2012年10月08日

病み切ったニッポン 老若男女、上から下までマル奇事件ゾクゾク



病み切ったニッポン 老若男女、上から下までマル奇事件ゾクゾク
2012年10月5日 日刊ゲンダイ掲載

 ニッポンは、老若男女 上から下まで病み切ってしまった。
4日は最高検の公判部長(58)が酔っぱらって電車を遅らせた、なんてバカな話が報じられた。
エリートがこのざまだから、野田政権に生活をメチャクチャにされた庶民は推して知るべしだ。

<90歳老婆が隣家に火を放つ“狂気”>

 石川県輪島市では4日、90歳の老婆が放火の疑いで御用となった。
 捕まったのは無職の倉とき容疑者で、近所の会社員(51)の自宅物置に火を放ち、併設の木造2階建て家屋を含めて約280平方メートルを全焼させた疑いだ。
「現場近くでは07年と昨年の2回、不審火が続いて、地元警察が防犯カメラを設置していた。
今回の火災後に映像をチェックすると皆、ビックリ。近所の婆さんの姿がバッチリ写っていたのです。
一連の不審火も婆さんの犯行とみて調べています」(捜査事情通)

 この婆さん、年齢の割にチョー元気で、自ら火を放ちながら、火災直後のテレビの取材に、「私の家も火がつくかと思った」とハキハキと答えていた。
「婆さんは、被害者宅とトラブルがあったわけでもなさそうです。
杖なしで歩けるとはいえ、腰は90度近く曲がっており、遠出はおっくう。
そこで近所に火をつけたようです」(前出の事情通)
 息子夫婦らと共に暮らしていたが、家族は婆さんの“狂気”に気づかなかった。
カツカツの暮らしの上に、消費増税。身内に気を配る余裕すら、もうない。

<ニート男が薬局で歯ブラシ5本ボキッ>

 島根県出雲市では、無職男(35)がドラッグストアで売り物の歯ブラシ5本を一束にして突然、ひねり潰し、器物損壊の現行犯で逮捕された。
「逮捕前日から市内のドラッグストア6店舗で同様の被害が相次ぎ、いずれも男の犯行のようです」(捜査事情通)
 男は動機を語らず、ふさぎ込んでいるそうだ。
男は地元の商業高を卒業後、地元企業に就職。数年前に会社を辞めてフラフラしていた。
事件の背景には地方の疲弊がある」と男の知人は言う。
「30歳を越えて職を探すにも、ハローワークの求人は“飛び込み営業”くらい。

企業側も〈どうせ辞めても職がない〉と高をくくり、従業員をコキ使う。
若者は職を探して地元を離れ、残るは老人だけという悪循環。
アイツじゃなくても皆、憂さを晴らしたいんです」
 男は二股騒動で話題になった料理評論家・園山真希絵と小・中学校の同級生だった。
「華やかな世界を生きる彼女と、うだつが上がらない自分……。格差も、彼を追い詰めた要因のひとつでしょう」(知人)

<幼い娘2人を刺殺した母親の心の闇>

“子殺し”も後を絶たない。
神奈川県葉山町では3日、9歳と9カ月の娘2人を刺殺した42歳の母親が逮捕された。
 母親は精神障害で入退院を繰り返していたというが、心に闇を抱える母親は増える一方。
男性より女性の方が2倍うつになりやすく、うつ病患者は右肩上がりで100万人超だ。
主婦事情にも詳しいライターの佐藤留美氏が言う。
「政府の子育て支援なんてかけ声ばかり。
私の周囲で〈安心して子育てできる〉と話す母親は一人もいない。
とりわけ働く母親は、誰にも助けてもらえないという閉塞感を常に感じている。
うつ状態じゃない方が少ないでしょう。〈時々イライラしてわが子に殺意を覚える自分が怖い〉と悩んでいる知人もいます」
腐った政治の罪は重すぎる
posted by 小だぬき at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝日を制定日に戻せ!! 亡国の祝日法


今日が「体育の日」、本来は 東京オリンピック開会日(1964.10.10)を記念しての旗日は 10日でした。
旧旗日で育ったものには、他にも「成人の日」「建国記念日」「海の日」「敬老の日」など 旗日移動の「休日法」についていけないのです。

確かに景気の良かった時代は、「旗日の意味」を無視してでも 連休にすることで 労働時間短縮・観光などに一定の効果はあったのでしょう。

しかし、今の経済状態で 旗日の持つ意味を無視してまで 連休を維持・増加させることが適切なのか・・・、国を愛するのは「国旗・国歌」だけでなく、旗日の尊重が原点ではないかと思うのです。

盛んに「愛国心」をいう政府が 旗日を尊重しない、おかしくありませんか?

連休法で困るのは 弱者です。
まず 観光地の宿泊料金が高くなり 経済的に遠出が困難。
パートや非正規雇用、失業者の雇用が制限される。
サービス業労働者などは 休めずに振り替えになり 子供達に寂しい思いをさせる。

もっと深刻なのは、要介護の当人やヘルパーさん、慢性疾患を抱え通院を要する人、
突然の病気発症など 介護施設と病院の問題なのです。

確かに救急指定病院は ありますが、その人の病状の経緯を知っている主治医の病院が「指定病院」とは限らない。
私などのように 職場で検査などを受けていた病院を退職しても使っている例もあるでしょう。

もっと深刻なのは、銀行がATMは利用できても 休みに入るため 約束手形や当座預金の利用ができずに 倒産なんていう悲劇もおきかねない。

安易に移動可能な祝日は 廃止したほうがいい。
でなければ 元の日付に戻し きちんと祝日の意味を考える日にして欲しい。

今の「休日法」で 恩恵を受けるひとより、弊害を受ける人のほうが多いようにおもうのです。

元職の小学校教員の立場だけでも、連休の後の「学習習慣」「生活リズム」の立て直しには 大変な時間を要したものです。

今一度、祝日の意味を考えたいものです。
posted by 小だぬき at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト