2014年08月28日

除籍謄本の面白さ?? 昨日の小だぬき

昨日は 葬儀社のサポート担当の方の手続き説明

そこで はじめて知ったのですが、各種故人の手続きに必要な「除籍謄本」というのは、本人の婚姻届け時本籍だけではなく、出生時の親の「除籍戸籍」も必要になることです。

父は 水戸市でk親子から生まれ T子さんの養子になり 母と結婚して 川崎に本籍を持った。

そうすると、相続などの手続きに要する 除籍謄本は、水戸のK家・T家と現川崎の3種類の除籍謄本が必要になるということでした。

区役所で 水戸の除籍謄本申請の用紙2枚を貰い、連絡法と交付手続きについて丁寧に説明してくれて、すべて往復郵送手続きが原則なので期間がかかるとのことです。

それが揃って 初めて「相続人」確定になるということでした。

区役所での父の除籍戸籍手続きは まだ終了しておらず 早くても 金曜日以降になるとのことでした。

死亡と同時に失効した「印鑑登録証」カードの返却もしました。


葬儀社の請求書もできているというので、その費用も支払いました。


今まで 意識もしなかった水戸で生活していた時の父の存在証明、不思議発見になりそうです。

後は、父の所得確定申告と「厚生年金停止」と「母への遺族年金申請」が 当面できる手続きになります。



教訓.

親の本籍地に近い所で結婚・子育てをし本籍地の選択も親の住んでいる所にすると 手続きが簡単。

ある年齢になったら 生前贈与や現金化をしておくと 相続手続きなどが スムーズ

銀行・信託・郵便局などへの資金分散も 口座数を絞り込んでおくことが大切

交友関係や主要連絡先などは 記録としてのこしておく。

金融機関などで キャッシュカードは作っておき、暗証番号などは控えておくこと。
posted by 小だぬき at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする