2011年06月28日

身近な不思議

生活していて ちょっとおかしいよ、不思議だなぁと思うことをかいてみたいと思います。


◆自働販売機での値段

コーヒーやスポーツドリンクなどの値段の違い。定価が120円・150円の物が 100円とか80円とか・・・、定価があってもないような??
無論、同じ製品なら安いものを買うのですが・・・、定価で買うのが 馬鹿らしく思う状態は正常なのだろうか?


◆アイスクリームの消費・品質期限

時々 旅行すると 流行っていなさそうな店で 霜がべったりのアイスクリームに出会うことがあります。乳製品だから消費期限がありそうなものの 期限が明示されていない。


★DVDや新刊本

DVDも発売当初は 4000円近いのに 半年もしないうちに 2000円・1000円程度に値崩れする。
これでは、少し待つかという気持ちになりませんか??  

新刊本も装丁のしっかりした本が 文庫や新書になるのが 早いような気がする。
私などは、貧乏症なのか 見かけた時に買わないと 絶版の恐れありと装丁本をかうのですが、電車などで文庫版を読んでいる人を見かけると複雑な気持ちになるのです。


★新聞の休刊日と粗品

勝手に新聞社の都合の休刊日が 増えていませんか・・・。配達員の休養のためというのは 新聞社の都合で 事件がないわけではないですよね。
それと 謎なのは 新聞購読の時の 石鹸や米・品物のサービス。これも長期講読者にはなく 短期講読者の方が結果的に得をする宅配販売。
いつも紙面では、適正勧誘・粗品廃止をいう 朝日新聞・読売新聞に 多い。「本誌と販売店は違う」という屁理屈でしょうか??


★役所の「申請主義」

私も今まで多くの人に勧めた「自立支援医療」なども 知らなければうけられません。必要な人でも申請しなければ 受けられない申請主義を行政は採用しています。
障害者手帳・年金・国民保険・生活保護・地方税などの減免、保健婦さんなどの巡回サービス、葬祭費補助制度など しらないまま生活している人がいます。
制度を知っていれば ガンなどは身体障害1級に該当し、治療費などは全額保険適用になります。ムダな民間保険の特約などは 知ることによって防止できます。


★カビの生えない食パンや生菓子

今は 多くの企業で 防腐剤や添加物を使わない物が多く出ているので 消費期限が短くても 安心して食べられますが、物によっては消費期限が1ヶ月とかの菓子パンがあります。そんなに長持ちの防腐剤で 人体に害はないの・・・と疑いたくなる食品もあります。

前職の時、給食の残りのパンを 机の中にいれたままにする子がいました。毎日観察していたら 青カビがでるまで10日前後でした。
なにか ゾーッとした記憶があります。


★なぜ コンクリートの公園にするの・・

都会の公園の多くが コンクリートになり、きれいなトイレ・ベンチ・植樹・水道があるのですが、子供の遊びに対する禁止事項がやたらと多いのです。ボール駄目、鬼ごっこ駄目・・・・・
よく大人は 建前で「よく遊び、よく勉強する」が 大事だといいながら  皆さんの周りに野っ原や自然が保存されていますか?


★政治家になると資産が増えるの??

元々資産家ばかりが政治家になるわけではないでしょうに、なぜか何期か努めると 家を持てたり 株や土地、預金が増えるのが不思議です。隠れ歳費や献金があるのでしょうか・・・・


★なぜ「アップデート」が多いの??

不思議と毎月のように アップデートが多いのは PC愛好者としては 不満です。
未完成なものを買わされ、使いながら 欠陥を修正しているようです。何を意図しているのかハッカーといわれる人達が 簡単に介入できる脆弱性を承知していて発売しているのでしょうか?
それとモデルチェンジが 早すぎるのではないでしょうか?
posted by 小だぬき at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする