2012年12月05日

たくさんの人が「意味を勘違い」して使っている言葉

たくさんの人が「意味を勘違い」して使っている言葉
2012年12月5日(水)18時0分配信 美レンジャー

年賀状を書く時期になってきましたね。
口語や文語、敬語の使い分け。
日本語の難しさは公の機会があるたびに迷ってしまうもの。


通例化してしている言葉の中に、間違った日本語が使われているのをよく目にします。
今回は彼氏や友人の前でも使わないように気をつけたい、ありがちな
思い込みを再検討です。


■意外と気付かない重複語の落とし穴


ひとつの言葉で意味が通じるのに、つい使ってしまうのが重複表現です。わかりやすいものを以下にあげてみました。


(1)お中元/お歳暮のギフト
お中元とお歳暮は、お世話になった方への贈り物という意味です。”ギフト”と重複していますね。
(2)一番最初/最後”
最も”がつく単語に”一番”をつけると同じ意味を繰り返すことに。

(3)後で後悔する
”後悔”とは必ず”後”にするものですよね。
(4)過半数を超える
過半数はすでに半分を超えていることです。
(5)余分な贅肉
余計な脂肪という意味ならば”贅肉”のひとことで伝わります。
(6)今現在
まさに”今”ということを強調したいのかもしれませんが、これも重複表現です。
(7)元旦の朝
元旦とは元日の朝のことです。
(8)クリスマスイブの夜
イブは前夜という意味ですよね。


実はこうした言葉はアナウンサーも間違ったまま発言していることも! ビジネスシーンなどでは特に気をつけたいところです。


■勘違いしやすい言葉の使い方


友人がしているちょっとした勘違いを正すのも気が引けますよね。
せめて自分だけは意識してみましょう。以下に、大人でも多い勘違いを紹介します。


(1)的を得た
的は射るものなので、”得る”ものではありません。
(2)熱にうなされる
夢にはうなされますが、熱には浮かされる、が正解です。
(3)合いの手を打つ
打つのは相づちです。正しくは”合いの手を入れる”。
(4)愛想をふりまく
正しくは”愛嬌をふりまく”。愛想は態度のことなので、振りまくことはできません。
(5)体調を壊す
体調は壊せないものなので、”体調を崩す”なら正解です。
(6)取りつく暇もない
多忙で暇がない、という意味ではありません。正しくは”取りつく島もない”で、冷たい態度をとられて会話のきっかけさえ掴めないことです。


グレーゾーンになっている言葉のひとつに”ご存知”があります。”知る”の謙譲語である”存じ上げる”が語源なので、”ご存じ”が正しいかたちですが、今では慣例によりどちらでも許される風潮に。


ひょっとしたら間違いに気付いている人も、聞き流してくれているのかもしれませんね!? 
他人の間違いにもあまり厳しくしないであげてみてくださいね

posted by 小だぬき at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

距離感つかめる人選び

香山リカのココロの万華鏡:距離感つかめる人選び
毎日新聞 2012年12月04日 東京地方版

北海道でひとり暮らしの母親に電話をしたら、「今年は寒いし雪も早い」と言っていた。
風雪により大規模停電が起きて、寒い中、暖房器具も使えずに夜を送った人たちもいたようだ。
母も「近所のコンビニまで行くのもたいへんなのよ」と言っていた。
自然の猛威がすぐに“死活問題”にまで発展するのだ。

東京にいると、テレビのニュースでそんな北海道の映像を見ても、なかなかピンとこない。
私も母親がいなければ、「へー、たいへんね」という以上の関心も持たなかったかもしれない。

つまり、私たちにとって、自分に直接、関係のないできごとを理解したり気持ちを寄せたりするのは、とてもむずかしいことなのだ。
「人ごとだよね」と積極的に冷たい態度
を取らなかったとしてもどこかで「自分には関係ない」とそれ以上、考えるのをシャットアウトしてしまう。

しかし、これは私たちが自分を守るための知恵でもある。
遠い国や地域で起きている災害や紛争、事故にいちいち「もし私だったらどうなるだろう」「この人たちはどんな思いなのだろう」と感情を移入していたら、身が持たないからだ。
自分に直接、かかわらないことにはある程度、距離を置き、「私にはあまり関係ない」と言い聞かせることで、ちょっと安心することができる。

 自分以外のことに、どれくらいの距離を置くのか。
そして、どれくらい「この人たちはどんな気持ちなんだろう」と思いを寄せるのか。
このバランスは、それぞれが頭で考えて、自分で決めなければならない。

精神科の診察室で患者さんを診るということは、常にこの「距離の置き方」のバランスを考えるということでもある。
あまりにも接近しすぎて自分も動揺しないように、でも逆に距離を置きすぎて理解できなくならないように。

 さて、もうすぐ公示される選挙ではどうなのだろう。
それぞれの候補者たちは、有権者とどんな距離の置き方をするのだろう。
ひとりひとりの生活者たちとの距離を失って感情的になりすぎる人も困るが、とはいえあまりに高みから見下ろすような人も困る。

その「距離の置き方のバランス」が絶妙の人を探したいな、と思いながら、各党から立候補が予想される人たちの顔ぶれを見ている。


 「これぞ」という人が見つかりそうかどうか、それはここではあえて書かずにおくが、バランス感覚のある人探しは簡単ではないということは、誰にもわかるのではないだろうか。

posted by 小だぬき at 06:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト