2012年05月31日

大飯再稼働 政府、最終決定へ 関西連合が事実上容認

大飯再稼働 政府、最終決定へ 関西連合が事実上容認
2012年5月31日 07時05分 東京新聞


 関西広域連合は三十日、関西電力大飯(おおい)原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、条件付きで政府に最終判断を委ねる声明を発表した。

これを受け、野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係三閣僚は同日夜、再稼働に関する四者会合を官邸で開き、周辺自治体は再稼働を容認したと判断。

立地自治体の県と町の理解が得られれば、再稼働を最終決定する方針を確認した。

安全に対する不安が強い国民の声を置き去りに、政府は再稼働に向けて走りだした。 

 四者会合は四月十三日に再稼働方針を決め、福井県などの理解を求め始めて以来初。

首相は、関西広域連合の声明を踏まえ「関係自治体の一定の理解が得られつつある」と強調。
夏の電力確保だけでなく、経済の安定と発展のため原発は引き続き重要だ。立地自治体の理解が得られれば、最終的に首相の責任で(再稼働を)判断したい」と述べた。


 会合では、細野豪志原発事故担当相が三十日、鳥取県での広域連合の会合で、原子力規制を一元的に担う原子力規制庁設置までの暫定的な安全確保策として、現地に特別な体制をつくる案を示したことなどを報告。

広域連合側は松井一郎大阪府知事らが「安全基準が万全でないのに再稼働を決めるのか」と反発したが、理解は得られたと判断した。


 ただ、再稼働させる原発の安全性を判断する基準が暫定的という問題は残ったまま。
規制庁設置の関連法案は二十九日に審議入りしたものの、成立の見通しは立っていない。

民主党内にも少なくない再稼働慎重派から「拙速だ」との反対論が噴出するのは確実だ。

(東京新聞)
posted by 小だぬき at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト