2012年12月14日

ネットを捨てれば心の病が治る?

ネットを捨てれば心の病が治る?
2012.12.14 17:00   R25編集部

“夜回り先生”こと水谷修氏が、7日の公式ブログで、心を病んでいるたくさんの人からの相談に対し、「心の病を簡単に治す方法」を紹介し、ネット上で話題をよんでいる。

夜回り先生によると、心の病を簡単に治す方法は、たった2つ。

1)昼間、ともかく徹底してからだを動かす。
10キロ以上は、歩き、美しいものにふれる。
ともかく、昼間くたくたになるまで、からだを疲れさせる。
そして、三食をきちんと食べる。

2)すぐに、インターネットや携帯電話、メールの機器を、捨てる
というもので、ネット上で注目を集めている。

まず、2ちゃんねるでは、特にこの2)の“ネットを捨てる”という部分に反応しているユーザーが多い様子。
2ちゃんねるのニュース速報板に立ったスレッド「夜回り先生 『心の病を簡単に治す方法があります。
1体を動かす 2インターネットや携帯電話を捨てる』」では、「これはホントだ」「ぐぬぬ正論だわ…」と納得する人がいる一方で、
「あたってるけどそれが難しい」
「正論だけどそれが簡単に出来ないから治らないんだけどね」
「その通りなんだが、一時的に全部止めて健康的になっても その後にそれらをコントロールできるかが問題なんだな」と、賛同しながらもネットから離れらることの難しさを説く人もいた。

また、「ネットあるから、こうやってオマエラともたわいもない雑談出来るのがすごくイイ気晴らしにもなるんだがな」
「今ネット捨てたら逆に鬱になりそう」
と、ネットの利点を強調する人も。

一方、ツイッターでは、水谷氏の意見のなかで「運動」についての言及が目立つ。
例えば、
「これ、ほんとだと思う。欝気味だったのがジョギング始めたらかなり消えた」
「ネットやメールは捨てる必要はないと思いますが、体を動かしたほうが良いのは私の経験上もそう思います。

ただ、鬱がひどい時は、体なんて 動かせません。そういう場合は、体の一部だけでも良いので日光に当てて、寝ていて下さい」という経験者の声
また、「夜回り先生の言ってることは間違ってはいませんが、本当に鬱の時は、クタクタになるほど体を動かすなんて無理です」

「健全な精神は健全な肉体に宿る、という言葉は完璧な人を褒め讃える言葉であって、どちらかに欠点、弱点がある人にはマイナスでしかないと思う」と、
「一概には言えないのでは?」といった指摘もあがっている。

個々人によっての“程度問題”であるため、いちがいに言い切るのは難しいだろうが、ネットと運動について改めて考えさせられた人が多かったのは間違いないようだ。
(R25編集部)
※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております
posted by 小だぬき at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「国民よ、茶番選挙にもっと怒れ!!」

未来の党 小沢一郎激白「国民よ、茶番選挙にもっと怒れ!!
2012年12月11日  日刊ゲンダイ掲載

維新の会は“新選組”に過ぎない

 大マスコミの選挙予測ではあまり伸びていない「日本未来の党」だが、今度の選挙戦での役割は重要だ。

談合3兄弟といわれる民自公に石原・維新も連携をにおわせ、選挙後には超タカ派連合の“大政翼賛会”ができそうだからだ。

それを阻止すべく、旗揚げしたのが「未来の党」なのである。その立役者、小沢一郎に現状の分析、今後の戦い方、これからの日本の政治の行方を聞いてみた。
 小沢は10日、都内6カ所で街頭に立った。
「久しぶりのことだよ」と笑ったが、危機感の裏返しだろう。

危機感とは、「未来」の行方もさることながら、このまま新聞が報じるような自民圧勝の選挙結果になったら、日本がとんでもないことになってしまう
そんな危機感が小沢を突き動かしたのも間違いない。

「前回選挙も政権交代ということで、日本の議会制民主主義においては大事な選挙でした。しかし、今回は特別です。このままでは昭和史の大政翼賛会のようになりますよ」
と、いう小沢は「今の政治家は常識では考えられない」と切り捨てた。

「まず、野田政権がなぜ、解散したのかが不可解です。
ほぼ負けるって分かっているわけでしょ。
多くの同志が討ち死にする。野田さんはもちろん総辞職です。
何を目指して、解散したのか。そうしたら、一部の幹部が生き残って、また自民党と政権をつくるって。
(茶番選挙?)そうですよ。
よく分からんよ、単純な頭には。
とにかく、常識では考えられないようなことが起こっている。
民主党というのは驚くべき政党になっちゃったね。
何でもあり。どうでもいい。とにかく、自分の保身だけ。
それと自民党はいっしょになってんだから。
国民を愚弄していますよ。国民はもっと怒らなければいけない」

 だから、小沢は民主党と決別したのだ。小沢が与党を出るのは2度目だ。
「昔は派閥を出るのだって大変といわれたくらいです。私は応援してくれる人がいるが、同志は大変な決断をしてくれた。そのことを国民にはもっと知ってほしい」

 ただ政権与党にいたい。そんな保身目当ての民主党のメンメンとは違うのである。

 本来であれば、そんなデタラメ既成政党に対抗すべく、第三極を一本化するのが理想だった。
「一本化すれば、間違いなく勝てた。しかし、一・五極みたいになっちゃった。
維新の会は誤算でしたね。
もともと自民党的体質だということは分かっていたが、石原慎太郎氏と組むとは思っていなかった。
だって、筋論、論理からすると考えられないんですよ。
石原さんっていうのは旧体制の人だからね。
維新というのは革命を指す言葉なのに幕府の補完勢力になるんじゃ、新選組じゃないかって言っているんです。 もう少し(橋下さんは)自分の論理を押し通す人だと思っていた」

 そんな連中がこぞって、「核武装」みたいなことを言っているのだから、ゾッとするのだ。

<あてにならない世論調査>

「安倍晋三さんは核武装の議論をしなきゃいけないと言っていました。
石原ナニガシもまた核武装の話をしている。
野田さんも核武装を言ったことがある。
こういう人たちが一緒になって、日本はどうするんですか。
非常に心配ですね。
中国は政権が代わった。
北朝鮮もそうです。世界不況が長引く中、経済的な問題は即、政治的問題になる。そんなとき、対応する能力やプランのない政権がただ威勢のいい話ばかりして、対立をあおれば、事態を悪化させるだけです。
中国と戦争するんですか。とんでもない話です」

 だからこそ、「未来の党」に期待がかかるのだが、小沢は意外にも「手ごたえを感じる」と言った。

「新聞テレビの調査はあてにならないんですよ。
(2000年の総選挙でも選挙前)自由党の支持率は2%くらいだったが、比例で600万票を取った。
前回の政権交代のときも民主党は直前まで自民党にリードを許していた。あのときほどの熱気はないにせよ、今回もここにきて、非常に反応がいいという報告が来ています。
僕がやった街頭も事前に何の予告もせず、いきなり行って、人っ子一人いないところで始めたんですが、次第に50人、100人くらい集まってきた。
中野や板橋など、人通りの少ないところで、あれだけの人が集まるのは相当な割合です。
(選挙情勢は)新聞が書くほど悪くないと思っていますし、自民党の圧勝予測だって、別に自民党が変わったわけじゃなくて、消極的なあきらめでしょ? その結果、翼賛体制になってもいいのか。
自分の判断で投票して欲しいと思います」

 小沢がそう期待するのは、もうひとつ、理由がある。国民の成熟度。これが変わってきたという。


posted by 小だぬき at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト