2012年04月03日

気を付けて!先輩OLが「イラッ」とする新入社員のNGマナー

気を付けて!先輩OLが「イラッ」とする新入社員のNGマナー
2012.04.02 18:00   NEWSポストセブン

新たな人生のスタートを切る春、会社にも社会人デビューをする人が入ってきます。

これから新入社員となる人もどきどきしているでしょうが、受け入れる先輩方もいろいろ思うところがあり。


スターツ出版株式会社が運営する女性向けWebサイト『OZmall』では、4月から社会人デビューをする新社会人向けに、先輩社員の本音など、様々なアンケート調査を実施しました。


先輩社員が気になってしまう、“新入社員のマナーで特に目に付くポイント”はどこなのでしょうか?



■一番気になるのが敬語! 取引先へのタメ口はもってのほかです


1,317人の先輩OLによる回答で1位となったのは、「敬語の使い方」でした。中には、「社内では笑い話になっても、取引先の方にまで敬語が使えず驚いた」なんて経験をした人もいたようです。


敬語が使えないのがその人だとしても、会社員である以上、失敗したら会社の名前も傷つきます。社会人マナーの最低限なものとして、敬語はきちんと使ってほしいですよね。


続いて2位は、「出社、退社時の挨拶」。

このアンケートに参加した先輩OLは、「挨拶はきちんと出来なきゃ社会人失格でしょ」と回答。ぜひ新入社員は気を付けてほしいものです。


3位は、「注意をされたときの受け答え(怒られ方)」。

これについては、「きちんと謝れない人が増えてきた気がします。上司に怒られても言い訳したり、ごめんなさいの一言が言えなくて反省しているのか分からない」という厳しい声が……。


そして、4位には「オフィスでの私語・態度」、

5位には「電話の取り方」、と続いています。



どれも新入社員にはありがちなNGマナーですが、それぞれについてよく見てみると、自分の新入社員時代を思い出してしまう方も多いのではないでしょうか。


ちなみに5位に入っている電話の取り方については、私にも覚えがたくさんあります。ある会社に電話したところ、応対に出たのはどうやら新入社員らしき男性。

最初のうちはよかったのですが、途中から急にくだけた調子になり、「あぁ、それOKっすよ。また電話してもらったらいいと思います」と返されました。


こういう経験、一度や二度ではないので、もう慣れてしまいましたが……。とりわけ5月あたりに増えるのは、新人研修が終わって、各部署に配置されたからではないでしょうか。


しかし逆に、こんな意見もありました。


「変に気を使いすぎで、雑用を全部やろうとする。雑務のために雇っているわけではないし、“それくらい自分でできるよ……”ってことも率先してやろうとするので、“そんなことより自分の仕事をして……”と思ってしまう。

気の使い過ぎは、かえってNG」

確かに、何事にも限度がありますよね。とはいえ私たち先輩世代も、新入社員のときは怒られながら学んでいったはず。頑張って直して、成長してくれるよう応援したいですね。
posted by 小だぬき at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト