2013年12月02日

反対コールを「テロ」呼ばわり:自民・石破幹事長ブログで暴言

反対コールを「テロ」呼ばわり
自民・石破幹事長ブログで暴言
2013年12月1日(日) しんぶん赤旗


 自民党の石破茂幹事長が、秘密保護法案に反対する国民を“テロリスト”呼ばわりしていることが明らかになりました。


 石破氏は29日、自らのブログで
「今も議員会館の外では『特定機密保護法絶対阻止!』を叫ぶ大音量」「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」と書いています。


 秘密保護法案反対の行動が広がり、国会周辺でも連日とりくまれています。
こうした高まる国民の声を「大音量」「絶叫戦術」「テロ行為」としか受けとめない石破氏。


 「『知らせない義務』は『知る権利』に優先する」(『中央公論』2012年8月号)と公言してきた石破氏は秘密保護法制定の旗振り役で、自衛隊を「国防軍」にせよと主張しています。


 今年4月には、テレビ番組で「出動命令に従わなければ(軍法会議で)死刑、無期懲役、懲役300年」と発言。憲法改悪へ暴言を繰り返しています。

posted by 小だぬき at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト