2012年05月18日

大相撲 力士ニックネーム

憂楽帳:ニックネーム
毎日新聞 2012年05月18日 13時33分

大相撲夏場所で横綱・白鵬を破って初金星を挙げた前頭・豊響(とよひびき)のニックネームは「平成の猛牛」。

平成と付くのは、昭和時代に猛牛と呼ばれた元横綱・琴桜がいるからだ。


 かつては愛称、異名を持つ力士が多く、
横綱ではウルフ(千代の富士)、津軽ナマコ(旭富士)、

大関ではピラニア(旭国)、南海の黒ヒョウ(若嶋津)。

他にも桜色の音楽(横綱・照国)、白い稲妻(関脇・北の洋)、褐色の弾丸(関脇・房錦)など色付き系、潜航艇(関脇・岩風)、起重機(関脇・明武谷=みょうぶだに)、デゴイチ(関脇・黒姫山)など乗り物・機械系と多彩だった。


 だが今は少ない。

豊響の他に現役では角界のベッカム(大関・琴欧洲)、ロボコップ(十両・高見盛)くらいか。
個性派力士が少ないのと、命名するメディア側にも責任がありそう。


 相撲協会は、ゆるキャラの公式マスコットで人気回復を狙うより、有望力士のニックネームを公募、選定してみてはどうか。

ただし、ブームに便乗して「○○王子」というのは勘弁してほしい。

【大矢伸一】

posted by 小だぬき at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひと:市川寛さん 「冤罪作った」と告白、元検事の弁護士

ひと:市川寛さん 「冤罪作った」と告白、元検事の弁護士
毎日新聞 2012年05月18日 00時25分


 一昨年発覚した大阪地検特捜部の証拠改ざん事件。

テレビに映る逮捕前の検事を見て、思わずつぶやいた。「あのころの俺だ」。
後ろめたさを隠すように、前を見据えた表情。11年前に冤罪(えんざい)を作り上げた自分とそっくりだった。

 新任時代に強引な取り調べや調書の作り方を見聞きした。

「おかしい」と感じつつ染まった。佐賀地検にいた00〜01年、農協の背任事件を担当した。
「ろくに証拠もなかったが、上司の方針に逆らえなかった」。
逮捕した組合長を「ぶっ殺すぞ」と脅し、作文した自白調書に署名させた。

 起訴後、良心の呵責(かしゃく)に苦しんだ。

「本当のことを言わなければ、人間として終わりだ」。自身の暴言を法廷で告白。

組合長の無罪判決が確定した05年、検事を辞めた。

 
 弁護士への転身には葛藤があった。批判も浴びた。

「元暴言検事に資格があるのか」。今も自問し、決意を胸に刻む。「あの時のような不当な起訴を、今度は防ぎたい」


 東京地検特捜部でも、実際にないやり取りを捜査報告書に書く不祥事が発覚した。

担当検事は昔の同僚だった。
「上司にも物言える検事だったのに。なぜ過ちが繰り返されるのか」。自分の体験が手がかりになればと、2月に「検事失格」(毎日新聞社刊)を出版した。


 今でも後輩検事と酒を飲む。「自分の良心に反する処分は絶対にするな」。


うなずく後輩たちに検察の再生を託す。
【安高晋】

posted by 小だぬき at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト