2014年12月09日

【無念!失われた老人票】〜施設に入っている人は投票出来る?出来ない?〜

【無念!失われた老人票】
〜施設に入っている人は
          投票出来る?出来ない?〜
Japan In-Depth 12月9日(火)15時0分配信


うちの母親は97歳である。
95歳までマンションに一人暮らしでピンピンしていたが、腕の骨を折ってから要介護2になり、ヘルパーさんの世話が必要になった。

その後1年半前に東京都世田谷区内の老人ホームに入ることを決意した。
高齢者がいつこうした施設に入るのか、実はタイミングが実に難しい。

誰しも健康で自立している時は、施設には入りたくないものだ。
イメージとして、老人ばっかりで気が滅入る、と思うのだろう。

しかし、寝たきりになってからでは手遅れだ。
受け入れてくれるところも限られてくる。

では自宅で看れるのか、という問題に子供は直面する。
かといって、本人に入る気がないのだから、これまた簡単にはいかないのだ。

政府は、「介護は家庭で」、という方向らしいが、ことはそう簡単ではない。
親の介護の為に離職したり、下手をしたら老老介護に疲れ果て無理心中などということになったらこんな悲劇はない。

さて、話は今回の選挙である。
結論から言うと、母親は投票をあきらめざるを得ない。

なぜか?当然、母が現在居るのは老人ばかりの施設である。
普通、老人ホームの中で投票できるのかと思うのが自然だろう。

実際、病院や老人ホーム等に入院・入所している有権者が、投票日当日に投票所へ行けない場合、その施設内で不在者投票をすることが出来る制度がある。


しかし、実態は違う。

まず、その老人ホームが東京都選挙管理委員会の指定がいる。
世田谷区内のすべてのこうした施設が指定を受けているわけではないのだ。
理由は様々あろう。
施設が出来たばかりで申請していなかった、だとか、申請はしたが認可が下りる前に総選挙になってしまった、とか。

筆者が区の選管に聞いたところ、身体障害者手帳を持っている人と、要介護5の人は、在宅投票が例外的に出来るという。

うちの母は要介護3である。
健康な人にはわからないだろうが、要介護3だと一人で期日前投票所に行くことは容易ではない。
自動車と車いすで行けばいいではないか、と思う人がいるかもしれない。
しかし、この冬空に気温の変化が激しい室内と外の行き来など、考えられない。

頭はしっかりしていてどの候補者か、どの政党か選ぶ能力がある母の選挙権がこんなにたやすく奪われてしまうことに驚いた。

母親は今も投票できると思いこんでいる。
施設からの説明もなかったし、区の選挙公報にもそんなことは何も書いてない。
還暦目前の自分を含め、団塊の世代諸氏もそう遠くない将来、施設入りだろう。
自分たちの投票の権利を確保する為にもこうした実態に目を向けるべきだ。

注)世田谷区の選管は、こうした選挙に関する制度は絶えず変わるので将来的にどうなるかはわからない、と説明した。

. 安倍宏行(Japan In-depth編集長/ジャーナリスト)
posted by 小だぬき at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開戦73年の決意 平和貫き「戦争する国」許さず

(小だぬき)
衆議院議員選挙のマスコミ予想は、低投票率を前提にして「自民・公明党 圧勝」予測を紙面に掲載しています。
もし棄権する・興味ない・めんどくさいなどと思っている「無党派」の方々、皆さんでマスコミ予測に挑戦してみませんか??
 自分が 反与党に投票して 高投票率になってもマスコミのいう「予測」通りになるかを・・・。
自分の投票権という権利を使って 政治を動かせるか

 まわりにも声をかけて「国民をなめるなよ」「まさか俺の投票は 予想していないなんて言わせないぞ」と散歩がてら 与党当確者と言われている人に一泡ふかせてみませんか??
今、無風選挙などといわれていますが、違いますよね。
生活でいっぱいいっぱいで 疲れているだけですよね。
何か 「俺たちを無視すると マスコミ予測など 吹き飛ばすぞ!!」と
 いい意味での遊び心で投票してみませんか??
少なくとも投票率を限りなく80%に近づけてみましょうよ。


開戦73年の決意 
平和貫き「戦争する国」許さず
2014年12月8日(月) しんぶん赤旗「主張

 歴史的な総選挙のさなか、1941年12月8日のアジア・太平洋戦争の開戦から、73年を迎えました。
日本がマレー半島とハワイを突然攻撃した日です。
その10年前に始めた中国東北部への侵略から45年の敗戦まで、310万人を超す国民と2000万人以上のアジアの人びとが犠牲になりました。

国民が戦後の憲法で、「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」ことを誓ったにもかかわらず、安倍晋三政権は「海外で戦争する国」への道を突き進んでいます。

平和を貫き「戦争をする国」を許さない決意を実行していくことが重要です。

国民の目・耳・口ふさいで

 73年前の開戦と同じ日、全国の特別高等警察(特高)と軍の憲兵隊が、外国への諜(ちょう)報(ほう)の容疑で多数の国民を逮捕したのをご存じでしょうか。

ほとんどが身に覚えのないものでしたが、なかでも北海道大学教師のレーン夫妻と北大生の宮沢弘幸氏らが逮捕されたのは、誰でも見られる海軍飛行場のことを宮沢氏がレーン氏に話したのが、軍機保護法に違反するというものでした。
まったくの冤(えん)罪(ざい)です。

 「宮沢・レーン事件」として知られるこの冤罪事件は、開戦を進めた当時の政府が、国民の目、耳、口をふさぐために、どれほど乱暴な行為を重ねたかを示すものです。

宮沢氏は敗戦後釈放されますが、身体はぼろぼろで、すぐ亡くなります。
27歳の若さでした。

 安倍政権が昨年末成立を強行し、選挙中の10日に施行しようとしている秘密保護法は、「安全保障」に支障があるからとの政府の勝手な理屈で「特定秘密」を指定し、公務員だけでなく出入りの民間企業の従業員にまで厳罰を科すものです。
国民も「共謀」「教唆」「扇動」などの罪に問われかねません。
戦前の軍機保護法や国防保安法の再現です。
施行を許さず廃止に追い込むことが必要です。

 安倍政権は、秘密保護法の制定にとどまらず、事実上の“戦争司令部”になる「国家安全保障会議」の設置、「国家安全保障戦略」の策定、武器輸出の全面解禁、従来の憲法解釈を踏みにじる集団的自衛権行使容認の閣議決定など、日本をアメリカといっしょに「海外で戦争する国」に変える策動を重ねています。

選挙後にはアメリカとともにたたかう「ガイドライン」を改定し、集団的自衛権行使などの法整備をするとしており、改憲も視野に置いています。
まさに「戦争か平和か」の歴史的岐路です

 戦後の世界は、日本などの侵略行為を許さず、紛争は話し合いで解決することを原則にしてきました。
そうした世界の流れに逆らい、国民の平和の決意をないがしろにする「戦争する国」の策動に、総選挙での審判が不可欠です。

反戦平和貫く日本共産党

 戦前の暗黒政治のなかでスタートした日本共産党は、朝鮮半島や中国への侵略の企てに反対し、命がけで国民の暮らしと平和を守ってたたかってきました。
多くの日本共産党員や支持者が弾圧で獄につながれ、開戦の翌日にも「共産主義者」へのいっせい検挙が行われました。
共産主義者の名は戦争反対とつながっていたのです。

 反戦平和を貫く日本共産党を総選挙で躍進させることこそ安倍政権の「戦争する国」づくりへの最も厳しい審判です。
あと1週間力を尽くそうではありませんか。
posted by 小だぬき at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする