2014年04月25日

放置すれば心が病む!すぐ「自分のせい」にしてしまう悪い癖の直し方5つ

放置すれば心が病む!
すぐ「自分のせい」にしてしまう
悪い癖の直し方5つ
2014.04.25 11:45 WooRis

上司の表情が暗いだけで「自分のせいかもしれない」と考えこんでしまう……。
このように理由もハッキリしないのに、すぐ「自分が悪い」とビクビクしたり、落ち込むことはありませんか?

「自分が悪い」と1日に2〜3回思う人もいれば、年に2〜3回しか思わない人もいます。
実はこれは“思考の癖”なんです!

 この癖を直さないと、必要以上に自分を責め続けることになり、積もりに積もって、不眠やうつになってしまう可能性があります。

そこで今回は、哲学を専門とする筆者から、すぐに「自分が悪い」ととらえてしまう悪い思考癖から抜け出すための5つのステップをご紹介します。

■1:“自分の思考癖”と自覚する

朝から晩まで自分を責める人もいれば、全く自分を悪いと思わない人もいます。
まずは「自分は“自分が悪いと思う癖”を持っている」と自覚しましょう。
“癖”という言葉通り、何らかの理由で自らその考え方を身に付けてしまっているので、まずは自分でその癖を受け止める必要があります。

■2:“傲慢な癖”と自覚する

一見「自分が悪い」と思う癖のある人は、謙虚なように見えます。
自身も“自分を悪いと思う自分”を正当化している面があるでしょう。

しかし、自分が悪いと思う人は、同じように他人も「あの人は偉い」「あいつはダメ」という目で見ているのです。
「自分が悪い」という考えは、実は“傲慢な癖”なのです。そのように自覚することも大切でしょう。

■3:“物事の見方が偏っている”と自覚する

物事の善し悪しの基準は、職種や性別、人種や国が違えば180度入れ替わります。
それを考えると、あなたが下した善悪の判断は、“偏った物の見方”なのです。
見方を変えてみることも大切かもしれません。

■4:人を善悪の判断をもって見ない

「自分が悪い」と思ってしまう思考癖を根本的に変えるためには、人を善悪の判断をもって見る癖をやめましょう。
他人も自分も、“ありのまま”をただ受け入れるのです。
1日に何度も善悪の判断を下したくて、心はザワつくでしょう。
その度に、ありのままを受け止めるよう、思考をそちらに向ける努力をして下さい。

■5:“人は変わる”と期待しない

「自分が悪い」と思うことは、どこかで「今の自分はほんとうの自分ではない。
自分は変われる」という期待を抱いているから思うのであって、同じく他人に対しても、「もっと変われるはず」という期待をもってしまいます。

しかし、人間は簡単には変わりません。

今の自分が本当の自分であり、今の自分しかこの世には存在していないのです。
自分も変われないのですから、なおさら他人を変えることはできませんよね。

その事実を受け入れましょう。
変えられるのは人ではなく、“やり方”などの手段の方です。

以上、すぐに「自分が悪い」ととらえてしまう悪い思考癖から抜け出すための5つのステップをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
今の自分の状況を自覚し、ありのままを受け止める。
1番簡単なようで、これが1番難しいのです。
時間はかかりますが、冷静に物事を見るクセをつけましょう!
posted by 小だぬき at 15:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記者も体験! 「PTA役員改選」言い訳合戦と上手な断り方

記者も体験! 「PTA役員改選」
言い訳合戦と上手な断り方
2014.4.22 日刊ゲンダイ

「妻が重い病気で…」に教室中が失笑

 正直なところ誰もやりたくないが、いつか一度は回ってくる。

今年もそんなPTA役員の改選の季節がやってきた。

先日、日刊ゲンダイ本紙記者(40代・男)も参加してきた。
そこで目を疑う事態に……。

 先日、長女が通う小学校の保護者会に呼び出された。
新任クラスの担当教諭の自己紹介、今年度の学校行事の説明のあと、ガラリ空気が一変した。  役員の改選である。

公立学校のPTA役員は、学校ごとに改選の時期は違うが、主に今のような新年度4月と、前年度の1〜2月に行われることが多い。

私の長女のクラスの場合、本部委員や学年委員があるから、ざっと父母の頭数を数えて5人に1人が該当する感じだ。

 司会係(前年委員)が、自己推薦を呼びかけた。
教室中を重苦しい雰囲気が包む。
誰も手を挙げない。
他薦となる。
しかし、ここで「責任感のある佐藤さんがよろしいと思います」などと言ったら、私は一生、佐藤さんに恨まれる気がする。

 やはり抽選になったのだが、その前に「免除してください」という人たちが、辞退理由を述べる。
そこで記者は、その辞退理由に耳を疑った。

「え〜、私は医師をしております。実は妻が重い病気にかかっており(病名は不明)、とてもPTAの任には堪えられないと診断しました。誠に残念ながら、ご辞退申し上げます」

 周囲の父母たちの視線は宙をさまよう。
よく見かける元気な奥さんなのに……。
「ならば、あなたがやれば」という思いもあるが、そこは世間知らずな医者のこと。
これでも立派に断っているつもりなのだろう。

 だが、役員をやりたくないのは誰もが同じだ。
定例会のほか、学校行事、先生の慰労会のたびに呼び出され、近所で事件でもあれば、「防犯パトロール」もやらされる。

何人かが、「共働きなので辞退させてほしい」「主人の転勤が決まりそうなので……」と言い始めたが、すべて却下。
今の時代、共働きの方が多いし、転勤は決まってから言えばいいのだ。

 反対に「妊娠中」「シングルマザー」「自宅で両親を介護している」は、ほぼ辞退が認められるケース。

 一方、「1年生のときにやった」は認められるか微妙だ。
「市川市は少子化のために児童数が少ない。
多い人は中学に上がるまでに3回はやらされます」
 こういうのは、30代のヤクルトレディーだ。

 話は記者の保護者会に戻るが、結局は厳正な“じゃんけん”で決めることになった。

 だが、じゃんけんには必勝法がある。
桜美林大学の芳沢光雄教授(数学者)が1万回以上のじゃけんを調査したところ、
「グー」は35.0%、
「パー」が33.3%、
「チョキ」が31.7%となった。

つまり、「パー」を出せば、勝率はちょっと上昇する。

 その結果は……。見事に勝利。PTA役員は、来年度以降になった。
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト