2012年03月13日

処分するなら「学校長」「教頭」ではないのか!!

下記の記事を読んで 和泉高校の管理職こそ、君が代斉唱府教委職務命令違反で 処分すべきではないかと思いました。

卒業式を主催する学校の管理職が 自分の部下教職員の監視に当たる異常、どう自らが「斉唱」しながら 職員の口元の確認をするのか・・・・。

式場の配置がどうなっていたかは不明ですが、卒業生の晴れの卒業式の舞台で 生徒の顔を見るのではなく、職員の口元をみていることに 管理職らは異常とは思わないのだろうか・・・。
また、自ら斉唱をしながら 職員の口元を見ることが可能なのか??  もし可能としても 卒業生より部下教職員の監視にあたる管理職は、教育公務員としての適格性に問題はないだろうか??


正直、私が現職の頃、教員として自信のないものが管理職試験を受ける。現場の状況より教育委員会に軸足を置いている日和見、などという「問題管理職」追求を 現場では考えざる得ないご仁が多かったのです。

教職員からも児童・生徒からも人間的・教育者として尊敬される管理職が 年々少なくなっているようです。


和泉高校の中原徹校長、あなたは 卒業式の時 教育者でしたか??  
それとも行政の末端管理職だったのですか??


************************************
<君が代斉唱>歌っているか口の動きチェック…大阪の府立高校

毎日新聞 3月13日(火)11時30分配信

 大阪府立和泉高校(岸和田市)で2日に実施された卒業式の君が代斉唱の際、学校側が教職員の起立だけでなく、実際に歌っているかどうかを口の動きでチェックしていたことが分かった。

式典終了後の事実確認で、1人が起立しただけで歌わなかったと認めたため、府教委が処分を検討している。

同校の中原徹校長は橋下徹・大阪市長の友人で弁護士
。同市長が府知事時代の10年4月に民間人校長として採用された。

 府教委などによると、式には教職員約60人が出席。
府教委が事前に全校長に出した「起立斉唱を目視で確認」との指示を受け、教頭らが起立状況に加えて、口の動きをチェックした
全員が起立していたが、このうち3人について口が動いていないと判断し、1人が歌わなかったことを認めたという。

 府教委は1月、府立学校の全教職員に起立斉唱を求める職務命令を出し、2月にあった卒業式で起立しなかったとして今月9日、17人を戒告(懲戒処分)とした。

 中原校長は13日更新した自身のブログで、府教委から「明らかに歌っていない教職員をチェックしてくれればよいとの指示を得た」とし「府教育委員会からの職務命令・指示を順守した」と主張。

歌わなかったことを認めた教職員は「次回からはちゃんと歌う」と謝罪したとしている。

 橋下大阪市長は13日、記者団に「起立斉唱の職務命令が出ているのだから、口元を見るのは当たり前で素晴らしいマネジメント」と述べた。【田中博子、茶谷亮】

posted by 小だぬき at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホーム転落事故 周りの声掛けが命綱に

ホーム転落事故 周りの声掛けが命綱に
2012年3月13日    東京新聞社説

 いつまで同じ悲劇が繰り返されるのか。
また目の不自由な人がホームから落ちて亡くなった。
点字ブロックだけでは視覚障害者を守りきれない。安全柵づくりとともに周りの声掛けを進めよう。


 埼玉県川越市の東武東上線川越駅で先週、視野が極めて狭いマッサージ指圧師の橋本彰雄さん(62)がホームから転落し、七秒後に急行電車にはねられた。

 ホームの端と点字ブロックの間を歩いていて足を踏み外したらしい。その様子が監視カメラに写っていたという。


 事故発生と同時刻の午後一時前、現場に立った。ホーム最後部の近くだ。
急行を待つ人がどんどん増え、点字ブロックの近辺に大勢が立ちふさがった。


 利便性や安全性を考え、普段から乗り降りする位置を決めている視覚障害者は多い。電車の到着を告げるアナウンスが流れ、橋本さんはいつもの乗車位置へと急いだのではないか。他人にぶつからずに歩くには、ホームの端でなくてはならなかったに違いない。


 しかし、白杖(はくじょう)をついた目の不自由な人が危ない場所を歩いているのに、周りの人は誰も声を掛けなかったのか。注意を促したり、手を引いたりすれば落ちずに済んだかもしれない。


 居合わせたみんなが無関心だったとは思えない。相手の尊厳を傷つけないかとためらう人も少なくない。だが、ヒヤリとするような場面では迷わず声を掛けたい。


 点字ブロックそのものも古いタイプだった。ホームの内側と外側を示す「内方線」と呼ばれるライン状の突起がついていない。しかも周辺の床面と同じ高さに埋め込まれ、靴底では点字ブロックと気づきにくい。改善が急がれる。


 点字ブロックだけでは万全ではない。昨年七月に全盲の男性が落ちて亡くなった東京都町田市の東急田園都市線つくし野駅のホームには、既に最新の「内方線」のついたタイプが設置してあった。


 やはり安全対策にはホームドアが欠かせない。視覚障害者の相次ぐ転落事故を受けて国土交通省は、一日に十万人以上が使う大規模駅に速やかに設けるとする目安を示している。


 東武鉄道によれば、川越駅をはじめ全路線で九駅が対象だが、いずれもホームドアの設置計画はないという。
国や自治体は資金繰りや技術開発を後押しすべきだ。


 声掛けも点字ブロックも鉄道業界にとっては脇役でしかない。それに頼り切ってはならない。

posted by 小だぬき at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする