2015年10月02日

シリア難民に1000億円 安倍政権“バラマキ外交”3年の総額

シリア難民に1000億円
安倍政権“バラマキ外交”3年の総額
2015年10月2日 日刊ゲンダイ

また、お得意のバラマキだ。

NYの国連総会の一般討論演説で、安倍首相がシリア難民支援に、ポンと約8億1000万ドル(約972億円)を拠出すると表明した。

これとは別に中東・アフリカの紛争地域の復興支援にも約7億5000万ドル(約900億円)をはずむというから、気前のいい話である。

 シリア難民の数は400万人を突破。欧米諸国が対策に苦慮し、国連も世界中に受け入れを求めているのに、日本政府が認定したシリア難民はたった3人。

湾岸戦争の時のように「日本はまたカネしか出さないのか」という声が聞こえてきそうだが、国際社会の批判も安倍にすれば“どこ吹く風”だろう。

 第2次政権の発足以来、安倍は国際機関や新興国に湯水のごとく援助資金を振る舞ってきた。別表の通り、国連で演説するたびにカネを出し、新興国の首脳との会談が決まれば必ず手土産のように資金援助をぶら下げて行く。

その額も10億円、100億円は当たり前で、数兆円規模の拠出も頻繁に繰り返されているから、あ然だ。
安倍が就任後に世界中でバラまいてきた資金援助の額は30兆円近くに上る。

■10月も外交ラッシュ

 もちろん、世界有数の経済大国として国際貢献は重要だが、今や日本は1000兆円を超える借金大国でもある。

国民には消費税アップや社会保障費の削減を迫りながら、世界各国には気前よく公金をバラまくなんて、安倍はどうかしている

ましてや今年1月には、カイロでイスラム国と「戦う国々」への資金援助を表明した途端、邦人2人がイスラム国に殺害されたばかり。

安易にカネをバラまけば、いつ、どんな“痛手”が待っているのか、分からない時代でもある。

「どんな国でも資金が得られれば、喜んで日本のトップと会いますよ。
安倍首相はすでに55カ国を訪問し、『歴代最多』と胸を張りますが、どうでもいい記録更新のために国民のカネを使っているのだとしたら、本末転倒です」(政治評論家・山口朝雄氏)

 この秋、安倍は外交ラッシュ。
10月末に中央アジアを歴訪し、11月はAPEC、ASEAN、COP21と国際会議が目白押し。
また多額の公金がバラまかれそうだ。
posted by 小だぬき at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋のせいじゃない!? 寝ても寝ても眠いのは「過眠症」かも

秋のせいじゃない!?
寝ても寝ても眠いのは
      「過眠症」かも
2015年10月1日 21時0分 Life & Beauty Report

毎日ちゃんと寝ているはずなのに、日中になぜか眠くなってしまうことはありませんか? 

「10時間以上寝てもまだ眠い」
「起きぬけは20分以上頭がぼーっとする」
「夢をたくさん見る」という人は、過眠症という睡眠障害を患っている可能性が高いようです。

■日中にどうしても眠くなる症状は過眠症かもしれません

寝つきが悪かったり、なかなか眠れないという不眠症の存在はよく知られていますよね。
しかしその反対に、いくら寝ても眠気が取れない、長時間寝すぎてしまうといった「過眠症」という睡眠障害も存在します。
夜に十分眠っているにもかかわらず、昼間に強い眠気を感じ、起きているのが辛いという場合は、過眠症かもしれません。

■過眠症を疑う症状3つ

(1)いくら寝ても「まだ寝れる」と感じる

快適だと感じる睡眠時間は個人差がありますが、6〜8時間が一般的。
10時間以上睡眠を取りたいと感じる時や、たとえ10時間寝ても「まだ眠れる」という時は突発性不眠症の恐れがあります。

(2)起き抜けは20分以上頭がぼーっとしている

眠気を満たすべく仮眠をしても、目覚めた時に爽快感が感じられない場合も過眠症を疑うべく症状のひとつ。
目が覚めるまでに20分以上かかるか否かも目安の一つですので、チェックしてみて。

(3)夢をよくみる

夢をみている状態は、基本的に眠りが浅い眠りの「レム睡眠」であることを意味します。
レム睡眠ばかりでは睡眠の質が低いため、いくら長時間寝ても寝足りない、という症状が特徴的な「ナルコレプシー」という種類の過眠症を患っているおそれがあります。

これらの症状に悩まされている場合は、一種の睡眠障害かもしれません。
もしかしたら? と思った場合は、一度、病院へ診察してみても良いかもしれませんね。
                            (前田紀至子)
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする