2012年09月12日

香山リカのココロの万華鏡:気をつかう子どもたち

香山リカのココロの万華鏡:気をつかう子どもたち
毎日新聞 2012年09月11日 東京地方版

 「いじめ」が原因と思われる子どもの自殺が、何件も起きている。
教育委員会や学校は「いじめの事実があったかどうかは調査中」と判で押したように言うが、家族も含めて「本当に気づいていなかった」というケースも少なくないはずだ。
いじめが原因でうつ病になって受診する子どもや若者もときどきいるが、ほとんどの家族は「これまでまったく知らなかった」と話す。

 では、まわりは無関心なのか、というとそれも違う。
中には「いじめられてるんじゃない?」と繰り返し尋ねたのに、本人が「ううん、そんなことはない」と否定する場合もある。

どうしてそこで正直に、「本当はいじめられてるんだ」と言えないのだろう。
それは、子どもや若者はおとな以上にまわりに気をつかい、「心配かけたくない」「自分のせいで迷惑かけたら生きていけない」と思っているからだ。

「私が悪いからこんな目にあうんだ」と思っている子どももいる。

 どうやら、子どもはおとなが思っているより、ずっとクヨクヨしやすいようだ。

 もちろんそれは考えすぎで、おとなは「迷惑だなんて、思うわけないじゃないか!」「相談してくれたほうがうれしいのに」と考えているのに、それがうまく伝わらない。

そしてすぐに、「私なんていないほうがいいんだ」とさえ思ってしまう。

 そんなことはない。
「いないほうがいい」なんていう人は、ひとりもいない。
そして、悩みを相談したり心配かけたりするのは、迷惑でもなんでもない。
それだけで親や先生が「この子はダメな子なんだ」と思ったり見放したりすることもない。
逆にみんな
、「私を頼ってほしいな」「なんとかしてこの子の助けになりたいな」と待っているはずだ。
もちろん、中には自分のことで忙しすぎて、相談したのにあまり真剣にきいてくれないおとなもいるかもしれないが、そういうときは別の人に話せばいい。

 ひとりがダメだったからといって、「結局、誰も助けてくれないんだ」と思い込むのはあまりに早すぎる。


 診察室や大学の教室では、子どもや若者たちにそう伝えようとしているが、彼らは半信半疑な目でこちらを見る。
「そんなこと言っても、相談したら“うっとうしいな”と思うんでしょう?」とズバリ言われたこともある。

「話すだけで相手にとって迷惑」と思い込み、「自分のせいなんだから自分でなんとかしなきゃ」と殻に閉じこもる子どもに、どうやって「あのね、私……」と話してもらえるのだろう。

posted by 小だぬき at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト