2011年07月18日

女子サッカー W杯優勝

私と同様に 心地よい応援疲れの方も多いのではないでしょうか・・・・

女子サッカーの アメリカ戦初勝利 = W杯優勝 。

最後まで諦めず 攻め続ける姿、必死で守る姿は 素晴らしいの一言です。

日常は 各自 アルバイトや仕事で生活して、夜 集まり練習を続けた成果が華開きました。

選手やチームをサポートした皆さん ありがとう。

試合を見ていて「諦めない大切さ」「仲間を信じきるチームワークの大切さ」に感動しました。

サッカー協会の 男子優先、女子軽視の風潮の中、チーム力で勝つ 本来の団体競技のおもしろさと感動を与えてくれました。

是非、後継選手が育つような生活と練習環境を 保障する提供する 環境を考えてあげて欲しい。

女子サッカー・ソフト・シンクロ・体操・スケートなどなど  個人負担が大きすぎるように思う。
好きでも練習場や用具、遠征費用・合宿費用などは 嫌でも必要になります。

勝利至上主義の協会の体質も 変える機会になるかもしれませんね。

「試合は会議室でしているのではない、現場でしているのだ」の原点にたつ必要がありそうですね。

posted by 小だぬき at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・好きな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト