2014年04月11日

悩みを溜め込んではダメ!自分で自分のメンタルを守るための5箇条

悩みを溜め込んではダメ!
自分で自分のメンタルを守るための5箇条
2014.04.11 12:00 NEWSポストセブン

桜も咲き終わり、日に日に暖かくなって、なんとなくワクワクする季節ですね。

その一方で、“五月病”という言葉もあるように、職場の異動や環境の変化などで、「なんとなく自分のメンタルが落ち込み気味……」という人も増えているのではないでしょうか。

人間関係や環境の悩みを溜め込んでしまって、「気付いたらうつ病かも……」と手遅れになってしまっては大変です!

 そうなる前に、自分で自分を助ける“セルフヘルプ術”を知っておきましょう。
そこで今回は、マリアージュカウンセラー・斎藤芳乃さんの近著『一週間で自分に自信を持つ魔法のレッスン』を参考に、うつ病予防に取り入れたい、“自分で自分のメンタルをコントロールし穏やかに保つ方法”を、ご紹介します。

■1:無理に頑張らない

<できないものをできるようにする必要はありません>
無理に頑張ったりしないことが重要です。
苦しい時は自分一人で抱え込まず、誰かに助けてもらうという選択肢も増やしてみて下さい。
<楽になることを目的に行動する> このような考え方ができると、目の前のストレスから解放されます。

■2:関わる人を選ぶ

<自分から関わりたい人や環境を選ぶ>
自分にとってストレスを感じる人をなるべく避けて、素直な気持ちを話せる人とだけ積極的に関わるとよいそうです。
また、さみしい時は、自分を孤独にさせないことも重要とのことです。

■3:自分で自分に幸せを与える

幸せにしてほしいと感じる時は、誰かに満たされることばかり求めるのではなく、自分で自分に幸せを与える手段を選ぶことで、次第に満ち足りた時間も増えてくるといいます。

■4:傷つけられた時は守ってもらう

<誰かに傷つけられたときは怒ってもいい>
傷つけられ、怯える前に、怒ってもいいのです。
また、そんな時は、 <友人であれ、弁護士であれ、上司であれ、誰かに守ってもらうことで、傷つけられた痛みや不安は改善>
自分一人で抱え込むと、どんどんネガティブな気持ちが膨らんでしまいますよね。
そんな時は守ってもらうことも重要です。

■5:休む勇気を持つ

なにかをしていて苦しいな、と感じたら無理して続けずに休む勇気を持って下さい。
完璧にする必要はないし、休む自分を自分自身が許せることで、 <「できないからダメなんだ」と自分を傷つけてしまうことも減っていきます>

以上、“自分で自分のメンタルをコントロールし穏やかに保つ方法”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

頑張り屋さんな人ほど、自分自身に厳しくなってしまい自分を追い込んでしまうということがあります。
放っておくと、うつ病になる可能性があるので、ぜひ今回の記事を参考に、自分で自分を守る“セルフヘルプ術”を身につけてくださいね。
posted by 小だぬき at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金銭感覚の危険度チェックリスト

金銭感覚の危険度チェックリスト
2014.04.10 11:01 NEWSポストセブン

毎月、気付くといつのまにか口座残高が減っている、なぜか貯金がたまらない…なんて人は少なくないだろう。

これは、自分のお金の使い方をきちんと把握できていない証拠。

将来を見据えて貯蓄をしていくためにも、まずは自分の金銭感覚をしっかり把握し、危機感を持つことから始めたほうがよさそうだ。

そこで、ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏に金銭感覚の危険度をチェックできるリストを作ってもらった。

0〜2個しか該当しなければ「かなりの節約ニスト」。
3〜5個該当なら「ギリギリ節約ニスト」。
ここまではセーフだが、
6個以上は危険なゾーン!
6〜8個該当なら「厳しい…散財ニスト」。
9〜10個の該当までくると「危険! 借金ニスト」なのだ。
6個以上当てはまってしまった人は、早急に意識改革が必要だろう。

●金銭感覚“危険度チェックリスト”

□待ち合わせなど、時間にルーズで遅れがち
□コンビニに寄ると、ついで買いをしてしまう
□交通費と食費を全部電子マネーで済ませてしまう
□セールやバーゲン品は買わないと損な気がする
□部屋が散らかっている
□大抵のことは「なんとかなる」と思っている
□レシートやポイントカードで財布が膨らんでいる
□買い物の際に、ついで買いをしてしまうことがよくある
□節約は格好悪いし、面倒だと感じる
□クレジットカードの分割払いやリボ払いをよく使う

横山氏によれば、金銭感覚と生活態度は密接に関係しているという。

「時間が守れなかったり、片付けの苦手な人は、お金にもルーズな場合が多い」とのこと。
また、電子マネーで、交通費や買い物代などジャンルの違う出費を混ぜて支払うことも避けたい。
収支を把握しづらくなり、支出が増える原因となってしまうからだ。

消費税のみならず、この先も僕らの負担は増える一方。
少しくらい給料が増えたからといって、無駄な支出を続けていたら、お金なんて貯まるはずもない。
傷が深くなる前に、今一度、自分の“悪癖”を見直してみよう。
(井上真規子/verb) (R25編集部)
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト