2012年11月26日

もうだまされない<中> 公約トリック見抜け マジシャン警鐘

 もうだまされない<中> 公約トリック見抜け マジシャン警鐘
2012年11月26日  東京新聞夕刊


 トランプの山が二つ、テーブルに並ぶ。

「あなたの意思でどちらかを選んでください」。
ゆうきさんが記者にそう促しながら、紙に何かを書いて折り畳んだ。
「結果がメモに書いてあります。必ず当たります」

なんとなく片方の山を選ぶ。
「では、枚数を数えて。そして、メモを見てください」。
カードは五枚。
紙を開くと「あなたは必ず『5の山』を選びます」と書かれていた…。


 この短いマジックの中に、人間の心理を突いた数々の「だまし」が潜む。
タネは「5の山」という言い回し。
もう一つの山を見ると、枚数は四枚だが、いずれも「5」のカード。
どちらを選んでも「5の山」になる。


 答えを知れば「単純でばかばかしい」仕掛け。

でも、いざ目の前だと気付かない。
「視覚でなく思考をだますのがマジックです」。

メモに答えを書く思わせぶりな演出も、ミステリアスな空気を漂わせ、表現のあいまいさに気付かないようにするためだ。
 「マジックは必ず弱点(タネ)がある。それを突っ込まれたらおしまいなので、都合のいい部分だけ見るよう客を誘導します」


 業界でミスディレクション(誤った方向付け)と呼ぶテクニックは、無意識だろうが政治家もよく使っているという。

「財源や実効性に問題があるのに、良い面ばかり並べた公約を強調することも同じかもしれません」


 マジックは自信たっぷりに演じることが必須。
これは政治家の演説にも通じる。

「人間はおどおどした人を信用しない。


さも自分が正当で、すべてが決定事項のように振る舞う。劇的に演じ、考える時間を与えないことも重要です」


 「必ず当たる」などのフレーズを繰り返せば、相手の思考や行動を固定化する「キャナリゼーション(水路付け)」と呼ばれる効果も生まれる。

人間は信じたいという願望があり、よくできたパフォーマンスに弱い。
選挙も同じなんじゃないでしょうか」


 冒頭のマジックでは、最も恐るべき「だまし」も隠されている。相手の意思でカードを選ばせながら、実際は結論が用意されている「誘導」のトリックだ。これは日常でも使うことができる。


 例えば、営業マンがセールスしたい相手に電話で面会を申し込む際、「お伺いするのは明日が良いですか、それともあさってが良いですか」と問い掛ける。
「相手に選ばせるようで、最初から『会わない』選択肢を奪うわけです


 「郵政民営化に賛成か反対か」
「民主党か自民党か政権選択を」。
最近の衆院選で繰り返されたフレーズは、選択肢があるようで実は少なかった。

ゆうきさんは次の衆院選に向け、警鐘を鳴らす。


 「もし候補者が『今回は皆さんが○○か××かを選ぶ選挙です』と二者択一を迫ってきたら…。
あなたはすでに選択肢を奪われているかもしれません。

********************************
 ゆうき・とも 1969年、岩手県奥州市生まれ。本名は高橋知之。
トランプやコインを使って観客の目と鼻の先で演じる「クロースアップ・マジック」の専門家。
92年に「世界マジックシンポジウム」優勝、2004年に優れたマジシャンを表彰する「厚川昌男賞」を受賞。
「あなたにもできる! メンタル・マジックで奇跡を起こす本」「人はなぜ簡単に騙(だま)されるのか」など著書多数。

posted by 小だぬき at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学会も警鐘 “軽症”を“重症”に追い込む「うつ病治療」の落とし穴(2)

学会も警鐘 “軽症”を“重症”に追い込む「うつ病治療」の落とし穴A
2012年11月25日(日)15時0分配信 週刊実話

 銀座泰明クリニックの茅野分院長が言う。
 「一般的に精神科=精神病=重症というイメージが強いため、軽症の患者さんはなかなか気軽に精神科を受診できませんでした。
一方で、内科や心療内科へ精神科疾患の患者さんの多くが受診する傾向にありました。
このため、一部には安易にうつ病薬を処方してしまい、時に混乱を生ずることもあったのです」

 うつ学会の示した指針は、そんな事情も考慮してのことだというのだ。
 「2012年の医療計画においては、『精神疾患』を癌・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病に加え『5疾病』とし、重点的な医療・政策が講じられることになりました。

しかしその反面、うつ病の診断や治療において、疑問や誤解を認められるようにもなりました。
その理由は、
精神医学・医療が科学として発展途上であり、各医師の知識や経験にゆだねられていることが挙げられます。

『うつ』と一口に言っても“うつ状態”を呈する疾患はうつ病、気分変調症(抑うつ神経症)、双極性障害(躁うつ病)、適応障害といくつもある。
その他、統合失調症の前駆症状や発達障害の二次症状(重ね着症候群)などを加えると、種類や組み合わせはさらに増えるのです」(茅野院長)

 数ある「うつ状態」がどのような経過を経て現在に至っているかを、的確に診断しなければならないというのである。

 「軽症うつ病はじめ、全てのうつ病の治療の前提に、患者の背景、病態理解に努め、支持的精神療法と心理教育を行います。
軽症の場合、抗うつ薬の使用は必要に応じて行う。

しかし、気分変調症(抑うつ神経症)や適応障害の場合は、カウンセリングや環境調整などをして、本人の考え方や周囲の関わり方を変えていく必要もあるのです」(同)

 双極性障害の場合は、抗うつ薬よりも気分安定薬を中心に服用し、うつを治すより、むしろ軽躁状態を抑え、“低目安定”こそが“無難な人生”であることに気づくことが望まれるという。

 「うつ病(軽症・中等症)の治療アルゴリズムはまず、『SSRI/SNRI』という抗うつ薬を少量から開始し、一定の改善を認めるまで増量する。
また、必要に応じて少量のベンゾジアゼピン(抗不安薬・睡眠薬)を併用します。
4〜8週を経過しても無効な場合や十分に有効といえない場合は、他の抗うつ薬へ変更したり、リチウムを追加して効果増強を試みたりする。

ただし、むやみに抗うつ薬を増量することはせず、休養や環境調整を前提とすることが大事なのです。

また、副作用に注意しながら必要量まで増量しますが、多剤・大量処方とならないように注意することも大事。
注意すべきなのは、『精神療法』や『薬物療法』など、一つの治療法に偏り過ぎないこと。
どれも一長一短があるので、それぞれの長所を上手に生かした治療を受けられることが望まれるのです」(同)
 
 
患者側も、ある程度の知識を持って治療に臨むべきだろう
posted by 小だぬき at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学会も警鐘 “軽症”を“重症”に追い込む「うつ病治療」の落とし穴(1)

学会も警鐘 “軽症”を“重症”に追い込む「うつ病治療」の落とし穴@
2012年11月24日(土)15時0分配信 週刊実話

  日本うつ病学会は先ごろ、多様化するうつ病を適切に治療するための医師向けの指針をまとめた。
次々に開発される抗うつ薬の有効性や副作用に関する情報を盛り込み、“軽症者の安易な薬物療法”に警鐘を鳴らしたのが特徴になっている。

 同学会は、最新の医学的知見を盛り込み、現在の医療体制や現場の実情を考慮した指針が必要と判断。急増している患者の多くは、軽症か、うつ病の診断基準以下の「抑うつ状態」であるとし、臨床現場では「慎重な判断が求められる」としたのだ。

軽症者に 抗うつ薬の使用を開始するには、焦燥感や不安感の増大などの副作用に注意し、少量から始めることを原則としている。

一方で、乱用や転売目的で抗不安薬や睡眠薬を入手するための受診が社会問題化しているとして、指針では「大量処方や漫然とした処方は避けるべき」、「安易に薬物療法を行うことは厳に慎まなければならない」と強調している。

 さらには、若者に多くみられる、仕事ではうつ状態になるが余暇は楽しく過ごせるような、いわゆる「新型うつ病」に関しては、「精神医学的に深く考察されたものではない」として取り上げていないのも特徴だ。

 都内のサラリーマンAさん(58)は、若い頃からバリバリの営業マンだったが、数年前からどうも仕事に身が入らない。朝起きるのが億劫で、新聞に目を通す気にもなれず、体もだるいし食欲もない。

思いあまったAさんは、心療内科を受診したという。
 「仕事のし過ぎ。疲れているんですよ」

 医師は抗うつ剤を処方してくれた。しかし、Aさんの症状は一向に改善しない。
 「自分は嫌なことがあっても持ち越さないタイプ。それが若い時からの身上だった。それなのに、どうなってしまったのか…」

 そんな不安をよそに、通勤途中や移動中や何気ない時にも動悸がするようになった。しかも、普段から汗かきなのだが、首から上が妙にのぼせるようにもなった。
さらには軽い耳鳴りがするようになり、人と目線が合うと避けるようになった。

 クリニックを変えたところ「自律神経失調症ではないか」との診断。
結局、原因はわからないまま、今度は安定剤をもらった。
しかし効果はなく、どんどん自分がイヤになり落ち込んでいったのだ。

 性格が前向きで営業マンが天職だというAさん。
それが一転、人に会いたくないと思うようにもなっていった。

 何度かクリニックを変えたところ、最後に受診した精神科クリニックで「男性更年期かもしれない」と言われた。
男性ホルモンのテストステロンが不足することによって起こる障害である。
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト