2013年05月18日

「言いたい事を言う」と「言いたい放題」の違い

「言いたい事を言う」と「言いたい放題」の違い
2013年5月17日  読売新聞

石井苗子の健康術
(政治家は言いたいことを、どう言うかの商売です)


 いわゆる従軍慰安婦問題に関する橋下徹大阪市長の発言が、なぜ今このタイミングなのだろうかと思いました。

一説には、来年に韓国で大きな選挙があるため、韓国側が政治家主体で愛国心をアピールしていることに反応したとも言われていますが、もしそれがひとつの要因だったなら、もう少し違った言い方をしてほしかったと思います。


 不思議なことに、人は人の言葉を「情緒」という心の扉を開いて、聞いているものなのです。
内容が「論理的」「科学的」であることは、それ自体が独立したものであり、情緒とあまりつながりがありません。
人の感情から情緒を切り離して言葉を聞くことは、意外と難しく、訓練がいるものなのです。


 政治家ですから、言いたい事をどう上手に言って国民の理解を得るかが命です。
情緒にもっと気をつけなければならない。

失言は、言葉だけが独り歩きをしますから、「そういうつもりで言ったのではない」を繰り返しいい直しても、人々の印象を取り返すことが難しい。
政治家のストレスは、言い訳の難しさにあります。


 でもこれを上手に交わしてこそ、政治家です。
非難されることを避けて安全な言葉だけ言って歩いているだけでは政治家とは言えません。
時には強いこともいわなきゃならない。こうしたことは政治家の宿命なのかもしれません。


 昔、アメリカのドキュメンタリーの紹介番組をやっていたときに「鉄のカーテンの演説」で有名なチャーチル首相の名言集特番がありました。
辞書になるほど名言を残した人ですが、彼は第一次世界大戦で作戦失敗の責任を取って辞任しています。

その後不死鳥のように第二次世界大戦で首相に蘇っています。
戦時中ですから、あらゆる国から挑戦的なメッセージが届く中で、「イギリスのチキンネック(弱虫=チャーチルのこと)なんか、ひと捻りで息の根を止めてやる」に対して、「チキンネック、SOMEチキンネック」(「やれるものならやってみろ!」)と言ったとか。
でも、チャーチル独特のユーモアの物凄さというか、この英語の意訳をすれば「たしかに鶏の首かもしれませんが、なかなか手ごわい首ですぞ?」という意味なのだそうです。
「SOME」の中にそれが含まれていると教わりました。


 橋下市長の発言内容はネットを見れば載っていますが、「事実と違うことで日本国が不当に侮辱を受けていることにはしっかりと主張しなければならない」が一番言いたかったのでしょうし、「侵略の定義について学術上、きちんと定義がないことは安倍首相がいわれているとおり」とありますから、こういう正しい事にもっと目をむけるべきだと言いたかったのかもしれません。

日本政府としては従軍慰安婦問題に対しては言いたいことが山ほどあるのかもしれない。
でも本質的なところで、何をいっても腹を立ててくるのには、もはやフィーリング(心理)の領域の問題なのです。
言ってみれば「真実」は耳に残らないのかもしれません。


 それともうひとつ、発言者が男性だった場合、その人が女性に対してどんな感情をもっているかを直感的に感じ取るのかもしれません。
テレビという映像からくるイメージに嘘は通用しないということです。
いくら何を言っても、その人がどう思っているかが、画面を通して伝わってきてしまう。


 日本国の代表として強く出ていくことに勢いを感じる最近ですが、チャーチルではないですが、もう少し上手に交わす政治家がでてくることを期待しています。


 肩を持つつもりはありませんが、私は政治家にシンパシーを感じることがあります。

どちらかと言うと私も、言いたい事をわき上がってくる言葉だけで表現してしまいがちです。
これは、「言いたい放題」ということになってしまう。
たとえ内容に間違いがなくてもです。
これは最近学習したことです。

このブログを書いていて時々、マネージャーから「ここ誤解されやすいですからカットしたほうが〜〜〜」なんてメールが来ることがあります。
いつもそれで助かっています。
つまりは、どう表現するか、言い方の問題なのです。

posted by 小だぬき at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

点検漏れ もんじゅ安全「優秀」? 文科省・自己評価「A」ばかり

点検漏れ もんじゅ安全「優秀」? 文科省・自己評価「A」ばかり
2013年5月18日 07時02分   東京新聞

もんじゅの大甘評価.jpg表をクリックで拡大


 高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の点検漏れ問題を引き起こした日本原子力研究開発機構と、監督官庁の文部科学省が、機構の安全管理の状況に関し、毎年「順調に実績を上げている」などと甘い評価を続けてきたことが分かった。

機構理事長の鈴木篤之氏が十七日に辞任し、一定のけじめをつけた形だが、現実を見ようとしない緩い組織の体質が改まるかどうかは疑問だ。 
      (加賀大介、榊原智康)


 機構の業務評価は二〇〇五年の発足以降、機構による自己評価と文科省の有識者委員会による二本立てで実施してきた。
安全面のほか、もんじゅ研究開発や業務効率など約四十項目ある。


 もんじゅの研究開発では、トラブル続きのため、順調であることを示す「A」ばかりとはいかず、努力が必要な「B」や改善が必要な「C」の評価も少なくない。


 しかし、原発の安全性を保つために不可欠な機器の点検などが含まれる「安全確保の徹底」の項目では、自己評価、文科省の評価とも、東海研究開発センター(茨城県東海村)の放射能漏れや隠蔽(いんぺい)が発覚した〇七年度の評価がBだったことを除けば、全てAの評価を付けていた。


 その一方で、点検漏れは一〇年八月ごろから拡大し、昨年十一月に発覚した段階では、安全上重要なものも含め約一万点の機器で点検時期が守られず、うち半分は点検されずに放置されていた。


 評価とは正反対の状況で、今月十五日の原子力規制委員会で「こういう組織が存続していること自体が問題」(島崎邦彦委員長代理)などと批判された。


 監督する文科省の問題もある。下村博文文科相は「一義的に機構の問題」とし、同省担当者の責任を問う考えはないとした。


 原子力資料情報室の伴英幸共同代表は「機構は点検漏れを含め、最近だけでも七件のトラブルを繰り返している。これだけ度重なるのは、監督官庁が何もしてこなかったからではないか。相応の責任を問うべきだ」と指摘した。


◆関係企業に発注ずらり


 日本原子力研究開発機構をめぐっては、安全管理以外にも、機構出身者が役員を務めるファミリー企業との不透明な取引などの問題も指摘されていた。


 東京電力福島第一原発事故後の二〇一一年十一月、国の事業仕分けでその使い方がずさんと指摘された。
機構が業務を発注した先に、ファミリー企業がずらりと並んでいたためだった。

しかも、金額ベースで約二割が競争性のない随意契約で、発注先のほとんどは売上高の半分以上が機構からの受注に頼っていた。


 こうした指摘を受け、機構は一二年度から原則としてOB企業と随意契約をしないよう方針を変更。
「赤字の垂れ流し」と批判された原子力のPR施設の運用も見直した。


 その一方、機構は福島第一原発の事故で、除染や事故収束に向けた技術開発など業務を拡大している面もある。
国の原子力予算の約四割にあたる千六百六十七億円(本年度)を機構が握っている。

posted by 小だぬき at 07:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする