2011年02月02日

新聞を止めました。

2月から3ヶ月、新聞の空白期間をおきました。

・論調、記事の偏り
・毎日届く 記事のおかしさ
・購読費の節約

テレビなし1年間でも ラジオがあれば「情報」には 困らなかったし、良いドラマなどは DVDの値崩れが大きく買っても1000円以下という値段がつくようになりました。中古なら500円のワンコインで足りるほどになりました。

新聞の問題点は 公平中立をうたっていながら、「推定有罪」報道や「ある筋の話では・・」など 権力リークの記事が多すぎます。
また、広告に依存しているためか「タブー」が多すぎます。

「創価学会」や「天理教」「統一協会」などの 宗教団体??への疑問記事を見たことがありません。

また「国家赤字」や「年金資金」についての 原因追及などもしていません。

芸能事務所や芸能人、暴力団との関係などもまず記事にはなってきません。

最近、自分の立ち位置を 権力側・広告主にシフトし、記事に深みがないのです。

よく小沢氏の「政治と金」というけれど、何が問題なのかの指摘がないに等しく、疑惑の第五検察審査会の議決についても追及の姿勢なし。
所詮「商業新聞」なのでしょうか??

朝日新聞・産経新聞のリストラなども記事になっていません。

「声だかに正義を主張する」ものへの 警戒心だけは持ちたいものです。
posted by 小だぬき at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする