2012年01月09日

男の子の育て方

男の子の育て方
2012.1.07 /2012.1.09    NEWS  ポストセブン

お母さんにとって、男の子の子育ては毎日が戦争状態ですよね。

娘の気持ちならまだ何となくわかるけれど、異性である息子の一挙一動は全く予想がつかず、どう対処していいのやらわからないお母さんも多いのではないでしょうか。

子育てにおいては、もちろんしつけも大事。しかし、教育カウンセラー諸富祥彦氏の著書『男の子の育て方』によれば、お母さんの何気ない一言が男の子を傷つけ、彼を意気地なしにしてしまうこともあるそうです。

意気地なしとはつまり肝心なところで実力が発揮できなかったり、将来好きな女性ができても自分から告白できないような状態を指します。息子がそんな情けない男になってしまうなんてお母さんにとってはゆゆしき事態ですよね!

男の子を意気地なしにする母の言葉とはずばり否定的な言葉。そこで当記事では同書を参考に、男の子に言ってはならない代表的なNGフレーズを5つお届けします。

■1. 「どうして●●できないの?」「何でそんなことするの!?」


食事中にじっとしていられなかったり、いきなり走り回ったり、息子の理解不能な行動にお母さんはつい「なぜ?」と声をあげたくなりますよね。
ところが、息子にしたってきちんとした理由があって行動しているわけではありません。ただ、自分のしたいように動いているだけ。
それなのに理由を尋ねられても、息子は困ってしまいます。ただ自分が強く責められたという思いが残るだけです。

■2. 「バカ!」「何度言ってもわからないのね」


息子が自分の言いつけを守らないと、息子を強く非難するような言い方をしてしまいがちです。
しかし、非難されて反省する子どもはいません。直接的な非難は反発を招くか、もしくは「僕はダメ人間だ」という劣等感を植え付けるかで、悪い結果しかもたらさないでしょう。

■3. 「もういいかげんにしてよ!」「いつになったらひとりでできるの!?」


いつもおもちゃを散らかしっぱなしにする息子に怒り爆発……といったシーンでのフレーズです。
しかし、お母さんが感情を爆発させても息子は混乱するばかり。なんとなく自分が悪いことをしたという認識はあっても、「なんでそんなに怒っているのだろう」という不安が先行して、「次からはきちんとしよう」という前向きな気持ちにはなれないでしょう。

■4. 「そんなにグズるのならここに置いて行くから」「いたずらをしたらバチが当たるよ」


息子が言うことを聞かないと、一種の脅しを使うお母さんがときどきいます。しかし、脅された息子としては、お母さんから意地悪をされたとしか思いません。
しかも、この手段を繰り返し用いると息子はしだいに「単なる脅しでお母さんの言うとおりにはならない」ということを学習します。そうなると、母子の信頼関係はガタガタ。最悪の場合、息子はわざと母親を困らせる行動をとるようになるでしょう。

■5. 「そんな変なことしないで」


男の子は好奇心のかたまり。その好奇心の発現が、お母さんの目には“変”としか映らないことがよくあります。たとえば、おでかけ中にいきなりしゃがみこんで虫の観察を始めたり、ガラクタや石ころなどを拾い集めようとしたり。

しかし、息子の行動を“変”の一言で片づけてしまっては、彼の成長の芽を摘んでしまいかねません。
「変なことしないで」と自分の行動を母親からいつも否定されていると、息子は「どうせ母親に叱られるから」と何事にも及び腰な無気力男に育ちます。

以上、お母さんが息子に言ってはいけないNGフレーズを5つお届けしましたがいかがでしたか?
ここで紹介した5つのフレーズは、息子の成長上好ましいものではありません。でも、息子が周囲の人に迷惑をかけたりルール違反をしたりするのを放置することもできませんよね。

そこで次回は、息子の心を傷つけない効果的な叱り方を紹介します。

男の子の効果的な叱り方


前回の記事では、息子を叱るときについ言ってしまいがちなNGフレーズを5つ紹介しました。
5つのNGフレーズはいずれも息子を否定する表現で、息子から勇気や前向きな気持ちを奪ってしまう言葉です。

では、そうした否定的な言葉の使わずに、息子にやっていいことと悪いことを伝えるにはどうすればいいのでしょうか。前回に引き続き教育カウンセラー諸富祥彦氏の著書『男の子の育て方』をもとに解説します。ポイントは以下の3つです。

■1. できるだけ主語を“私”にして伝える


前回紹介した「なんで●●できないの?」とか「バカ!」とかいったフレーズは、いずれも主語が“あなた=息子”です。こうした否定的な表現は、主語を“私”に変えるだけで随分イメージがかわります。

たとえば、「なんで片付けできないの?」ではなく「お母さん、散らかっていると落ち着かないから片付けてくれると嬉しいな」と言ってみてはどうでしょうか。

主語が“あなた”の表現では、相手は自分の言動や人格が否定されたような気になることがあります。これではお母さんの言うことを素直に聞くどころではありません。

一方、主語が“私”だと、否定されたような気になるというよりも、息子はむしろお母さんを気遣うようになるものです。

息子に対して、「こうしてほしい」「これはやめて」と伝えたい場合には、なるべく主語を“私”に置き換えるようにしましょう。

■2. 具体的に説明する


いくら注意しても息子が言うことを聞かないのは、実は息子が“お母さんがなぜ怒っているのかわかっていない”ためであることが意外に多いもの。“やってほしいこと”や“してほしくないこと”は具体的に説明するべきです。

たとえば、電車のなかで騒ぐ息子を「うるさい! 静かにしてよ」と一喝した場合、恐怖心からその場ではシュンとしたとしても、また別の機会には同じように騒いでしまうことでしょう。
この場合、落ち着いた声で「電車のなかでは疲れている人もいるから、静かに座っていようね」と話すほうが、よほど効果的です。

息子が言うことを聞かないのは反抗的な気質のためではありません。“なぜいけないのか”や“どのようにすればいいのか”を根気強く説明しましょう。

■3. ポジティブなメッセージをいれる


息子の行動を改善したい場合に、最も威力を発揮するのはポジティブなメッセージです。
つまり「●●君ならできるよね」というフレーズを加えると、息子はお母さんの信頼・期待に応えようと頑張っちゃいます。

“叱る”というのは咄嗟の出来事であることが多いので、いくら気を付けていても前回の記事で紹介したNGフレーズが口をついて出てしまうこともあるでしょう。

そこで「しまった!」と思ったら、すかさずポジティブ・メッセージを。「君はできる男なんだよ」という母親からのメッセージは息子にとって何よりも励みになります。

叱るときに限らず、日頃からポジティブ・メッセージを発するように心がけていれば、本当に厳しく叱らなければならない場合(たとえば、友達にケガを負わせたなど)でも、息子はあなたの言葉を素直に受け入れやすくなることでしょう。

いかがでしたか? 母親としてはただ息子を甘やかすのではなく、ときにはルールを教えなければならないことがあります。

そういうときは、ただ感情的に叱りつけるのではなく当記事で紹介した3つのポイントをぜひ思いだしてくださいね!

【参考】
※ 諸富祥彦(2009)『男の子の育て方』 WAVE出版
posted by 小だぬき at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成人の日に考える 前へ、明日へ、未来へ

成人の日に考える 
前へ、明日へ、未来へ
2012年1月9日   東京新聞社説

 時代が二つに分かたれました。震災前と震災後。新成人の皆さんは、震災後の希望を担う初めての大人たち。だから、特別におめでとうございます。


 「実感がわきません」。福島県いわき市の避難先のアパートで先々月、二十歳の誕生日を祝うことになってしまった長峰真実さんの本音です。


 自宅は福島第一原発にほど近い浪江町の請戸地区。潮騒の音に親しみ、七キロ先にそびえる原発の夜の明かりを「きれい」と思ったこともありました。

◆振り袖に思いを託し

 その海があの日突然荒れ狂い、集落が丸ごと流されてしまうとは。放射能という見えない壁が、生まれ育ったまちの風景や、お世話になった親しい人を、こんなにも厳しく隔ててしまうとは。


 勤め先のコンビニエンスストアから同僚の車で逃れ、翌日、高台の避難所でようやく両親や弟たちに会えたときのことを思うと、今でも涙が止まりません。


 被災後、二本松市の体育館で二十日間、新潟県南魚沼市の旅館で四カ月近くを過ごし、いわき市の借り上げ住宅に移ったのが七月末。

帰る土地があるのに帰れない。体の中で余震が続いているように、なかなか心が定まりません。


 そんな真実さんが先月、成人式の振り袖をインターネットで予約しました。赤地の裾に花を散らした古典柄。浪江町役場の仮庁舎がある二本松市で、昨日、ふるさとの成人式が開かれました。

ちりぢりになった旧友たちと、あらためて無事を喜び合いました。再会のための晴れ着です。


 大人になって何をすべきか、自分に何ができるのか、未来はかすんで見えません。でも震災の次の年、この新しい年に成人の日を迎えることが、何やら特別な巡り合わせに思えてなりません。

真実さんは、決めました。


 「成人の日を区切りにし、一歩、前に踏み出します」


 自動車の運転免許を取得して、就活を始めよう。幼いころの夢だったパティシエにも挑んでみよう。

今日は、自分のための自分の中の区切りの日。自分に向き合い、自分で何かを決めてみる。

成人の日とは本来、そういうものなのかもしれません。


 失った大きな家は十年前、建築業三代目の父、勝さん(53)が自ら手がけた家でした。

 「それなら、おれももう一度、もっとすごい家を建ててやる」
 家族にとっても、特別な日になりそうですが。

◆自分自身が動かねば

 宮城県気仙沼市の佐々木志保さんは、五月に二十歳になりました。震災後洋菓子店を解雇され、七月から気仙沼復興協会の福祉部に勤めています。


 市内の仮設住宅を巡回し、炊き出しの手伝いをしたり、お茶会を開いて住人とコミュニケーションをとるのが仕事です。


 「震災があって二十歳になるのと、なくて二十歳になるのとでは、大人としての自覚がまったく違っていたはずです」と、志保さんは考えます。


 志保さんも被災者です。しかし、家も家族も無事でした。

はじめは恐る恐る仮設住宅の扉をたたき、住人と言葉を交わし、打ち解け、やがて「ありがとう」の言葉を聞くようになり、志保さんは自分が少しずつ、大人になっていくように感じています。


 志保さんは今、「自分自身が動かなければ、結局何も変わらない。がれきの山も片づかない。でも動けば動いた分だけ、まちは変わる。良くなっていく」と信じています。


 今この国の冬空を、もしかすると、被災地のそれより、もっと大きな閉塞(へいそく)感が覆っています。


 新成人の皆さん。経済の力におぼれ、科学の威力を過信して、ふるさとの森を枯らし、川や海を荒らしてきたのは、皆さんではありません。


 地震列島を原発だらけにした揚げ句、爆発事故を起こさせたのも、雇用と保障を奪っていくのも、一千兆円にも届く途方もない借金をこしらえたのも、皆さんではありません。私たちはその責任から逃れるつもりはありません。


 それでも、時代を変える力を持つのは常に若い人たちです。老いた常識よりはるかに強く、新しい海へ乗り出す新しい船を、操ることができる人たちです。

◆新しい春への足跡を

 雪に埋もれた桜の中で、新しい春が育ち始めているように、小さくていい、維新とか、大転換でなくていい、今日から一歩前へ出よう。自分の力で大人になろう。自分を大人にしていこう。


 新成人、前へ。若い世代よ、前へ。被災地もそうでないまちも、それぞれ一歩ずつ前へ。私たちも、負けずに前へ踏み出します。

posted by 小だぬき at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貴方の絆に表現の間違い…年賀状、悲喜こもごも

貴方の絆に表現の間違い…年賀状、悲喜こもごも
2012.1.8 20:01 westライフ

 平成23年の漢字に選ばれたためか、今年の年賀状のあいさつに「絆」の文言が目立ちました。

 それにしても古い友人との年賀状のやりとりは、年齢に関係なくうれしいものです。

特にパソコン全盛の時代に心のこもった手書きの年賀状をもらうと、気持ちも高ぶります。


 お互い年をとったせいか「時節柄、お体をご自愛ください」という文面も目にするようになり ました。

しかし、この表現が正しい言葉の用法かと問われると、答えはノーです。

「自愛」とは、自分自身の体を気にかけ、大切にすることなので、「お体」とすると重複表現、いわゆる重言になります。

この場合は、「ご自愛ください」と表現すればスッキリします。

このほかにも、原稿に幾度となく登場する重言の代表的なものとして、「射程距離」(射程の中に距離の意味が含まれている)、「背後から羽交い締め」(羽交い締めの動作は背後からすること)などがあります。

重言は誤字や不適切表現と同様に、特に注意してチェックしなければならないものの一つです。

また重言以外にも、よく間違って使われる慣用句があります。

これから時季的に受験シーズンですが、合格発表などで使われる表現の「悲喜こもごも」がその代表例です。

本来の意味は、「一人の人間の心境」を言う語で、悲しみと喜びが代わる代わる生ずる心模様を言うのですが、「合格発表の掲示板前には悲喜こもごもの情景が…」などと、多数の人の場面の描写に用いられていることが多い用語です。


 この場合も誤用なので、「喜ぶ人、悲しむ人さまざまな情景が…」などと、表現を工夫して、現場の記者には出稿してもらいたいと思うのです。


 しかし最近は、合格発表をインターネットで掲示する大学も増えてきており、この表現が合格発表などで使われることは、今後少なくなると思われます。

パソコンやケータイなどのIT(情報技術)メディアの前で、受験生一人一人が「悲喜こもごも」の世界を繰り広げることだけは間違いないようです。(S)

posted by 小だぬき at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする