2013年10月14日

やり方が下手すぎる。もちろん、「しもて」ではなく、「へた」と読む。

やり方が下手すぎる。
もちろん、「しもて」ではなく、「へた」と読む。
2013年10月13日   東京新聞「筆洗」

 「千代、下手すぎる」。
新人女優が初舞台の迫る中で、こんなメモを演出家からもらった。
書かれていたのは、役名とその一行だけ

▼助言や指導があれば納得もできる。
「下手すぎる」だけでは女優にとっては「やめてしまえ」と言われたのと同じ。相当なショックだろう

▼ベテラン女優、吉行和子さんの若い時の話。
メモを見て「貧血を起こして鏡台の前にうずくまった。
いろいろな思いがぐるぐる回り、溶けて白くなって気が遠くなっていった」と、『浮かれ上手のはなし下手』で書いている。
そりゃそうだ

▼メモは誤解だと分かる
「下手」は「へた」ではなく「しもて」と読む。舞台の左右を区別する上手、下手のこと
で、吉行さんの立ち位置が客席から見て左に寄りすぎていると演出家は指摘していたのだ

▼国会敷地内に、牛丼の吉野家が開店した。
文句はない。
もやもやするのは、千二百円の「牛重」をこの店限定で売ることだ。
国会には通行証がなければ入れない。
口にできるのは、国会議員、国会職員、官僚の国会関係者ということになる。
「普通の人」はなかなか味わえない

▼国会側が特別メニューを求めたと聞く。議員特権や格差問題まで持ち出す気はないが、写真の「牛重」がうまそうな分だけ、国会や吉野家の感覚が分からぬ。
やり方が下手すぎる。
もちろん、「しもて」ではなく、「へた」と読む。
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト