2012年04月08日

雨の日に鼻水がたくさん出るのはなぜ?

連載:知りたくもない!?カラダの不思議

雨の日に鼻水がたくさん出るのはなぜ?
2012.04.07  zakzak

飛散量が爆発的に多かった昨年に比べると、飛散量が少ないとはいえ、やっぱり今年もまだまだキツイ花粉シーズン。

 いつもはユウウツな雨の日が、花粉の時期ばかりはありがたい…なんて人もけっこういるのでは?
 でも、そんな花粉症の人にとって「恵みの雨」に思えるときでも、不思議なのは、変わらず鼻の調子が悪いこと。本来、一時的に花粉が飛ばなくなるはずの雨の日に、なぜか晴れの日と同じく、あるいは晴れの日以上に鼻がグズグズしたり、くしゃみが出ることがある。


 また、雨の日に室内にいても、くしゃみがとまらないことがあるけど…。これって、ハウスダストか何かなのだろうか。都内の耳鼻科医に聞いた。

 「雨の日に鼻水が出る理由に関しては諸説ありますが、基本的には低気圧が来ると雨が降り、この低気圧が鼻水にも影響しているというのが一般的なんですよ」

 雨の日の鼻水は、花粉に対する反応ではなく、低気圧による影響という説があるそう。

 「『雨の日に古傷が痛む』というのは、一般的に低気圧との関係という考え方がありますが、鼻水に関してもやはり同じことが言えるようです。

というのも、高気圧のときに比べ、低気圧のときには血管が拡張するために、しみ出して鼻水が出るという説があるのです」

 また、低気圧によって自律神経の働きが狂い、副交感神経が優位となって、鼻水が出るという説もあるそうだ。

 「交感神経と副交感神経のバランスと鼻水の関係性は指摘されていますが、一般的にスポーツをしているときなど、何かに集中しているとき、交感神経が優位になっているときには鼻水は出ないんです。

でも、家でリラックスしているときや寝る前など副交感神経が優位になっているときには鼻水が出るという特徴があります」

 確かに、風呂に入った後にくしゃみが止まらない…なんて人、けっこういるのではないだろうか。

 ちなみに、風邪気味や寝不足など、体調の悪い人にも低気圧の影響が出ると考えられているらしい。

まずは規則正しい生活に努めてみるか…。
posted by 小だぬき at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀井静香氏・亀井亜希子氏の完封勝ち。爽やかな離党会見

12/04/05 大岡政談−亀ちゃんの完封勝ち◆日刊ゲンダイ 



今回は、洞察力に富む亀ちゃん=亀井静香氏の完封勝ち。
他方、鈍感力に富む面々は、公党代表が連立離脱を2日・2度に亘(わた)って首相公邸で通告の客観的事実の意味を、未だ認知し得ず。

企業に例えたなら、合弁関係の解消を一方の代表取締役が宣告したのが3月29日夜半2時間8分間、翌30日早朝17分間のトップ会談です。

にも拘(かかわ)らず、執行役員である下地幹郎幹事長は、党所属8名の国会議員の6名が今回の消費税増税法案の閣議決定に賛成、と藤村修官房長官に伝え、それを「根拠」に自見庄三郎「金融担当大臣」の“花押(かおう)”は有効、と現時点で野田佳彦内閣は“御都合主義”(by共同通信)判断しています。

「代表は、党の最高責任者であって、党を代表し、党務を総理する」と国民新党の党則には明記されているにも拘らず・・・。

況(いわ)んや3月25日付「ミキオブログ」は、「私達の党が代表の判断を尊重するという基本的な考え方には変わりは有りません。この消費税の問題で私共が多数決を取ろうと考えた事も有りません」と記しているの
です。
 
 徳川吉宗将軍の御落胤(ごらくいん)を自称した山伏・天一坊改行の跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)に周囲が翻弄された「大岡政談」を想起させます。

「郵政民営化法等の一部を改正する等の法律案」は、当初の内閣提出“閣法”でなく、民主、自民、公明3会派が共同提出の議員立法。郵政改革に関する特別委員会の質疑で答弁に立つのも提出者の議員です。
関係閣僚は政府の見解を問われた場合に答えるのみ。

即ち、3党が担保する「郵政改革法」という赤児は既に国民新党の手を離れ、成立へと向けて無事に旅立っているのです。

なのに、法案成立を経て10月の4社化体制まで与党として見届けねば、と牽強付会(けんきょうふかい)な向きは、手掛けた事業が完璧に始動する迄、自分が役員として担当し続けねば成功しない、と転勤を拒んで駄々を捏(こ)ねる“モンスター・サラリーマン”。

嘗(かつ)て河野洋平、小沢一郎両氏の深夜の会談を取り持った土井たか子女史は、悪評紛々の「小選挙区制」に道を開いた衆議院議長として歴史に名前を刻みます。

社業=政権が安定せず、顧客=国民と乖離する惨状を憂慮し、2年7ヶ月前の「連立政権樹立に当たっての政策合意」に記した「消費税率の据え置き」を朝令暮改したなら貴方は“死出の旅”へと転落するぞ、と最後まで自党の代表が首相に諫言していたにも拘らず、土井たか子女史の二の舞を自ら買って出た面々は、嗚呼、親の心、子知らずです。
posted by 小だぬき at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人暮らしは「うつ病リスクを80%高める」ことが明らかに

一人暮らしは「うつ病リスクを80%高める」ことが明らかに

2012年4月7日(土)23時0分配信 Menjo!y

4月の新年度を迎えて、初めての一人暮らしをスタートさせたという人は多いのではないでしょうか。

家族の目を気にしないですむという自由さがある一方で、ふとしたときに慣れない仕事の悩みや話し相手がいなくて寂しい思いをすることもありますよね。


特に、この春から新社会人になった人の場合、一人暮らしの人は、愚痴を家族に吐き出すことができず、ストレスが余計にたまりやすいかもしれません。


実は、フィンランドで行われた研究によれば、生産年齢(15〜64歳)で一人暮らしの人は家族と暮らしている人よりも、80%もうつ病のリスクが高いのだそうです。


イギリス公共放送局BBCのニュースサイトでは、以下のように報じられています。


何が原因でうつ病になるかは男女で差異があります。たとえば女性の場合は貧困、男性の場合は自分を支えてくれる人の欠如がうつ病につながりやすいです。一方、一人暮らしは、男女双方に同じくらい影響を与えます。


今回の研究では、フィンランド人およそ3,500名(男性1,695名、女性1,776名)を被験者として、抗うつ剤の使用に関する調査を行いました。被験者の平均年齢は44.6歳です。


調査は2000年から2008年にかけて実施され、その間に被験者らの生活スタイルに関する様々な情報が集められました。


例えば、一人暮らしかどうか、人間関係、職場風土、教育水準、所得、職場での地位や住宅の状況、さらに喫煙や飲酒の習慣、余暇の活動などです。


こうした情報を集めた結果、一人暮らしの人はそうでない人よりも、2000年から2008年の間に、抗うつ剤を買う率が80%も高いことが明らかになりました。


なぜ、一人暮らしはうつ病のリスクを高めるのでしょうか。


研究者は、誰かと一緒に暮らしていると、精神的なサポートや、誰かとつながっているという感覚、及びうつ病の予防となる多くの要素を得やすいからではないかと説明しています。


つまり、一人暮らしでは、うつ病のリスクを高めてしまうのです。


今回の研究を主導したフィンランド労働衛生研究所のローラ・プルッキ・ラバック博士は、一人暮らしの人はメンタルヘルスの問題を抱えるリスクが高いとしたうえで、以下のようにコメントしています。


「この種の研究は、リスクを過小評価する傾向があります。というのも、うつ病のリスクが高い人は、最後まで調査に参加できないことが多く、実態を把握しきれないからです。


それに、うつ病であるにもかかわらず治療を受けていない人は、患者の数に入らないという問題もあります」


つまり、今回の研究で、“一人暮らし”と“うつ病のリスク”との関係が明らかになったものの、うつ病の実態解明のためには今後さらなる研究が必要ということですね。


また、精神衛生慈善団体の所長ベス・マーフィー氏は、一人暮らし世帯の増加が国民の精神衛生面に与えた影響は明白だとしたうえで、以下のように述べています。


「孤独になると、人は自分の感情を吐き出す場を失います。自分の感情を打ち明けることは、うつ病と向き合い、これを治療するうえで非常に有益です。


ですから、一人暮らしでうつ病を抱えている人は、単に抗うつ剤に頼るだけでなく、会話方式によるセラピーのような治療法をとりいれるほうがいいでしょう。


一人暮らしの人は、安心して話し合ったり一緒に問題を解決したりする環境が必要なのです」


以上、一人暮らしとうつ病のリスクについてお伝えしましたがいかがでしたか?


この春から一人暮らしを始めた人だけでなく、すでに一人暮らし歴が長い人も、ストレスを抱えた場合には、なるべく早く信頼できる人に悩みや愚痴を吐き出すことが大事だといえるでしょう。


また、あなたの身近で一人暮らしをしている人も、外で見せる明るい笑顔とは裏腹に深い闇を抱えているかもしれません。


なので、彼らが真夜中に突然、電話をかけてきたとしても、どうか面倒がらずにできるだけ彼らの話に耳を傾けてあげてくださいね!

posted by 小だぬき at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする