2013年10月01日

10月 値上げが家計直撃:↑牛乳・ごま油・清酒・パン・麺類… ↓基本給は14カ月連続

10月 値上げが家計直撃
↑牛乳・ごま油・清酒・パン・麺類… 
↓基本給は14カ月連続
消費税増税なら大打撃
2013年10月1日(火)  しんぶん赤旗

 安倍政権の経済政策「アベノミクス」のもと、円安や原材料価格の高騰で10月から食品の値上げが相次ぎます。
賃金が減り続けているもと、負担が家計を直撃します。


 牛乳などの乳飲料、ごま油、清酒などの出荷価格が10月1日から引き上げられます。

輸入大豆の高騰で豆腐も値上げの動きが広がっています。
輸入小麦の政府売り渡し価格が平均4・1%引き上げられるため、今後、パンや麺類の値段に波及しそうです。
家庭用の電気・ガス料金も高止まりしています。


 年金支給額は10月分から1%引き下げられます。
政府は「物価スライド特例分」の解消を口実に3段階で2・5%の年金削減を決めています。

全日本年金者組合は年金切り下げに抗議して全国いっせいに行政不服審査請求を行います。


 8月の消費者物価指数は1年前と比べ0・8%上昇。
一方、基本給は14カ月連続で減り、社会保障の改悪が続いています。

安倍政権が来年4月から消費税率を5%から8%に引き上げることを強行すれば、国民の負担増は約8兆円。
苦しい家計にさらなる大打撃を与えることになり、消費税増税の中止を求める運動が広がっています。

*表はクリックで拡大します。

10月からの暮らし
posted by 小だぬき at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猛暑が去った今が危険 「秋バテ」はこの手で乗り切れ

猛暑が去った今が危険
「秋バテ」はこの手で乗り切れ
2013年09月30日 08:27 ゲンダイネット更新

 最近「秋バテ」という言葉をよく耳にする。
夏の猛暑が去って涼しくなるため、体調を崩してしまう現象だ。

医学博士の米山公啓氏によると、体が暑さに慣れているときに気温がガクンと落ちると、人は神経のバランスが崩れ、めまいや吐き気、手足のしびれ、胃痛、疲れなどの不定愁訴に襲われるという。

「床につくときは室内が暖かくても、明け方に気温が落ちて体温が下がり、血行が悪くなったりします。
台風の到来で気圧が下がるとリウマチや頭痛が悪化することもある。
仕事中、寒いのに薄着でいると、体や意識がフラフラしたりします。
クルマの運転中はとくに危険です」

 対処法は体を冷やさないことだ。寝るときは長袖のパジャマやジャージーを着る。目が覚めたとき、血行を良くするためにストレッチや短い散歩をするのもいい。

「コーヒーを飲むとカフェインの効果で血行が良くなるし、手足が冷えているときはオイルを塗ってマッサージするのが効きます。
ぬるめの風呂にゆったり入ってから寝ると、体がリラックスするので密度の濃い睡眠が取れます。
外食のときはあまり冷たい飲み物を取らず、鍋料理などを食べて体を温めてください」(米山公啓氏)

 
適度な温かさで秋バテを完全ブロックだ。
posted by 小だぬき at 07:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訃報:山崎豊子さん88歳 「白い巨塔」「大地の子」

訃報:山崎豊子さん88歳 
                           
「白い巨塔」「大地の子」
毎日新聞 2013年09月30日 13時51分
(最終更新 09月30日 19時22分)

 社会性のあるテーマに切り込んだスケールの大きな作風でベストセラーを生み続けた作家、山崎豊子(やまさき・とよこ、本名・杉本豊子=すぎもと・とよこ)さんが29日、心不全のため死去した。
88歳。葬儀は近親者のみで営む。


 大阪・船場の商家に生まれた。
1944年、京都女子専門学校(現京都女子大)国文科を卒業して毎日新聞に入社。
大阪本社調査部を経て45年、同学芸部に移り、副部長(デスク)だった故・井上靖さんから新聞記者の手ほどきを受け、作家としての資質を見いだされた。


 新聞社勤務の傍ら、生家をモデルに10年を費やしたデビュー作「暖簾(のれん)」を57年に刊行。
翌年、大阪女のたくましさを描いた「花のれん」で第39回直木賞を受賞したのを機に、毎日新聞を退社し、作家に専念した。


 パリを舞台にした「女の勲章」(61年)の取材中に元同僚と結婚。
旧家の遺産相続を扱った「女系家族」(63年)大学付属病院を舞台に医学界の暗部にメスを入れた「白い巨塔」(65〜69年)をはじめ、閨閥(けいばつ)政治と資本の癒着を追及した「華麗なる一族」(73年)など、実地調査と取材に基づいて社会問題に切り込む長編小説を相次いで発表した。


 その後も、シベリア抑留を扱った「不毛地帯」(76〜78年、日系2世の兄弟の悲劇を描いた「二つの祖国」(83年)中国残留孤児の数奇な運命をたどった「大地の子」(91年)の戦争3部作で社会派作家としての評価と人気を不動のものにした。


 93年、「大地の子」などの印税を基に「山崎豊子文化財団」を設立し、日本に帰国した中国残留孤児の子供の学資を援助した。


 日航ジャンボ機墜落事故を素材にして200万部を超えるベストセラーになった「沈まぬ太陽」(99年)の後、「山崎豊子全集」(全23巻)を2005年に完結させた。


 09年には、沖縄返還交渉時の密約報道事件を基にした「運命の人」を刊行し、同年の毎日出版文化賞特別賞を受賞した。
作品の多くが映画、ドラマ化され社会的な反響を呼んだ。


 新潮社広報宣伝部によると、山崎さんは週刊新潮で連載小説「約束の海」を執筆中で、予定している20回分を既に書き終えているという。

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト