2013年12月31日

大晦日に考える 日本人らしさよ

大晦日に考える 日本人らしさよ
2013年12月31日  東京新聞「社説」

 「日本を取り戻そう」と安倍首相は言いますが、それよりも「日本人らしさを取り戻そう」と言いたい。

そんなことを思ったこの一年でもありました。


 ことし印象深かった光景のひとつに、俳優高倉健さんの文化勲章を受けた時の会見がありました。

 こう言いました。
 「日本人に生まれて本当によかった…」

 それを聞いてじつに新鮮な感じを受けました。
最近、聞いた覚えがなかったからです。


 ご承知のように健さんは、期待のニューフェースとして映画界入りしたものの作品に恵まれず任侠(にんきょう)映画でやっと人気を博す。

 少々脱線するようですが、当時の熱気あふれる映画館では、終幕に殴り込んだ健さん、その背後に敵の刃(やいば)が迫る、すかさず客席から銀幕に声が飛ぶ。
 「健さん、うしろだ」
 間髪入れず、健さん、振り返って、バッサリ…。


 今ではおよそ考えにくい光景でしょうが、その映画館の掛け声とは、自分がそうありたい日本人に向かって思わず叫んだ声援ではなかったでしょうか。



 記者会見で、健さんはこうも言いました。

 「一生懸命やっていると、ちゃんと見ていてもらえるんだなあ」


 日本人の倫理観を見事なほど簡潔に述べています。
勤勉を尊び、仕事は公正に評価される。
うなずきつつ聞いた人もいたでしょう。


 目下、格差社会といわれます。

 こんな言い方があります。


 日本政府は、外国の企業・投資を呼び込もうとしている。
そのために企業の税金を安くする。
同じ恩恵は日本の企業も受けるが、厳しい競争のために経営効率を上げる。社員の給与を抑える。
非正規労働者を増やす。

ではそれは一体だれのための政策だろうか。


 こういう中に、日本人らしさはあるでしょうか。


 現実には二つの対応があるようです。

一つは、少なからぬ企業が苦しい中でも格差をできるだけ抑制しようとしていること。
経営者から日本人らしさが消えたわけではありません。


もう一つは、競争を理由に格差を進んで認めるような企業のあることです。若者を使い捨てるブラック企業が典型でしょう。
日本人らしくもないことです。

◆司馬さんの日本人論

 政治の世界でも、政治参加の権利をめぐって格差に似たものが生まれつつあるのかもしれません。
政治と民意とが離れすぎた。


 例えば、揺れに揺れた特定秘密保護法。


 情報を独占する国家と、情報を知らされざる国民。
もう少し踏み込んで言えば、支配する者と支配される者。

歴史の教えに従うなら、国家と国民の分離はその国の未来を不安定にしかねません。
少なくとも民主国家からは遠ざかるでしょう。


 日本人論と言えば、作家の司馬遼太郎さんは、こう語っていました。
一九九一年、文化功労者に選ばれた時の会見で。


 「どうして日本人はこんなにばかになったんだろう。昔はちがったろう。ここから(ぼくの)小説(を書くこと)は始まった」


 彼によれば武士道から来たストイシズム、禁欲主義。江戸の商人たちが到達した合理主義。
その二つが明治で合体し、よき明治人をつくり上げたとなる。


 司馬さんは、明治人を書くことで、無謀な戦争の愚かさや、戦後の土地バブルのようなことは、断じて日本人らしくはない、とさとそうとしたのでした。


 古い日本人をふりかざそうとは思いません。
しかしそれは私たちの先人の知恵であり、振り返る価値のあるものです。


 どの国にも国民性はあります。
アメリカにはアメリカ人らしさ、中国には中国人の、日本には日本人の…。
それは変わらないようで時に変わったようにも見えます。
政治や経済が曲げることがあるからです。


◆自信喪失状態の選択は


 私たちは、やはり時々自分を見つめ直さねばなりません。


 冒頭の健さんの言葉に戻せば、その「日本人に生まれて本当によかった…」という言葉は、私たち自身を問い直すよい機会を与えてくれたような気がします。


 私たちは経済的に豊かな日本を取り戻すのか、それとも精神的に豊かな日本人らしさを取り戻すのか。
そこが見るべき岐路です。


 日本は今自信喪失状態のようです。
しかし政治にせよ、経済にせよ、日本人らしさを忘れているだけなのではないでしょうか。

posted by 小だぬき at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年のおわりに考える 民主主義は深化したか

年のおわりに考える
 
民主主義は深化したか
2013年12月30日 東京新聞「社説」

 今年も残すところあと一日。
振り返れば、久々に首相交代のない一年でもありました。
安倍晋三首相の下、日本の民主主義は「深化」したのでしょうか。


 今年、日本政治最大の変化は、参院で政権与党が過半数に達しない国会の「ねじれ」状態の解消です。

民主党政権の一時期、解消されたことはありましたが、二〇〇七年から六年ぶりのことです。


 ねじれ国会では与党が法案を成立させようとしても、野党が反対すれば不可能です。
内閣提出法案の成立が滞り、政策を実現できない「決められない国会」に、国民のいらだちは高まりました。


◆ねじれ解消したが 

ねじれ国会のこの六年間は頻繁な首相交代の時期と重なります。
ねじれが政治不安定化の一因になったことは否めません。


 では、ねじれ国会が解消されて日本の政治は本当によくなったのでしょうか。


 経済再生、デフレ脱却を最優先に掲げてきたはずの第二次安倍内閣が「本性」を現した象徴的な政治的出来事が、年末になって相次いで起きました。


 その一つが、特定秘密保護法の成立を強行したことです。


 この法律は、防衛・外交など特段の秘匿が必要とされる「特定秘密」を漏らした公務員らを厳罰に処す内容ですが、国民の知る権利が制約され、国民の暮らしや人権を脅かしかねないとの批判が噴出しました。


 しかし、安倍首相率いる自民党政権は衆参で多数を占める「数の力」で、採決を強行します。


 首相は「厳しい世論は国民の叱声(しっせい)と、謙虚に真摯(しんし)に受け止めなければならない。
私自身もっと丁寧に説明すべきだったと反省している」と述べてはいます。

しかし、首相が国民の声に本気で耳を傾けていたら、成立強行などできなかったのではないでしょうか。


◆「自民一強」の慢心

そして、第二次内閣発足一年に当たる二十六日の靖国神社参拝です。
第一次内閣で参拝できなかったことを「痛恨の極み」と話していた首相ですから、積年の思いを果たしたということでしょう。


 国の命による戦死者を、指導者が追悼し、慰霊するのは当然の責務とはいえ、首相の靖国参拝にはさまざま問題があります。


 靖国神社が一宗教法人であるという政教分離の問題に加え、
極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社への首相参拝は、軍国主義礼賛と受け取られかねないからです。


 首相の参拝には、国内はもとより、日本軍国主義の犠牲となった中国、韓国をはじめ近隣諸国から激しい反発が出ています。
東アジアの火種を避けたい米政府も「落胆した」と批判しています。


 足元の自民党内の一部や友党である公明党の反対を押し切っての参拝強行です。
そこには多数党の頂点に立つ首相なら何をやっても乗り切れる、という「慢心」があるように思えてなりません。


 その翌日には、沖縄県の仲井真弘多知事が米軍普天間飛行場の県内移設に向けて、名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認します。


 知事に承認させるため、政府と自民党は手を打ってきました。

年間三千億円の沖縄振興予算という「アメ」と、
世界一危険とされる普天間飛行場が固定化してもいいのかという「ムチ」です。


 県民の多くが求めた国外・県外移設を、安倍政権は一顧だにしません。
県選出の自民党国会議員には県外移設の公約撤回を迫る周到ぶりです。


 これらはたまたま時期が重なっただけかもしれません。


 しかし、いずれも民主主義とは相いれない、自民党「一強」ゆえの振る舞いです。
野党の言い分や国民の間にある異論に耳を傾けざるを得ない「ねじれ国会」であれば、躊躇(ちゅうちょ)したはずです。


 今夏までのねじれ国会では歩み寄りの努力を怠り、ねじれ解消後は議会多数の「数の力」で押し切り、異論をねじ伏せる。そんなことで自由、民主主義という価値観をほかの国と共有すると、胸を張って言えるでしょうか。

◆大事なことは面倒 

 引退を表明した世界的なアニメ作家、宮崎駿さんは「世の中の大事なことって、たいてい面倒くさいんだよ」と指摘します。


 多様な意見があり、利害が交錯する現代社会では、意見を集約して方向性を決めることは手間のかかる作業です。

選挙結果を金科玉条に、多数で決める方が議員にとって、はるかに楽でしょう。


 最後は多数決で決めるとしても少数意見にも耳を傾ける。
議論を尽くして、よりよい結論を出す。
説明、説得を怠らない。


 民主主義を実践するのは面倒です。
しかし、その地道な作業に耐える忍耐力こそが、民主主義を深化させる原動力になるのです。

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト