2011年08月27日

吉永小百合「勇気あるもの」

私の年代のアイドルです。

「キューポラのある町」の映画は、戦後間もなくの 川口駅周辺の鋳物産業中心の時代背景。
荒川土手周辺が舞台になっています。

「北朝鮮への帰国問題」を少年・少女の目線で描いているのですが、朝日新聞などは この映画そのものを歴史から消したいと思うかもしれない「帰還キャンペーン」の社史の汚点です。

「地上の楽園」どころか 「生きる地獄に何万という人」を 帰還させてしまったのだから・・

「勇気あるもの」は 映画の記憶が残念ながら 忘れています。

posted by 小だぬき at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・好きな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党代表選挙

昨日のニュースです。

海江田氏のマニフェスト回帰が実現するかは、原発事故対応をみても不安のあるところですが・・・・

個人的には 片山総務大臣を推したい所ですが、残念ながら「民間」出身で 衆議院議員でないことが残念です。

誰になっても 闇将軍に 小沢氏・仙石氏がなるようだと 政権も次の選挙で崩壊でしょう。

posted by 小だぬき at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする