぬ 借金とり」がくるかもしれず 部屋掃除してても来るなら早く清算したい気持ちで一杯です。

<今まで持ち帰った物>

・開封されていないインスタントコーヒー8ビン。
・デジカメと箱・説明書
・弟の通帳とカード類、財布
・洗剤の開封されていない大瓶1つと洗剤類
・寝室用照明器具と散乱していた1円玉。
・どこに注文して配達してもらったか不明なポカリスエット2箱とコーラ1箱。
・開封されていないボックス型ティシュとミニティシュ
・役所関係の書類と治療記録
・あと劇場用双眼鏡とミニライトとライター。
・革靴2足(父へ)
・缶詰や酒、冷凍食品、インスタント麺類(妹へ)


<まだ使用できるか確認していないもの>

・デジタルテレビとDVD・ビデオ
・電子レンジと掃除機、音楽コンポ
・洗濯機


<今日の作業の予定>

・点滴液の処分
・鉢植えの土の処分
・資源ゴミの処分
・押し入れの上の段にあるものの確認
・流し掃除

●配線を確認して、金魚の空気ポンプの作動をとめないようにしテレビ・コンポの配線確認。

「捨てる技術」が一時ブームになりましたが、私も 使用不可なものは大胆に捨てる方法をとっていますが 作業は遅々としか進まない。

電子レンジだけで3台も発見すると いちいち点検して古物商で売れるか確認していかなければなりません。

節約と部屋代などのたしに 今後頼むことになる廃棄物引き取り業者に依頼するものと 家で使えるものを峻別する時間、畳替えができる状態にするまでは しばらく「まっいいか」の長期戦です。

アパート家主には、「室内で死亡した」ではなく、あくまで救急搬送の時に死亡確認した形式にしているので、次に入居する方に迷惑をかけないように奮励努力です。

うつ患者の私の実働が 今4時間程度に落ちているので やり残したら「明日があるさ」で対処していきたいです。

posted by 小だぬき at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よく頑張った・・、途中仮眠

今日も 「生き甲斐?」を与えてくれる弟の部屋の整理。
   6:30〜15時

・流し台清掃、汚れ物洗い (完璧、自分の家は汚いのに)
・鉢植えの土と根っこの処理
・あっちらこちらに電話して 点滴液の処理。
 この時、完全にうつ状態で「なんでオレが2年も前の輸液をたんたんと処分しているのだろう」「これが弟でなく別な人に使われていたら ムダにならなかったのに・・・・と「罪悪感」に陥り しばらく虚脱状態に。
・資源ゴミはしっかりと分別して出しました。
 
老眼を認識、薬局に問い合わせるのに 4度も間違い電話。
ハローページでみても 3か8か、0か6か9か がハッキリと見えない。
ボーッとして見えない時に 間違い電話になった4件の家族の皆さん、ごめんなさい。

今まで電話帳の番号はしっかりと見えていたのに・・・。こんな視力じゃ ハローページがあっても役に立たない。今月、傷病手当てがでたら「視力・乱視の進行に合わせて 眼鏡を新調しなくてはと思いました。

さぁ、押し入れ上部に挑戦だと イスに登ったのは覚えているのですが、気づくと畳に倒れて30分ほど意識不明。打ち所が悪く死亡なんていうのでは シャレにもならない。
今日は諦め、使えそうな鉢植え用の土が開封されていなかったので持ち帰り。

私が買ってプレゼントした加湿器など手つかずで渡した状態のまま。これは回収。

なぜ?   どうして?   とフトよぎる ささやきに負けて虚脱状態が長かったです。

*************************************
弟宛に「ねんきん定期便」が届きました。

川崎の年金機構に電話して 死去した場合の手続きの有無を聞きました。
受給資格の月数も遺族年金も資格がないのですが・・・・というと、区の国民年金課に戸籍謄本を持って死亡を届けて下さいとのこと。支給されないのに必要ですか?と聞くと 「是非、お願いします」とのこと。

私には公立学校共済組合本部から「現況届」の提出の書類が届きました。

何か自分のことと 弟のことが、頭の中で混乱しだしています。取りあえず 誕生日後とのことなのでまだ2週間の余裕。
実はこの余裕が これが怖いのです。
特定検診の届を忘れ、昨年度は受診できず カレンダーに早速書き込まなくては・・・・。

これを出しておかないと 「障害年金」の再認定すら受けられないのですから・・・。

出せる書類と手続きは、早め早めに手をうっていきましょう・・・。

今月は互助会費50000円も振り込まなくては・・・。なんだかパニックになりそう。
posted by 小だぬき at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

ものすごい風、予定はハードですが・・

今日は、昨日のイスからの転倒の教訓を生かし、慎重に弟の部屋の整理をしてきます(まだ 頭がボーッとしているのですが・・・・


<午前>
・燃えるゴミのゴミ出し。
・昨日未実行だった 押し入れ上部の整理。
・まだつかえる物の選別と小物持ち帰り。

<午後>
・区役所に年金死亡廃止届
・私の互助会送金

などを 予定しているのですが、体調と風の具合によってはどうなることやら・・・

せっかく健気に咲いていた桜の木々も 風に負けずに持ちこたえて欲しいと願っています。

障害手帳交付者に配布されるバス券、昨年までは 関東全県で使えるバスカードでしたのに、今年からは 川崎限定の回数券に変わりました。

事情を聞いた所、障害ごとに得られる福祉の制度の悪用防止のためとか・・・。1級に支給される風呂券、タクシー券などやバスカードを 金券ショップで換金し 酒やタバコの購入にあてる人がいるからとのこと。

何か、マスコミは 政府攻撃ばかりしていますが、国民の中にモラルハザートが起きつつあるのも 問題にしなければ モンスター国民(一部でしょうが)を増殖させる危機感があります。

そして、真面目に生きようとする人が淘汰されるでは、本末転倒ですよね。

posted by 小だぬき at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半日行動、半日爆睡

今日の午前中のゴミ出しからは順調。風が弱まり雨もなし。

9時と早い時間に「水供給器」をクロネコヤマトさんが回収に来てくれて余裕の作業。

本格的に「自分が使える物」と廃棄するものの峻別。

なぜこんなに未開封のコーヒーや砂糖、調味料が出てくるのだろと 物持ちなのにビックリ。
本人は「まとめ買い」のつもりだったのか、前に買ったことを忘れて歩ける時に「衝動買い」したのか 不明ですが・・・。これは持ち帰りにしました。
押し入れやカラーボックスに廃棄物を収めたらやっと部屋が6畳だったのだと納得できる広さに。

両親が心配して携帯電話での連絡。
昼を用意しておくから、食べに来て・・・と言われて、昨日から一食も食べていないことに気づくオソマツ。有り難く食べますと素直な返事。

今日もなんだか疲労が大きいので 午後の予定はキャンセルして風呂と睡眠。
親の有り難さは、風呂に入ったら疲れが出るからと 昼食の山盛り野菜卵焼きそばと起きたときにと おにぎり大4つを用意してくれたこと。

先ほど風呂に入ってから やってしまった、帰ったときに入ったんだっけと思い出す始末。

おにぎりがやたら美味しく感じて 食べました。

今日は、睡眠剤なしで熟睡できそうです。

●今までは、予定したことが出来ないと 落ち込んだりしたものですが、今日は自分で 午後はキャンセルと決め 納得できたのは一歩前進だと思います。

posted by 小だぬき at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

許せない「うつで障害年金」商材

私が許せない商材に「障害2級で障害年金暮らし」という種類のものがあります。

精神障害2級とは、
・就業に耐え得ない程度
・日常生活に介助を要する人
・重度継続診療を要する人

誰が好きこのんで このような状態になりたいでしょうか・・・・。
私も長く 引きこもりの廃人のような生活でした。

また、障害2級年金認定には 年金機構で申請用診断書と自己状況申告書を貰いに行かねばなりません。つまり医師の診断書と自己申告の整合性が問われるのです。

また 厚生年金・共済年金などの滞納が ないことが前提になるのです。
国民年金の方は 障害基礎年金のみが対象になります(年 単身で最高79万強)

私は、この申請が可能か 病院の患者相談室と区のソーシャルワーカーに何度も相談しました。

寝たきりの人でも 2級ではなく3級認定になるなど お金が動くだけに 審査は厳しいのですとの話でした。
小だぬきさんは、自分で通院できているだけに余計難しいと覚悟してね との話をされました。

この精神障害年金に関して言えば、商材にあるテクニックなど通用しないと思って間違いありません。
むしろ、商材の著者の「体験・経験」なるものが 医師からみれば「病的」に見えたので診断書の記述に「思い込み強し」とかかれた結果 審査を通ったとも言えるのです。
そもそも「商材」で利益をあげていれば、年金打ち切りか減額対象になるものです。

私は、今の所 障害手帳2級、自立支援医療、障害共済年金2級、障害基礎年金、傷病手当てを受給していますが、実質 障害年金の年200万円程度で 6回に分けての支給では 生活はとても成り立つ水準ではありません。(国民年金料支払い猶予も)

医師に通院の度に「出来たこと、出来なかったこと」を話し 膨大なカルテから医師が病状をどう判断するかが 「障害年金」の等級判断の決めてです。
しかも 2年ごとの更新(私は今年更新)。

安易な商材購入より、掛かり付け病院の「患者相談室」の利用を薦めます。

posted by 小だぬき at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日はお寺さんとの打ち合わせ、墓碑依頼

今日、やったことは 上野ー水戸間のグリーン往復割引券の購入のみ。

父の見習として明日 菩提寺の祇園寺(曹洞宗本山)に同行します。

実は、以前 父が動脈解離で倒れたとき「葬儀、葬祭、法要、相続の手引き」を買って 医師のいつ亡くなってもおかしくない状態にそなえたことを 今日話し その本を父に見せました。

日本の葬儀に疑問があっても・・・・、やはり気持ちとしては きちんと送り出したいし、送り出して貰いたいですよね・・・・。とにかく 明日は 世話になっている墓碑業者や仏具店なども紹介するから・・・と、父。

見習が成長するのには 10年はかかるな・・・、じっくりと小だぬき家の喪主に育てて欲しいと要望。

「死」「葬儀」を話題にできる今は、今後の人生の残りをどう生きるかに繋がる親子の絆つくりの新しい段階に入ったのだと思います。

明日の更新ができるかどうか自信がないのですが、喪主見習の修行に明日行ってきます。
posted by 小だぬき at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

父のお供で菩提寺へ

父らしいのは、墓の用地を購入した際、発掘した骨も骨壺にいれて小だぬき家の墓で埋葬してあるので、納骨するスーペースが満杯状態とのこと。

どうスペースを空けるかが 今日の「課題」になりそうです。

水戸の偕楽園に寄れるか その体力が残っているか で 帰りの切符の変更も考えています。

************************************
今の自民党の離党者、除名者に「大義名分」があるか 疑問な「新党結成」の動き。
自分達が自民党内で どんな政策実現をしていたのか きちんと総括すべきでしょうね。

特に要職を過去に経験しているベテラン議員たちは・・・・・。

素人目にも「借金だらけで 献金の路を立たれた本家」から「借金・政策の誤りの責任」から夜逃げ同然に逃げ出し、負の遺産は全て 本家自民党に押しつける姑息な責任逃れのように見えます。

このような節操のない「自民党議員」の政権を引き継いだ「民主党」は、膿をだすには初志貫徹しかありません。
政権の安定を待てるほどの余裕は国民にはないことを 常に考えて欲しいものだと思います。
posted by 小だぬき at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

水戸への見習後ダウン。

法事の相談のための水戸往復、思った以上に心身の負荷になって疲れが吹き出しました、

父は 原因不明の下痢、私は電車の内での爆睡。

父が住職と相談しているうちに 私が墓掃除を担当したのですが、役割分担しても大変さは変わらず・・・。

帰宅後から昨日1日、薬を飲む時間を除いて爆睡でした。
食事、お土産代は私のスイカを使用したのですが、水戸殿中1袋をのぞいて 私のご苦労賃とのこと。

おかげで爆睡しても薬の時間に 柏餅・水戸殿中・梅羊羹、一口まんじゅうを 食事代わりにして薬をのめました、

今までの部屋掃除と単調な「スーパーひたち」「京浜東北線」は 自然と眠りに入らせてくれました。

水戸駅は エスカレータがついているのと「密閉喫煙室」があるので 父も私もラクにホームに降りられて良かったです。

首都圏にある川崎駅が下りエレベーターがないのは、なんとも中途半端な設計。足腰が弱っているものには 上下エスカレーターの設置を急いで欲しいと思いました。

菩提寺までタクシーを利用したのですが、運転手さん曰わく 6時から待機して 11時の私たちで2件目という状態とのこと。タクシードライバーも年金受給者でないと生活できないとのこと。

上野公園は寒かっただろうに 昼間から「花見」の方が多く 改札口は大変に混雑していました。
今日もまだ 心身とも疲れぎみなのですが、出来ることから 徐々にしていきたいと思います。

posted by 小だぬき at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葬儀社、区役所、銀行へ

葬儀社に「遺影」のお願いにいってきました。

幸いに 写真が何点かのこっていたので その法事用の写真のお願いにいってきました。
ダブルの礼服仕様。2〜3日でできるとのこと。お届け出来ますがに、取りにまた伺いますと返しました。
留守の時にお届けいただいても迷惑をおかけするからと・・・・。


区役所

年金機構の言うとおり 区役所の国民年金課に戸籍謄本と基礎番号を持っていったのですが、市民課から通知を受けており不要とのこと。
時々、年金機構の電話窓口で「間違ったことを教える人がいる」ので困りますとのこと。
親切なことに戸籍謄本、窓口と掛け合って返金しましょうか・・・と行ってくれた上に お疲れ様でしたとねぎらいの言葉も。 窓口が昼休みの時間帯だったのに丁寧に対応してくれもした。

ついでに 障害年金更新の時に必要だといわれて途方にくれていた住民登録コードは、無料で発行して頂きました。


銀行

これは私の「退職互助会」の掛け金振り込み。


これだけのことで じわ〜っと疲れがでてしまうのだから困ったものです。
posted by 小だぬき at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

ゴミの収集日には起きられる不思議

今日は 燃えるゴミの収集日。

最近、不思議にも朝が起きられるようになりました。ゴミ収集日だけは・・・・。

午前中、弟の部屋掃除をして、午後休息のパターンに変化しています。
今日も そのパターンでファイトしてきます。

不思議と言えば 私の異常な甘いもの間食です。
昨日も 叔母が仏壇用に備えてくれた パンケーキ1本(約1s)を完食。

葬儀までの家の片付けや手続きで 「糖尿病」予備群、体重増加ではね・・・・・。
posted by 小だぬき at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

今日は資源回収日、ファイト!!

資源回収日

起きられました、今日も・・・・。

何とも体内時計の不思議さです。午後はまるでゾンビのような動きしかできないのに 午前中起きられるというのは いつまで続く事やら。

出来るだけ 清掃業者に任せるのを最小限にしたいのとすみやかに回収できるように 今日もがんばります。

今日の主力は 地上デジタルのテレビとビデオの持ち帰りに重きを置いて
後は できたら程度の気持ちで 弟のアパートに行くつもりです。

衣服の整理は終わり、あとは 懸案になっている押し入れ上部の小物入れです。

正直、これだれ動けたら 自分の家の整理もできそうなのに・・・と苦笑です。
今日も1日「耐え難きを耐え、偲びがたきを偲び」の心境です。

2級精神障害の私でも 「ヤル気になればできる」自信を取り戻しつつあるところです。
posted by 小だぬき at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

生きるのに必要最低限を求めたい。

粗大ゴミの処理

今日も早く起きてしまいました。

昨日までの作業で「自分が納得」できる水準まで片付けは 終わりに近づいています。

今度は 弟の部屋の整理・片付け・清掃作業になるのですが、私の出すに出せずにいた パソコン・テレビなどを持ち込み 一緒に処分してもらう手配に来週から入ります。

知恵のある方は いろいろなことを考えつくのですね。まさか廃品回収と部屋掃除をパックにしている業者がいるとは、今まで気づきませんでした。

世の中、アイデアがあれば 結構仕事ってあるのですね。
私の見栄で 査定額は変わらなくても納得のいく作業を進めてきます。

明日は 通院日ですので多少無理しても 心身は持ちこたえられると思います。
posted by 小だぬき at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

階段から転落、擦り傷だらけ

今日は 燃えるごみ大袋5、段ボールの束を集積場に持っていきました。

あと欲をかいてデジタルテレビ・ビデオやラック、CD入れなどを持ち帰り。

ここまでは順調だったのですが、自分の廃棄するビデオ3台とワープロを弟の部屋に運び 一緒に処分して貰おうと荷物運びの台車にのせ 下り階段あと3段というところで落下。ビデオそのものは15年程度前のダビング用として酷使して使い物にならないからいいようなものなのに 台車から大きな音とともにバラバラに転げオチ、私はうつむきで盗塁スタイル。

近所の奥様方がビックリして飛び出し、ケガは?? 頭をうっていない? 救急車を呼ぼうかと みるみる内に大事に。

大丈夫です。大きな音をさせてすみません。弟の引っ越しの荷物整理と一緒に処分しようとしたのですが、重量オーバーで支えきれませんでした。ご心配をおかけしました。と弟のアパートへ。

よく落下する小だぬきです。風呂に入ったら擦り傷だらけで痛いこと痛いこと。

それでも懲りずに製造から20年以上たっているダイヤル式TVも懲りずに運びました。
会う人ごとに懐かしいわダイヤルのチャンネルと音声調節、どこに展示するのですか??と聞かれる始末。
ダイヤルの動かす部分が摩滅してダメにならなければ 今でも現役だったかもしれません。
今見ているテレビも1994年製造品。不思議なことにきちんと写っているのに外観は焦げ目だらけ。よく火事にならなかったと感心する位。

これは物置台に遣い、弟の所から運んだ液晶に明日取り替えます。

父も本当にそこまでしたの?と 近所の奥様から話しを聞いたらしく、作業中止命令。

世の中、うまく出来ていて 帰宅後 葬儀社から遺影ができましたとの連絡。
凄い修正技術 ふくよかな笑顔の遺影でした。

何かものすごく怠い心身。一寸早すぎるのですが、明日の通院に備え、睡眠剤を飲んで寝ます。
おやすみなさい。

posted by 小だぬき at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

久しぶりの夢無し熟睡

昨日から朝にかけて 睡眠剤がよく効き 久しぶりに夢も見ないで熟睡しました。

テレビも設定が済んでいないので 静かな中で床に入ったのが良かったようです。

手や足がやけどしたように赤く腫れていても キズの痛さより 腰の怠さの方がきついです。

今日の通院日で 主治医に大目玉を喰いそうな弟の部屋整理の焦りと拘りが強くでたようです。

弟が急死してから3週間経つのですが、弟の部屋の金魚6匹は未だ元気に泳いでいます。

本当に生命力がすごいなと感心します。エアポンプの作動と水の半分換え、水の浄化石とえさやりしかしていないのですが、本当に元気そのもの。
彼らの泳ぎぷりが いままでの支えだったのかも知れないほどです。

そして、自らが毎日大変な思いで生活している皆さんからの励ましも心を支えてくれました。

今日・明日は完全休業日にして 来週に備えたいと思います。

昨日、共済会から2月の傷病手当ての振り込みされた通知もきていました。
重なる時は、良きも悪きも一度に集中するのも 何か不思議な気がします。
posted by 小だぬき at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主治医からの宿題

今日は通院日でした。

電車に乗っても待合室でも薬局でも 見事に居眠り。

<主治医とのやりとり>

・ここ2週間の「弟の部屋」片付けと生活の様子を話す。
 
 疲れやすくなってきた。1つやっては 休みの連続でした。
 今の自分が怖く、出来るだけホームに余裕を持って歩きました。
 帰宅しては 寝るの繰り返しで自分の部屋は後回しになっています。
 高いところから落下が2度ありました。
 薬だけは欠かさないように飲んでいます。


●今までも やってはダウンでしたよね。
 心身の状態に正直に休める所は休んでください。
 看護師から 待合室で寝ているのを久しぶりに見たわと 聞きました。
 優先順位を とにかく守って「あれもこれも」はなしね。
 次の通院日までの宿題は「休む時間を多くとること」です。
 毎日出かけ、作業するなんて ここ何年もなかったことですよね。
 まだ日にちに余裕があるのだから 焦らないこと。


やはり 飛ばし過ぎだったようです。
帰りも 桜並木をみながら「同期の桜」の歌詞を思い浮かべていました。

「咲いた花なら 散るのは覚悟」

自分ながら 今日は 危険な精神状態だったなぁと思います。

まだまだ人生の後半戦、「散る覚悟」より「咲く覚悟」が必要なんだと ほんとうに心しなくちゃと感じた通院日でした。

宿題が「休むこと、静養すること」とは、ステキな主治医だと改めて思いました。

posted by 小だぬき at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

久しぶりに低空飛行の安定

TVの配線をしていないため2日間のTVなしの生活。

意外と観なくても生活に困らないことを 発見しました。
ビデオやDVDで十分といえる朝です。

昨日の夜は自分の本箱の整理、マンガなどもシリーズ物全巻がでてきたり 単発ものでも「原発列島」や「代用監獄」「憲法」など 結構硬派なものがでてきました。
・シリーズものでも
「総務課山口六平太」「紫電改の鷹」「こちら大阪社会部」「平和マンガ選集」など 多くのものがシリーズででてきました。

とにかく処分する前に一読をと思い 読み返しているのですが、私の思想・思考にマンガ本が寄与しているんだなぁと思わず苦笑です。

マンガにまでマーカーをいれてあるなんて・・・・。

しっかりと蔵書印がおしてあるものもあり、読んだ当時の思考経過を振り返っています。

面白いのは「亀有派出所」などがでてきたりして、当時は余程疲れていたんだなぁと思います。

今日は、自分の本箱の整理??日に当てたいと思います。

posted by 小だぬき at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

今日は共済会・互助会へ

雨予報がでていて気分は重いのですが、今日は浦和まで遠征してきます。
共済会・・・3月分「傷病手当て」の申請
互助会・・・通院補助金の申請。

多分、これだけで一杯一杯でしょうが、身体の動くうちに申請してきます。
「郵便配達」不信が 解消されればいいのでしょうが・・・。今一つ信頼できないのが辛い所です。

***********************
昨日は 不思議と1時半に夜一度おきました。
夜起きるときは だいたいこの時間なのです。

「弟の死亡時間」が 検視では午前0時となっているのですが、私の中では 1時半だよと 弟が知らせているような気持ちになっています。

49日法要を 5/1に予定しているのですが、まだ 三途の川を渡ったばかりで 自分の死を受け入れられないでいるのかな・・・などと思います。

posted by 小だぬき at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒さで延期・・・

お勤めの方や学生の皆さんは 雨で寒いから・・・・、などとの理由づけは通らないでしょうが、私は 起きた時の元気さはどこへやらで、時間が経つごとに「延期」の方向に身体が傾いてしまいました。

寒暖の差の激しい日々で、勝手に「今日は 〆切りまで時間があるから寝てていいよ」という内なる声に負けてしまいました。

この怠さと意欲低下は、〆切りに余裕があるのと 先週までの疲れがでているのかもしれません。

なんとか食事だけは食べて 明日 動けることを期待することにします。
posted by 小だぬき at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

誕生日、焦らずに匍匐前進。

今日からは はれて57歳。

何かがスタートするわけではないのですが、自分ながら 予想以上の活動が今までできたなぁと感じています。

今の課題は、ダビングして貯まりすぎたビデオや教育書の山・小説・マンガをどう処理していこうかということです。

どのビデオや本にも 当時の記憶が蘇り なかなか処分出来ない小だぬきがいます。

児童名簿や卒業アルバム・文集、学校記念誌なども 処分しきれない自分がいます。
もう過去のことより「明日」を見なければいけない歳なのに・・・・。

今日からは、少しでも荷物を減らすことに専念です。
勿論、弟の部屋の業者依頼なども出来る状態にすることが大前提ですが・・・。焦らず 徐々に 亀の歩みになるでしょうが、着実に前進したいと思う朝です。

posted by 小だぬき at 04:57| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

いい天気の中の怠さ

今日は午前中は 自分の部屋の整理と弟の部屋の仕上げ。

午後は マンガ本の処理に当てたいと思っています。

荷物というのは年々増えていくものなのですね。
小説類、教科指導などもこんな本も読んだのだという位にでてきます。

毎日、少しずつと思いながらも 出てくるものです。
***********************************
今、年金特別便が配達されていると思いますが、きちんと年金を納めていても 運用損をだした役人の責任はうやむやなまま。

4月からは 薬剤を貰う薬局で 錠剤あたりの単価点数表なるものも配付されるようになりました。
何を目的にこんな物を配付するのか意味不明。
「お前には こんな高価な薬品が処方されているんだぞ」といわんばかり・・・

また、報道をみても 「参議院議員選挙」の話題と民主党攻撃のみ。
民主党には問題があっても 自民党の復活を望む人もいないでしょう。
その受け皿狙いの 小政党の乱立。

マスコミもゴシップばかり追わないで、議員の既得権へのメスをいれるべきではないでしょうか・・
名古屋の河村市長は 自らの歳費を最初に削ってから、議員定数と議員歳費にメスをいれようとしています。
国会議員も いっそのこと全国比例か分割比例かは 問わず、国民の意思が反映されやすい比例代表制への移行を目指すべきではないでしょうか・・・。

個人立候補も比例代表での各党分配得の下位票より 多く得票したら当選とする方式なども考えられていいと思います。
国会開会中に地方遊説や見学ツアーを組む 今の議員さんの頭の中を見てみたいなどと思ってしまいます。 
posted by 小だぬき at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

今日で一段落?? 年金特別便への怒りの訂正

弟の部屋も昨日「産廃、ハウスクリーニング」の業者に依頼し、私が詐欺に合っていないならば 今日中に大家への「引き渡し」可能状態になるハズです。

業者から本人死亡というから もっと酷い状態と想像して覚悟して訪問したのですが、これなら1日あれば可能でしょうとの言葉を貰いました。

トラックの入らない場所なので 多少高くなるのですが・・・、思い切って昨日依頼しました。

これで一つの課題は終了します。

******************************

あと、年金記録ですが、退職前の4ヶ月分が 国民年金未納扱いになっていたので、電話で抗議と訂正書類を送付しました。

退職後も「任意継続組合員」として 継続しているのですから、21年3月までは共済年金として継続していたハズなのにです。

「国民年金センター」と「共済」のデーターが まだ統一ができていないのかと 窓口にいってもしょうがないとは思いつつ 抗議しました。

今年が「障害年金」更新の年だけに 身に覚えのない「未納」にカーッと頭に血が上りました。

いつもは ロクに読みもしない通知も 今年は読んで良かったと思っています。

どこまで国民年金センターは 杜撰なのだろうか?と・・・・。
この調子では、元公務員だから 記録はしっかりとしているとはいえないようです。皆さんも 確認したほうがいいようですよ。

折角、弟の部屋や法要の手配の見通しがつき 心穏やかになったと思ったら 年金記録でカーッと怒りの感情。

どんな調査報告書が「国民年金センター」からくるのか、いまから腕まくりをして待ちたいと思います。
posted by 小だぬき at 05:28| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弟の部屋 業者作業完了、ホッ。

今月の私の「傷病手当て」を うんと上回る料金でしたが、ひとまず弟の荷物が全て整理され清掃もして貰いました。

後は、カギの返却の時の大家と不動産屋の出方次第です。

残る仕事は、電気・ガス・水道の閉栓だけになりました。

今までコツコツ整理してきても 1トン半の荷物とは・・・・。

<アパートを借りる時の注意点>

・日照時間も大切な要件ですが、今回のように処分や引っ越しをする場合
1階で大通りに近い(トラックの入る道幅のある)場所を選ぶと 料金的にラク。

・2階以上の場合は、階段の幅が広く、傾斜の少ない所を選ぶ。

・洗剤やボンベは、こま目にゴミの日にだす。

・トイレ、風呂は出来るだけ広い所を借りる。

・植木、鉢植え、ペットなどは 自分の病気や入院、死後も考えて 預け先を確保しておく。


私も今2階ですが、段々と階段が辛くなってきています。
自分が辛いということは、業者にとっても手間がかかるということで、上乗せ料金になってしまいます。

また、元気に泳いでいた金魚君8匹は、業者でも「命ある以上引き取りは出来ないというので、方々 飼ってくれそうな家を探し 最終的には馴染みの 定食屋さんで飼ってくれることになりました。

冗談で 元気に大きく育ったら 天ぷらかさしみにしてやるからと 引き取ってくれたのは嬉しい限りでした。

これで 3週間以上の悪戦苦闘も終了です。明日からは、閉栓にくる方に料金を支払うのみ。

まずは一段落の報告です。

posted by 小だぬき at 15:11| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

今回の部屋整理での雑感

以前から弟の部屋掃除が一段落したら閉栓をお願いしますと 東京電力、東京ガス、水道局には連絡してあったのですが、昨日 引き渡しの準備ができましたと連絡したら、今日の10時〜12時の間に伺いますとの返事。

しかも 東京ガスに初めに連絡して 午前中の早い時間にと10時〜12時訪問の約束をしていますといったら 電力・水道もその時間に合わせますとの回答。
顧客思いの姿勢に感心しました。

3社とも実情を聞くと、引っ越したりしても連絡のない人が多く 連絡を頂けるだけでも助かりますとの話。

幸いにも 固定電話にせず 弟に携帯を貸与していたので 一番面倒で時間のかかるNTTの工事の手間がないだけに 助かりました。

今日も寒く、雨が降っています。こちらの都合とはいえ こんな天候で外回りの仕事をしてくれる人に感謝です。

横着と疲れで未だTVとビデオ・CDの配線をしていないのですが、TVがなくとも困らないということを発見しただけ 横着の成果かな??と思います。

今まではなんとなく ながら睡眠の状態でしたが、全く音が聞こえない、部屋を暗くして寝るということが いかに「熟睡」に結びつくかの発見も新鮮な驚きです。

「捨てる技術」を誤解して理解していたようです。生活に必要で潤いを残す物だけの生活をして、買った物は使い切る→ゴミの日に出す、の繰り返しが必要か 今回の教訓として学びました。

いつか使うだろう・・・、という「予備の大量購入」は ムダになる確率が高いのと 引き出物や贈答品を無造作に棚に積み上げている 小だぬきの生活の見直しも必要だなぁと思いました。

こま目に使い切り捨て、死物化しているものの利用で スリムでも心豊かに生活できることの大切さを知りました。

電化製品なども買い換えと同時に 古い物の電気店での処分・下取りをこま目にしなければと感じたものです。

自分にとっての生活の優先順位に従い、整理するという片付けの基本を
学びました、小だぬきの コレクションの数々も 貰った当時のまま無造作にしまい込んでいるか・・・・。
この弟の部屋の片付けを通し、物の豊かさより精神の豊かさを追求しなくてはと 自分の生活の反省にもなりました。

言うは易く 実行が難しい課題ですが・・・・。

posted by 小だぬき at 06:40| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

心に穴のあいたような・・・

昨日、弟の部屋の公共料金の支払いも済ませ、不動産屋にカギを返却しました。

今までは、心身とも動けていたのが なぜか昨日午後から虚脱状態。

今日も朝から寝床からでられずに ボーッとしていました。

どうも心のギアーの切り替えが すぐ出来なく 「うつ患者」らしく意欲低下ぎみです。

今日1日は 眠たさに身をまかせて 今度は 自分の部屋掃除に意欲がでてくれば・・・・と思うのですが、なかなか世の中 上昇気流もあれば下降気流もあるものですね。

posted by 小だぬき at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

頭の重い1日

弟の部屋掃除、廃品業者、カギ引き渡しまでの行動がウソのように 昨日から足に根っこがはえたように動けなくなっています。
「達成感」より「虚脱感」の方が 勝っているようです。

日中、起きていてもボーッとして時間がすぎていくようです。
自分ながら 久しぶり??に「うつ病」を意識し 薬だけはしっかり飲むようにしています。

***********************************
米海兵隊の普天間問題が 迷走しだしています。
軍事的観点からではなく、婦女暴行などの犯罪が多発し 沖縄県民の負担を軽減するために「普天間基地」移設が決まった原点を マスコミは忘れているようです。

本体がガァム島に移転するなら 全ての機能をガァム島にというのが 県民にも軍事的にもまともな解決方だと思うのですが、マスコミはアメリカの統制化にあるような政権たたきに夢中。

日本の防衛の第一義は 自衛隊で行う。米海兵隊は日本から撤去へと なぜマスコミは政権の応援をできないのかと思うのです。

海兵隊という軍隊は、前線の維持のために投入される軍です。イラク・アフガニスタン・ベトナム・第一次朝鮮戦争などには 機動力を発揮しましたが、これは日本防衛のためでなく 補給・兵站・修理のために日本が必要だったに過ぎません。

アメリカがどういう態度にでようとも 日本は独立国としてしっかりと受け止める覚悟が問われていると思います。アメリカ国債の売却も視野にいれれば 対等に交渉できるハズです。

日米安全保障条約すら どちらかが「廃棄通告」をすれば 1年後には無効になる条約ですから・・。
posted by 小だぬき at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

父のつぶやきのうまさ・・・

昨日も体調が悪くボーッとしていたのですが、午前中に父から「毎日、気がはっていたのだから ゆっくりと休めよ」のあと「動けたらでいいんだけれど、法事の水戸までの往復切符を買ってくれると嬉しいな」との電話。

スーパーひたちの割引き往復切符の購入依頼ですが、「うつ病」というのは、浪速節のように「頼りにされたり」「お願い」されると 動くまで時間はかかるのですが、出かけようという意欲が出てくるのです。

父親の息子コントロールのうまさということでしょう。

11時に頼まれ、実際に動けたのは15時過ぎでしたが、無事 切符購入。

今日はなんと久しぶりに5時半に起き、古いテスト類を「燃えるゴミ」として紐綴じ。

朝からは今の所、身体が順調に動いています。
posted by 小だぬき at 06:44| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

TVを設置しない横着さが熟睡に

ここ1週間ほどは、TVの配線とビデオ・DVDの配線をしていないため、真っ暗にしてただただ眠ることに専念しています。

今まで低空飛行でも 頼まれたことはできたのには この熟睡感が土台にあると思っています。

岩波書店発行の モモの「時間泥棒との対決」に「一人一人のもつ大切な時間」「ムダなようでムダてはない貴重な時間」という思想があります。

人間を受動的にし さも報道内容が真実のようにセンセーショナルに扱い、国民を洗脳しているようなTV。
お笑い名をかりた人権侵害など・・・・。

TVから離れてみて 違う視点もあるのに・・・・と新聞相手にツッコミをいれています。

「うつ病」関係の番組も多いのですが、個別の症状を 大雑把に類型かできるものだ、と「うつ患者」でありなから、違和感を感じる記事や特集。

皆さん騙されたでもともと 風呂上がりの時間以降 TVを消して見ませんか・・・・。

posted by 小だぬき at 04:36| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

マスコミの酷さと障害者福祉

ラジオと新聞報道(TV)も どこの国のマスコミだろうという報道ばかり・・・・。

普天間基地が市街地の真ん中にあり、事故の危険や婦女子への暴行など危険極まりない基地である認識を持っているのだろうか・・・・・。

5月末までに移転合意無き場合は「鳩山首相の退陣」を などと書くマスコミの報道姿勢・一部政治家の発言を大きく取り上げる姿勢に疑問を持たざる得ません。

今こそ、「日本国民の平時・有事の安全」のためにも 米軍の再編成をと主張するのが筋であるのに、いつまで米国の占領時代・委託統治時代の既存基地を前提に論調するのか、日々 おかしさが増幅しているようです。

日本防衛のために日々自衛隊は訓練し、一定の練度を保っているハズです。
いまこそ 日本防衛のために必要な米軍基地は・・・・の論議を きちんとする絶好な時期なのに、マスゴミは 問題提起もせず 民主党攻撃のみ。

浜田幸一さん(前自民党衆議院議員)が 「日本はアメリカの植民地」と言い切った認識から 独立国への路を模索した結果が 昨年の政権交代であると 私は思います。

今のマスゴミの論調は、「独立国」より「アメリカの植民地として素直にアメリカのご機嫌をとれ」と主張しているように思います。

共産党の志位委員長がアメリカ訪問をすると話題になっていますが、「核拡散防止条約」そのものが、持てる国の核兵器独占条約で「核兵器禁止」条約でないという認識を表明できるか、普天間を含めて米軍の必要最低限の基地とはどこか!!と問題提起できるかが 日本共産党の存在意義そのものを問われる事になります。
今、親米が現実路線だなどと寝ぼけたことを云うのであれば、一気に「アメリカ植民地」への同意を示したと思われる結果になることを 志位委員長は覚悟して欲しいと思います。

************************************
今、全国の裁判所での「障害者自立支援法の1割負担見直し」訴訟が 国との和解が進んでいます。
なかなかその立場にならないと 1割負担が「どれだけ患者負担になるか」想像しにくいと思います。

介護現場などの苦悩も「1割負担」が重くのしかかっているのです。

介護の動作ごとに患者の1割負担になるのです。食事1つでも一連の行動で介護保険が適応されるのではなく、配膳・口に入れる・片付けなどによって それぞれに負担がかかります。
患者の移動についても同じです。

障害者事業所にしても 入所費用がかかるため 自立して働く訓練をしようにも 作業所に行けば行くほど「持ち出し費用」がかかるのです。

ミスター年金といわれた長妻大臣下の厚労省ですら 発足して7ヶ月余りでは、自民党・公明党が作った強固な「弱い者イジメ」の悪法改定には至っていません。

注意が必要なことは、裁判所の和解というのは、裁判当事者には有効でも 裁判に参加していない多くの障害者(私も)は、和解にそった法改正がなければ 実効性がないという点です。

「弱い者が大切に健常者と共生出来ない社会」は健常者をも大切にできない社会です。
民主党にも老害や変な反党行為をする副幹事長や大臣もいますが、弱者目線を失わない限り 私は民主党を守り・育てたいと一有権者として思います。

私の「共済年金記録」4ヶ月分の 復活もきちんとしてくださいね。

posted by 小だぬき at 07:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主張を書けたことが嬉しい・・

今日は、なんとか頭を切り換えて 自分の中での世相について書けるか挑戦しました。

うつ病の悪化を心配して下さる声も頂きました。

土曜日が通院日なので 私的なこと以外で書けるかとの冒険ですが、どうも「日本」の中が 希望を語るより閉塞感が強いなと改めて思いました。

今日は、ブログ更新と日記。
朝風呂(なんと10日も入っていなかった・・・・)
昼食は 新しく出来た中華店へ両親・妹と4人ででかける。

正直、
3/19以来 薬を飲むために口に入れていた状態だった味覚が戻り、両親の残りまで美味しく食べられたことが嬉しかったです。

やっと食事が美味しくなって心配になったのが 過去のジーパン事件です。今まで着られなかった以前の背広やズボンが はけていたのに 食事の味覚が戻ってきたら また穿くズボン探しなんてことになりかねません。
礼服も今の腹回りを維持しないと 法要時に着るのを急遽 直しに出さねばならなくなります。

疲れがとれつつあるのは 嬉しいのですが・・・。

両親と私は 食事の会計交代支払い制をとっているのですが、いくら私の番だといっても「イヤ違う」と頑固。
今月までは 障害年金がでているので 支払えるのに 私の生活を考え忘れたふりをしているようです。

殆ど 今は寝ていて 費用も最低限で済んでいるといっても 障害年金更新の結果がわかるまで 費用負担は 親の勤めと 弟の部屋や公共料金なども私に負担させませんでした。

大きな出費は 通院と薬剤と診断書くらいなのに・・・。

posted by 小だぬき at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

寝るおじさんの腹は育つ??

昨日の昼食と夕飯のパンで 栄養取りすぎかな?? と心配していたことが ズバリ的中してしまいました。

「うつ病」にとって 快食・快眠・快便は とっても症状的にはいいのですが、今日は下痢していないのに出てくるのは カスばかり。

うっ、あれだけの量の中華料理が 全て栄養分にまわったのか・・・・、あの油・肉・野菜が・・・・。
今日は 臨時に体重計が故障したことにして怖くて乗れず 測定不能にしました。

体調が戻ってくると代謝率が向上するのか、しばらく忘れていた空腹感も復活しだしました。

なんて身体って正直なのだろうと感心するほどです。

「寝る子は育つ」なら可愛いのですが、「寝るおじさんの腹と皮下脂肪が育つ」では お笑いより悲劇です。
土曜日の精神科・内科の通院。内科の先生が 血液検査と尿検査を忘れて欲しいと願いたいくらいです。よりによって通院2日前に空腹感復活なんて 私には、神も仏もいないのか・・・・。

八甲田山の映画の1セリフ「天は我を見放したのか・・・」が ふいに思い出された午前中でした。

さぁ、昼食を何にしよう・・・・。カロリー低めで美味しく、満腹感なんていうメニューは無いかな??
 

posted by 小だぬき at 12:47| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

全国学力テストの「学力」とは・・・

20日の「全国学力テスト」、抽出校だけでなく 希望参加も多かったとのこと。

学校の横並びの体質と保護者の漠然とした「学力不安」が 実施校を増やしたようです。

大器晩成とか「個人の才能を引き出す」とかいう言葉は、死語になったのかとさえ思います。

実施された「国語」「算数」で 学力を測れるものではないことは、日々子どもさんと接している方には 常識になっていることと思います。

しかも 大規模校と小規模校、分校などで 同一テストで しかも平均点で地域・学校の学力達成度をみるなんて 到底無意味なことになります。
大阪府の橋下知事のような 「学力の質」を個々に問う発想がなく テスト至上主義には開いた口が閉じません。

極端な例ですが、半数が100点で半数が0点でも平均は50点です。全員が50点以上をとる平均点と単純に比較できるものでしょうか・・・・・

算数・国語は苦手でも、理科が得意とか社会が得意、体育・音楽・図工が得意といろいろな才能を個々で伸ばしてあげるのが 「教育」だと思うのですが、国語・算数に特化する理由がわかりません。

第1回の全国学力テストの問題を 教員同士検討したことがあるのですが、B問題の応用については正答があるのだろうか・・・・、と疑問に思う問題も多かったのです。

日常の学習指導では 「学び知る」楽しみ、「出来る わかる」喜びを 子ども達に身につけようと現場では 悪戦苦闘しているのです。

今は 小中学校で、起こっている問題の一つに 家庭での早期教育のため集団としての授業に適応できない 知識のみ技能のみの頭でっかち(2年生で 学力差も解消されていくのですが)が 学級の秩序を守れないなどの弊害もでています。

今だに学習指導要領が 現場をしばっています。

私は、本当に必要な学力ならば、テストで比較するよりも 諸外国で導入されている「課程習得テスト」で「その学年の内容を理解している児童のみ」進級させる制度移行の方が 余程 理にかなっていると思います。
今の「年齢主義」の学年で いくら全国テストをしてみても 低学力層??の底上げにこそ予算をつけなければ、お馬鹿タレントのように「中学、高校」の基礎学力なしに卒業させられる悲劇が繰り替えされることになるのではと思います。
テレビのクイズ番組の「お馬鹿タレント」は、台本通りの演技で 教養があると信じたいのですが・・・。
posted by 小だぬき at 07:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反抗期や自立の足掻きかも・・

最近、若い人の「うつ病」や「発達障害」が多く話題になりますが、
「大器晩成」「才能」「反抗期」などの概念が 無視ないしは軽く避けられている点が気になります。

小だぬきは 酷い青年期反抗行動を親にしているので 「病気」か「反抗期」か断定したくないのですが・・・・。

防衛大学受験前に「まぁ、経験だから気楽に」の父の言葉にきれて テーブルの食事をひっくりかえしたこともあるし、べ平蓮や反戦活動にのめりこんだこともあります。その全ての行動で親はキズついたはずなのに、教員採用試験で川崎、埼玉に合格し4/1に採用の所沢選択をしたときも 心良く送り出してくれました。

自立のあがき、迷い、無茶の青年期反抗とも言えるかもしれないです。

また思春期でも 中学の先生から ものもらいで眼帯をつけて登校してもまたケンカか・・、と いつの間にか他校との抗争??のリーダー視もされました。

授業中、教師の間違いを指摘したり、始業前の国旗・国歌掲揚時は トイレか保健室で 直立不動の姿勢を取らなかったために目立ったのかも知れませんが・・・。思春期反抗も人並み以上に経験しています。

面白いもので 色眼鏡でみる人より 血の気が多いだけと見てくれる方がいたから 今の私がいるとも言えるのです。

休職から退職した時も 恩師は「うつ」ではなく、管理職を殴ったのかと本気で心配してくれたのです。
殴っていれば「うつ」にならずにいられたかな・・・などとも思うのですが、

青年期の反抗なのか 本当に「うつ」なのか 状況のいい時 親御さんは お子さんを見てあげてくださいね。

そして、思春期・青年期反抗か病気のためか 私の両親のように「なるようになるさ」「気づく時はあるさ」という 息子を見る目を 息子の成長と見て、親が自己責任を過大に感じないようにして欲しいと思います。

やんちゃだった私を 優等生・リーダー・生徒会長だったと同窓会で未だに勘違いしている「友人」に苦笑する今です。

posted by 小だぬき at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

障害年金認定にテクニックはない

うつ病の友達ブログなどに 最近コメントとして「障害年金2級の受給テクニック」の紹介を投稿される方がいらっしゃいます。

私の初回申請時に言われたことは、医師診断書と自己申告書以外は検討されない、また両方の整合性でいえば 医師の診断書が重視されるということです。

私も「障害年金2級」受給者ですが、人によっては 障害福祉手帳2級・障害年金3級などの例も珍しくないとのこと。

通院している病院でも 「寝たきりの人が 3級認定という場合もあるとのこと」

なにか「受給法の案内」をみても 最大5年さかのぼれるから 1回のみの認定で1600万強受給などという 殆ど不可能に近い設定での商材や4回更新で1600万とか さも簡単に認定をうけられるようなことをいう商材があるのです。

障害年金2級申請には、初発症診断から1年6ヶ月経過時点での 症状固定化、生活に介助が必要で労働不可との認定基準をクリアーしないとなりません。

何せ 厚生(共済)や国民年金基金からの お金の支出になるのですから、審査は 認定を通すというより いかに落とすかに重点があるようだとの ソーシャルワーカーの声さえ出るほどのものです。

私の初回認定は 画期的な事だという声が 病院患者相談室から頂いたほど 入院患者さんでも認定は困難極まるのです。

共済支部での初回申請時に 心象を悪くするだけだから 違う文書の添付(時系列の状態)などはしないほうがいいと助言も頂きました。

今月の更新手続きは 共済本部直接送付なので 「人の情」も入る余地はありません。

もし、ブログを持っている皆さんに 「障害年金2級受給で ゆとりある療養を」などとのレポート勧誘が来ても無視して 買ったつもりで 地区にある国民年金機構出張所か病院患者相談室の交通費に充てた方がいいし、市役所や会社などの「福祉のしおり」などを熟読された方がいいと 年金更新月になっている小だぬきは思います。
posted by 小だぬき at 07:02| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

主治医と患者のとらえ方の違い

昨日の年金申請用診断書


無事、「診断書」をいただいたのですが、自分の状態を突きつけられたようで ショックでした。

未だ抑うつ感が強く、何かの出来事に遭遇すると急激に悪化の怖れがある。
「希死念慮」が時としてあり、生活には危険な状態が続く。
生活面では 全般的に介助を要する。
疲れが酷く 就労はできない。

  などなどの文言が・・・。

私自身の自己申告に、一人でできると改善をアピールした部分も 医師評価は 健康・衛生では最低評価。

安定していると感じていた情緒、交流部分も マイナス評価。

自分の受け止め方と医師の判断は違うといわれ、正直に診断書と自己申告を 公立学校共済組合本部あてに昨日投函しました。

ダメージの1つに 治療の見通しに「不明」とあり、まだまだ長期戦かとため息をつきました。

弟の死について、部屋掃除についても報告してきたのですが、緊急時のための「行動」と判断され、自分のための行動ではないのだから 今週の「無力感」は 反動として当然に予想されたこと。

今回も前回と同じ宿題「とにかく 休みなさい。楽しみを見つけなさい」といわれました。

今、一番悲しく泣きたいのは「息子さんに先立たれたご両親です」、法要までは ご両親のことを考えてください。

そして、連休明けくらいには 小だぬきさんが家族と一緒に旅行でもしてこんどは 両親とともに食事や温泉、会話を楽しむことが 出来ればいいですね。との励ましを頂きました。

自分では 前進しているつもりだったのですが、医師には前進と後退が激しく、初期症状より注意が必要との所見です。

初診は 平成18年11月6日なのですが、内科のカルテも検討してくれて発症は平成15年5月頃とも書かれていました。
前任校の学年主任時代・視聴覚主任のころから 発症していた可能性も記述されていました。

ベテランだろうと 仕事や分掌に負担がかかった年代と組合分会長が重なった数年の勤務から 問題提起した診断書でした。
posted by 小だぬき at 07:41| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

議員歳費、政党助成金・・・

民主党政権になってから 「仕分け作業」など 目にみえる形での税金の使い方のムダが公開されるようになってきました。一歩前進です。

普天間基地についも 自民党では10年以上棚上げにされていた問題を 解決しようとしています。
しかも5月末までと期限をきって・・・。
沖縄県民の9万人の反対集会も背中を押してくれるでしょう。
沖縄の占領状態を解消する 絶好の機会です。
海兵隊の運用は 米国が考えるべきで 独立国の日本の考えることではありません。
米ソ冷戦時代、もっとも危険といわれた北海道では、立派に自衛隊の集中配備で 乗り切れました。

海兵隊の運用で日本国内に あくまで米軍が必要だと主張するなら 今度は逆に 沖縄に自衛隊を重点配備して、米軍に「北海道」に全ての機能を移転させる案なども 大胆に模索されていいと思います。

また、議員歳費や政党助成金などは 減額と廃止に踏み出すことも期待したいです。
議員は 民意の代表であり特権階級ではないのですから 可能な限り 自らの懐からメスを入れるへきと考えます。
政党助成金を受け取らなくても 党財政が成り立っている共産党を見本に 与野党とも一致して「政党助成金」という 税金の支出は止めるべきです。

自分達には甘く、庶民には厳しくなんて 時代錯誤も甚だしいと 良識ある議員さんたちは 考えないのでしょうか・・・。

また米軍の「思いやり予算」を支出しているのは 日本だけです。自国の軍隊の維持経費を日本に負担させ平然としているアメリカは 日本を「独立国」と認知していない証明ではないでしょうか・・・
posted by 小だぬき at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

昨日の晴天から・・・

昨日は、爽やかな天気の中、1週間が始まりました。

土曜日の法事までは心身とも お休みモードです。

日曜日までは、自分の疲れをとるために シングルのある温泉宿で3日ほど温泉につかる気持ちでしたが、どうも頭が重く 結局 家で静養することにしました。。

珍しく両親から 中華の招待を受け 昼食にでたのですが、父母の残りを含め 2人分程を完食。

今、映画化で話題の「告白」を購入したのですが、一つ一つの文節が重く、なかなか前にすすめません。
HIVと子どもの死、中学生の殺人、教師の復讐など・・・。
まずは この読破をこの1週間の課題にしたいと思っています。

それと4月〜 薬科基準・診療報酬の改定があり、全体負担が少し軽減されたようです。
多くの皆さんが 障害者手帳・自立支援医療の申請をためらっているようですが、是非 申請して欲しいと 経済的にも思う小だぬきです。
posted by 小だぬき at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

眠れる「冬眠」小だぬき

無性に眠い日々です。

私が 不調の時 独(毒)で良かったと思います、こんな状態では いけないと思いつつも いつの間にかベットへ潜り込んでいます。

1年中「冬眠」に近い状態が・・・・。

ただ通院と「傷病手当て申請」の時は 動けるのだから「ま、いいか」の居直りです。

今月は、なんとか1日休みのみで ブログを書けているのが救いです。

この病気になって 多くの皆さんと知り合いになれたことが 財産です。

ブログをリンクしてくださっている方の紹介に「多くの雑学を 4次元的視点からみているブログ」とありましたが、少なくとも 多数派に流されない視点と紹介されるようにブログも公開していきます。

朝から雨を覚悟していたのですが、それにしても降り方が半端ではなかったです。

今日もいい1日になるように「頑張り過ぎないようにガンバ!!」です。

posted by 小だぬき at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

個性ある連休を!!

高い、混雑、疲れてまで・・・

退職時在籍した学校は 4/30が「開校記念日」。

今年は7連休となります。

私は、退職してからは、平日を利用して宿泊して 出来るだけ安くて混雑しない温泉旅行をしています。

この連休で 運転手を勤めるお父さん、お母さんの疲労は大きいでしょうね。

以前から批判がある 連休料金のホテルや宿も多く、しかも観光地はどこも満員で順番待ちでは「連休は嬉しいが、家で寛いだ方がいい」という心境になりませんか・・・・。

ところで 今日の祝日を「緑の日」と記憶されている方と 「昭和天皇誕生日」と記憶されている人、「昭和の日」の割合はどの程度いるのでしょうか・・・。
***********************************
連休明けが 新入社員・学生の第一の心的危機だと思います。

入社・入学・進級などで 張り詰めていた心身に「空白」が生じ易く 連休後の体調を崩すことが多いものです。
俗に言われている「五月病」の危機です。

就職難の中、就職できたフレッシュマンが 生活習慣の崩れや適度な緊張感の持続がなく「働くことの疑問」が生じないようにしてください。

posted by 小だぬき at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

4月の終わり・・・

1年の1/3が終わる日、新卒・進学者・転勤者は 新環境で過ごした区切りの日。

もう 1/3と考えるか、やっと1/3と考えるか、精神状態しだいですね。
私は「もう・・・」派です。
弟の死による1ヶ月半も 随分昔のような感覚。

明日の49日法要で一区切りです。

今日は、明日に備えて出来うる限り 生活リズムを戻していきたいと思います。
「言うは易く行うは難し」ですが・・・・。

晴れ間が覗いています。
何しても「眠たい」季節ですが、「頑張り過ぎないようにガンバ!!」していきます。

posted by 小だぬき at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする