2011年05月25日

捨てられない・・拘り?

ぼちぼち 3.11で落下した 本やビデオ・CDなどを 整理しなくてはと 棚の蔵書整理と落下物の入れ替え作業にはいっているのですが、性格的に「うつ気質」「なのか、蔵書を見ながらため息です。

マルクス教育全書、生活指導、体育同志会、作文の会、算数・歴史関係など、当時のめり込んだ教科がセットで出てきたり、小説も作者ごとにシリーズ全巻がでてきたり、漫画などもシリーズ全巻がそろっていたり・・・・。

昔から 拘りや執着が強かったんだなぁと苦笑です。

主治医の「ずぼらにならなくちゃね」という言葉は 私の拘りの強さを指しているのだと 改めて納得する始末。

どうして ここに赤線を引いたのか・・・、マーカーを入れたのか、1冊ずつ斜め読みして その当時を思い出しているのですから、なかなか紐綴じまで行けない自分がいます。

漫画はかろうじて売れるのですが、専門書は 線を入れたり 書き込みしてあれば まず無理でしょう・・・、しかも蔵書印をおしてあるものは絶望的と 専門古書店に電話で確かめて 徐々に処分です。

脳の一部に定着している部分もあるのだから ライフワークにしている 沖縄戦関係図書と沖縄県史をのこして 処分していくつもりですが・・。

拘りの面の投資は 膨大だったのに 退職すると 「図書館派」であれば こんな苦労はなかったのかな・・・。手元に置き、直接本に書きこむ手法が 古本屋に拒否される結果に・・・・

「引き取ってください」と呼びかけられないのも 私自身の中に その人の今の必要な本は自分で選んだほうが 身になるとの拘りです。

最終は 来年7月のアパート契約更新時までに 実家近くの1ルームに移れることを目標にしたいと思います。
今は2DKの住まいで 年金暮らしには 家賃負担が重くなっている状態です。

今日も 衆参議院委員会を見ましたが、見ていても一歩も事が進まない状況にイライラするだけで 今日は あえて報告なしにします。

ただ、今でも徐々に核汚染区域が風向きによって 全国に拡散していることは事実のようです。

たまには デートの報告もしたいのですが、相手がいなくてはね・・・・、トホホです。
posted by 小だぬき at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト