2012年04月24日

若者はなぜファシストにダマされるのか?

若者はなぜファシストにダマされるのか?
2012年4月20日 日刊ゲンダイ掲載

歴史の暗部に学ぶべき

<橋下大阪市長「理想の男性上司」調査で一気に1位>

 大阪市の橋下徹市長(42)が「理想の男性上司」アンケートで1位になった。

産業能率大がこの春就職した新入社員466人(男性314人、女性152人)から回答を得たもので、橋下は32票を獲得。
昨年の29位から一気にトップに躍り出た。2位は池上彰、3位はイチローだ。

 橋下の政治姿勢はファシズムをもじって「ハシズム」と呼ばれている。

府知事時代は職員の給与カットを断行し、
市長になるや職員の思想を調べるようなアンケート調査を実施。
「君が代起立条例案」を可決し、服務規定に反する職員は断固処分する方針を打ち出した。

 今月2日の発令式では新職員に「みなさんは国民に対して命令をする立場に立つんです」「人が人に命令を出すなんていうのは唯一、公権力を持った者、みなさんしかできないんですよ」と訓示した。

権力こそ正義といわんばかりの姿勢は独裁者そのもの

なのになぜ理想の上司なのか。

「若者が子羊化しているからです」とは社会学者で作家の岳真也氏だ。

「長年大学で教えていますが、いまの若者は10年前と全然違う。自分から“飲み会をやろう”と言えず、誰かについて行こうとするのです。他人にリードされないと何もできない。強いリーダーシップを感じさせる橋下氏に憧れるのでしょう。

しかも世の中は深刻な不況で、誰もが将来に希望が持てない。
第1次大戦後のドイツで若者がヒトラーに熱狂した状況に酷似しています」

 ヒトラーは国民が外国勢力を敵視するよう誘導した。
橋下は公務員という身近な存在への反感を増幅させている。単純な思考しかできない若者は「あいつら、税金で楽をしやがって」と憎悪とねたみを募らせ、それがさらに橋下人気をあおる格好だ

「いまの若者はファシズムを理解していないのです。学校でもヒトラーについてあまり教えないため、橋下氏のように次々と発信する人を見ると、“ブレなくてカッコいい”と感じてしまう。これは危険なことです。

ヒトラーだけでなく、正義を振りかざしながら、結果的に悪事に走った例は歴史をみればいくらでもある。犬を愛するあまり生類憐れみの令で庶民を苦しめた徳川綱吉しかり、仏門の腐敗を正すという大義のもとに比叡山を焼き討ちした織田信長しかり。新社会人こそ歴史を学んで欲しいと思います」(岳真也氏)

 
賢者は歴史に学ぶ――。
posted by 小だぬき at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィンドウズとオフィス、いつまで使える?

ウィンドウズとオフィス、いつまで使える?
XPのサポート期間があと2年を切ったそうですが、そのほかのOSやマイクロソフトオフィスのサポート期間はどうなっていますか?
2012年4月23日 読売新聞)

Vistaは2017年4月11日、
ウィンドウズ7は2020年1月14日。
Office 2003は2014年4月8日などとなっています。

 ウィンドウズユーザーにとっても、最もなじみのあるOSになったウィンドウズXP(図1)。そのXPが安全に使える期間も、あと2年を切りました。なぜ、あと2年しか使えないのか? その理由を理解すると、自分が愛用しているパソコンがいつまで使い続けられるのかが分かります。ここではウィンドウズと、仕事などでは欠かせない文書作成ソフト「Microsoft Office」の二つについて、利用できる期間を確認していきます。

パソコンが使えなくなる2つの理由

 パソコンの寿命というと、普通は故障するまでの期間をイメージすると思います。
確かに、パソコンを構成する部品(CPUやHDD、液晶ディスプレーなどの機械類)が壊れてしまえば、パソコンは動作しません。もし部品が壊れてしまったら、交換などの修理が必要です。


 しかしパソコンには、たとえ本体に問題が無くても、使えなくなる日時というのが決められています。
これがパソコンの抱える、もう一つの寿命、OSの「サポート期間」(サポートライフサイクル)です
(図2)。
マイクロソフトでは、原則として毎月1回、「セキュリティの修正プログラム」(月例パッチ)を配布。安全にパソコンを使えるように対処しています
(図3)。


 サポート期間がすぎると、月例パッチの配布が停止。OSなどの不具合(セキュリティホール)は修正されなくなります。

こうしたOSの不具合は、パソコン内から個人情報を盗み出すといったマルウエア(悪意のあるプログラム)の侵入経路に使われます。
このため、月例パッチが配布されないOSは事実上使えなくなります。

メインストリームサポートと延長サポート

 サポート期限を確認する前に、マイクロソフトが用意するサポートの種類について紹介します。サポートには二つの種類があります(図4)。一つは、メールや電話での無料サポートやセキュリティー以外の修正プログラムを提供する「メインストリームサポート」です。現在、OSでメインストリームサポートに該当するのは、現行のウィンドウズ7だけです(図5)。
もう一つは、月例パッチ(セキュリティーに関する修正プログラム)だけを提供する「延長サポート」です。最近では、ウィンドウズVistaがメインストリームサポートを終え、延長サポートに移行しました。


 では、各ウィンドウズのサポート期間はどうなっているのか?
 まずXPは2014年4月8日で延長サポートが終了します。
Vistaは2017年4月11日に延長サポートが終了
(図6)。
ウィンドウズ7は2015年1月13日にメインストリームサポート、そして2020年1月14日に延長サポートが終了する予定です。

Office 2003もあと2年でサポート終了

 サポート期間があるのは、ウィンドウズだけではありません。そのほかのソフトにもサポート期間があります。利用者が影響を受けるソフトとして、ビジネス文書の作成に欠かせない「Microsoft Office」です。XPとセットで利用されることが多い、Office 2003は、サポート期限が2014年4月8日。XPと共に延長サポートが終了する予定です(図7、8)。


 続いてOffice 2007。こちらは今年10月9日にメインストリームサポート、2017年10月10日に延長サポートが終了する予定。現行のOffice 2010は、メインストリームサポートが2015年10月13日に終了し、延長サポートは2020年10月13日までとなっています。

 メーンで使っているのはウィンドウズ7でも、たまに古いXPも利用している……。そんな方はサポート期間を頭に入れながら、買い替えや乗り換えを検討しましょう。(テクニカルライター/原 如宏/@raitanohara)

関連サイト
▼「Windows 製品のサポート ライフサイクル について」(マイクロソフト)
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/default.aspx

▼「ライフサイクル ポリシー FAQ」(マイクロソフト)
http://support.microsoft.com/gp/lifepolicy

▼ウィンドウズ7の「マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル」
http://support.microsoft.com/lifecycle/?C2=14019

▼ウィンドウズVistaの「マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル」
http://support.microsoft.com/lifecycle/?c2=11732

▼Microsoft Office 2003の「マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル」
http://support.microsoft.com/lifecycle/?p1=2488

2012年4月23日 読売新聞)
posted by 小だぬき at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・好きな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト