2013年10月23日

熱血!与良政談:「小泉賛同者」なぜ出ない=与良正男

熱血!与良政談:
「小泉賛同者」なぜ出ない
=与良正男
毎日新聞 2013年10月23日 14時25分

 この人が後に首相になろうとはおそらく本人以外、誰も考えていなかった1990年代前半の話だ。
私は小泉純一郎さんに面と向かって何度もこんな議論をふっかけた。


 「結局、小泉さんは自民党の延命に役立っているだけではないか」


 当時の小泉さんは自民党内では単なる「変わり者」といった存在だった。
だが、政権や自民党に不祥事や難問が浮上するたびに、テレビに出演して時の首相や党執行部を激しく批判し、正論・異論を唱える小泉さんを見て、世の人々は「自由で幅広い意見がある自民党は、やはりいい政党だ」と感じたはずだ。
「延命」とはそんな意味だった。


 同時に、小泉さんが自民党の主流になれるとも、あのころの私には思えなかった。
が、その都度、小泉さんは「まあ見てろって。いつか小泉が正しいという時代がくる」とニヤニヤ笑いながら語ったものだ。


 後の小泉政権の功罪については話をおく。
しかし、「放射性廃棄物の最終処分のあてもなく原発を進めるのは無責任」「今、政治が原発ゼロ方針を打ち出さないと将来も難しくなる」という原発に関する最近の発言はまったく正論だと私は思う。


 その小泉さんが先週、講演会にテレビカメラが入るのを許した。
一連の発言の火つけ役となった本紙コラム「風知草」で山田孝男専門編集委員が今週、「計算ずくの挑発」と書いている。
その通りだろう。

「小泉発言は見識を疑う」とまで読売新聞に社説で批判されたこともあって「少し戦闘モードに入ってきたのかなあ」とも長年の小泉ウオッチャーである私には思える。


 そこで考え込むのだ。
なぜ、小泉さんに賛同し、呼応する動きが自民党に出てこないのか、と。

20年前、確かに小泉さんは変わり者だったけれど、党内には「小泉さんの言い分には一理ある」と同調する声が必ず出た。

それが今はない。
かといって正面切って小泉さんを批判するわけでもない。
自民党は随分、息苦しい政党になってしまったものだ。


 「すわ小泉新党?」といった政局話には本人も関心はないだろう。
発言が注目されるのは核廃棄物問題など、ひとえにことの本質を突いているからだ。
静観、無視を決め込むのは、本質の議論を避けたいからだといってもいい。(論説委員)

posted by 小だぬき at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元首相発言―トイレなき原発の限界

元首相発言―トイレなき原発の限界
2013年 10月 22 日(火)付  朝日新聞「社説」

 小泉純一郎元首相が、ここにきて積極的に「原発ゼロ」を訴えている。


 放射性廃棄物という「ごみ」の始末に道筋がついていない以上、原発を続けるのは無責任。
自然エネルギーや省エネを生かした循環型社会を目指すべきだ――といった内容である。


 「トイレなきマンション」になぞらえられるこの問は、私たちも社説で折に触れて指摘してきたところであり、小泉氏の主張はもっともだ。


 日本のエネルギー政策を見直すうえで、根源的かつ早急な対応を迫られている課題である。
そのことを、政府はしっかり認識してもらいたい。


 安倍首相は今国会で、野党の質問に答える形で「可能な限り原発への依存度を下げる」と繰り返している。


 だが、発言とは裏腹に、政府内で進められている議論は「原発回帰」が鮮明だ。


 年末に向けたエネルギー基本計画の見直し作業でも、原発の必要性を強調する議論ばかりが先行している。
原発の後始末にかかる政策は、いっこうに具体化が進んでいない。


 とくに、放射性廃棄物を深く地中に埋める「地層処分」の候補地については、02年から公募を続けているが、手をあげる市町村がない。
福島の原発事故を目の当たりにしたのだから、なおさらである。


 安倍首相はきのうの国会答弁で、地層処分について技術面でさらなる検討を加える意向を示したが、問題の根本は原子力政策そのものへの国民的合意がないことにある。


 脱原発とセットで廃棄物処理の具体策を検討すべきだ。


 その点で、日本学術会議がまとめた提言は参考になる。


 まず、廃棄物を地表か浅い地中で暫定保管する方針に切り替える。
そのうえで、ごみの量が増加し続けないよう総量の上限を設ける。


 私たちは核燃料サイクル事業もやめるべきだと考える。
使用済み燃料棒は不安定なプールではなく、「乾式キャスク」と呼ばれる強固な入れ物に移し、地表で暫定管理する。


 そうした環境を整え、最終処分法についての研究や社会の合意形成をじっくり進めていくのが現実的だろう。


 暫定保管とはいえ、安全基準を定め、法律を整備し、貯蔵のための設備を製造・構築するにも時間がかかる。
条件を満たせない原発は運転を認めない、といった規制も必要になる。


 後始末なき原発回帰は、「国の責任」からほど遠い。

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト