2011年06月19日

思いつきだけだったのか 原発見直し!!

今日、菅首相が 安全基準を満たせば 原子力発電所の再稼働を認めると発言したとのこと。

多分、夏場の電力不足回避を理由にしてだろうけれど では なぜ「浜岡原発停止」にこだわったのか、説明がつかない。

少なくとも 私は東京電力福島第一原発の事故収拾と教訓を得てから 国民投票で「再稼働」を認めるか「原発廃炉」に向かうか問うてからにして欲しい。

今の菅首相や政府が 安全基準をクリアーしたといっても 原発立地県は「安全ですか・・・、では再稼働を認めます」なんて 安易になびくものか!! 
福島第一原発でさえ 国の安全基準を満たしたと認められて運転されていたにもかかわらず 地震と津波と施設の老朽化で 未だ暴走をしているのに、国を信じろという方がムリでしょう。

3.11の教訓では、「絶対に重大事故はない」との「安全神話」のもとに 原子力発電所が運転されていた「経済優先主義」「収益優先主義」が、コントロール不能の大事故になったのでしょう。

原発を仕方のない発電手段だと認める人でさえ、福島の原発事故から大事故・放射能漏れを防ぐ 教訓と緊急停止が保障されない限り、再稼働なんて 常識的に認められるはずはないではないですか・・・・

いまでも 海洋・大気・土地の放射能汚染の加害国になってしまっているのに 安易に 電力需要のための再稼働なんていうのは狂っている。
菅政権のエネルギー政策も 「国民の安全」のためとの理念ではなく、その場その場の日和見政策でしかなかったことになります。

今、日本列島は どこで地震が生じてもおかしくないと学者がいうように 海底岩盤が脆く または 移動している状態なのにです。

もし 他の原発で再稼働して その地に地震が襲った場合、福島第一原発のようにコントロール不能にしない対策があるのなら まずそれを丁寧に国民に説明すべきでしょう。

その対策がない限り「原子力安全委員会」「原子力保安院」のいうことを 素直に信じる国民なんていないでしょう。

菅さんは 日本国民を犠牲にする可能性と、電力需要を満たすのと 両天秤にかけ、国民の生命・財産を軽視したわけですね。 

皆さんの地元に原発がある方達、今の政府の「安全宣言」なんてしんじられますか!!

私は 菅首相の延命のために 命を玩具のように扱われるのはイヤだ!!

人間の手で 放射能をコントロールできる確信が持てるまでは 再稼働は絶対に反対です。
こんな 国民の命を コロコロと弄ぶ人物が「総理大臣」と思うだけでも 恐ろしい。

新しい災害が起こる前に 保身だけの日和見的権力亡者は、退散して欲しい。

今は 原発被害をこれ以上拡大しないためにも 闇将軍だ院政だという派閥のボス達が 政治力で原発を抑え込めるか 協力して前面に出て欲しい。
放射能は 与党支持だ、野党支持だに関係なく 国民の身体をむしばむのですよ・・・・。
挙国一致 「原発事故対策内閣」を 「菅首相信任決議」否決で実行しましょう。

権力亡者が 解散しそうなら 政治空白を避けるため与野党で素早く時限法で「震災・非常時 参議院議決優先案」を提出し 解散権の濫用防止をしましょう。

posted by 小だぬき at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今の会津魂と第2戊辰戦争

性懲りもなく 1986年12月30・31日 日本テレビ放送の 森繁久爾主演、主題歌 掘内孝雄「愛しき日々」の 「白虎隊」DVDを見ました。

何か 今の福島県や東北地方の置かれている(否、日本全体)」が置かれている放射能被害、地震・津波被害と ダブルものを感じたからです。

今の薄っぺらなドラマと違い、25年前にこんなに重厚な作品を作っていたのか・・・・、と 観る度に新しい発見があります。
比較的に安易なドラマ・ドキュメントが多い中で DVDで 良質なドラマが何回も観られるのは嬉しいことです。

災害遭遇時や生き方の「義」「信念」の部分です。

菅首相が 奇兵隊の高杉晋作を模範にというなら 大みそかの紅白歌合戦の裏番組に 正攻法でドラマ作りをした過去の日本テレビの熱気を持って制作された幕末物を観て欲しい。

立場は違えども 討幕・維新に関わった若者の真摯な生き方を学んで欲しい。

坂本龍馬暗殺も 京都見廻組説が 有力ですが、武力制圧否定派であった龍馬だけに 討幕軍による粛清という面も考えていいと思います。

なぜ こんな突飛な思いになるかというと 東京電力福島第一原発の周辺は補助金や交付金で 正常時では豊かだったかもしれない原発周辺地域を 死の土地にしてしまいました。

事故原発の電力は 福島県ではなく 首都圏に送られていたものです。

福島・東北各県が 形は違え 中央政府や行政の犠牲になった構図の再現ともいえます。

関東でも 雨が降れば「放射能の雨」だから濡れるな!!  と 不安な拡がりを見せる放射能被害。

このドラマの中のセリフ「どんな国を作るか見届けてやる」「犠牲が大きければ大きいほど、高い代償で まともな国づくりをさせてやる」という言葉があります。

この原発事故の代償も 限りなく大きく 福島の行政組織をマヒさせています。
戊辰戦争でも大きな犠牲があったのは 郡山・福島・二本松・会津など福島県です。

それこそ 東京電力福島第一原発事故は 中央政府・企業の東北軽視の歴史的流れでしょう。

太平洋戦争・大東亜戦争の将兵の 戦死率が高いのも 東北地方です。

東日本大震災の復興に当たっては、東北各県がしっかりと連携を組み 東北の生活基盤・生産基盤強化の復興にして欲しい。
東北地方の「耐える、我慢する、沈黙する」では 前進できません。

組長さん中心に「理不尽に堪えない、我慢せず主張する、主張を発信する」くらいであって欲しい。

これからは、東北だけの問題ではなく、原発事故の処理如何では、日本全体が核汚染地帯になってしまうのですから・・・。

第一の敗戦が 昭和20年なら、今回の闘いは 敗戦の許されない原子力との闘いです。
今後の 歴史に「原子力の安易な管理と事故対応のまずさのために滅びた 日本という国があった」なんて記述はご免です。

今の政治に求められるのは、それほど 重大な事故であり、1日も早く 核汚染対策一本に集中して放射線漏出を止めることです。
原子炉安定停止してから 与野党の党利党略はして欲しい。

勿論、菅首相のリーダーシップのなさが 露見している以上、早く交代をすべきでしょう。

震災復興を真に言えるようになるには、原子炉の安定停止が欠かせないと思います。
なにか 復興庁構想も 原子炉安定停止が先にないと 絵に描いた餅になりかねません。

岩手・宮城県などの復旧が進みました。でも放射能拡散のため住めませんでは 話にもなりません。

党派を超えて、東北選出議員連盟で 原子炉安定停止 → 各県の 思い切ったインフラ整備と過疎対策を 進められるのではと期待しています。 
posted by 小だぬき at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト