2012年11月06日

「ちゃぶ台返し」という言葉

余録:ちゃぶ台を囲むだんらんが日本の代表的な家庭風景…
毎日新聞 2012年11月06日 01時23分

 ちゃぶ台を囲むだんらんが日本の代表的な家庭風景だったのは昭和10年代から40年代までの比較的短い期間だという
それ以前は家族それぞれの銘々膳(めいめいぜん)、以後はダイニングテーブルでの食事となった

▲なのに今も「ちゃぶ台返し」が若者言葉にあるのは、
一つは漫画「自虐の詩」の近年の映画化でダメ男が怒るたびにちゃぶ台をひっくり返したからだろう。
もう一つは一生懸命お膳立てした段取りを上の人の自分勝手でひっくり返されて頭にくる人が絶えないからだ

▲振り返れば民主党政権の「政治主導」を掲げたちゃぶ台返しもひどかった。
長年合意を積み重ねてきた政策を突然ひっくり返してはみたが、新たなテーブルが整えられるどころか、散らかった食事も食器も放り出したままだ。
後片付けは他人任せのちゃぶ台返しである

▲さすがに影をひそめた民主党流政治主導だが、どっこいここに来ての田中真紀子文部科学相の3大学設立不認可だ。
いずれも来春開校にむけ手続きと準備が進み、審議会のOKも出た大学だった。
だが大学が多すぎるという文科相による土壇場(どたんば)の政治主導復活である

▲なるほど大学の乱立と質の低下を憂え、設立審査制度見直しを求めるのは分かる。
ならば大臣なのだから必要な施策を段取りを踏んで実現すればいい。
何の落ち度もない学校や採用予定の教員、進学希望者たちに後片付けを強いる“開校返し”はいったい何のためか

▲「50年後、100年後の将来のため」とは文科相の言葉という。
何やら天下国家の大言壮語(たいげんそうご)はすれども、
目の前の家人の戸惑いや苦しみには無頓着(むとんちゃく)な亭主の「ちゃぶ台返しの家」が思い浮かぶ。
posted by 小だぬき at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト