2015年10月15日

香山リカのココロの万華鏡:その子に何が最善か 

香山リカのココロの万華鏡:
その子に何が最善か 
毎日新聞 2015年10月14日 首都圏版

 悲しいニュースが報道された。
2014年度の児童虐待が過去最多に上った、というのだ。

全国の児童相談所が対応した件数を厚生労働省がまとめたのだが、前の年に比べて約2割増の8万8931件だったとのことだ。
 厚労省は増加に関して慎重な説明をしている。
「きょうだいへの虐待」や子どもの前でたとえば父親が母親に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス」も、本人への虐待として対応するようになったことも関係しているのではないか、というのだ。

 ただ、たとえその分が増加に数えられたとしても、楽観はできない。
診察室で見ていても、虐待の種類やあり方は本当にさまざまだ。

「殴る蹴る」だけが虐待だと思い込んでいる人は今やいないと思うが、家族への暴力を見せられただけではなく、万引きの手伝いを強要された、親が使う違法薬物の受け渡し役となった、といった話も聞いたことがある。

母親が家にいるのに父親とその愛人との旅行に同行しなければならなかったのが苦痛だった、と涙ながらに話してくれた人もいた。
 もちろん、家族の形はそれぞれ違ってよいので「両親がそろっていつも笑顔で家にいること」が何としても必要、と言いたいわけではない。

親が病気でほとんど子どもの世話ができないという家庭もあるだろう。
ただ、子どもはおとなが好きに扱ってよい“所有物”ではなく、独立した心とからだを持った立派な人間なのだ、という基本はどんな場合も忘れてはならない。

 「いやならはっきり言えばよかったのに」と後になって言う親もいるが、子どもはからだも小さく力も弱く、「親にきらわれたくない」といつも思っている。

たとえ「お兄ちゃんが殴られているのを見るのはつらい」と感じても、とても「やめて」と言い出すこともできず、「早く終わらないだろうか」とひたすら待つだけだ。

 かつては「どんな場合も子どもは親のそばで育ったほうがよい」という考え方が一般的で、警察や児童相談所が家庭に介入するのがむずかしかったが、最近、かなり考えが変わってきた。

危機が迫っている場合、子どもはまず命を保護されなければならない。
また、一歩踏み込めば、なんでも「親元がいちばん」ではなく、「この子の場合は別の信頼できるおとなのそばですごしたほうがよい」というケースもあるはずだ。
子どもの問題は一般論では語れない。
「この子ども」にとって何が最善か、と常に考えたい。   
         (精神科医)
posted by 小だぬき at 09:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「一億総活躍社会」は一億総"ストレス"社会 .

「一億総活躍社会」は
「一億総ストレス社会」?
12月の法改正は“しんどくても働け”!?
2015.10.14. ヘルスプレス

 今年12月1日に施行される改正労働安全衛生法。
その取り決めにより、事業者は従業員に対し、ストレスチェックと面接指導の実施等が義務づけられることになった。

 50人以上の従業員がいる企業にとっては、あと2カ月足らずで適用されるこの制度(従業員50人未満の事業は当分の間、努力義務)。
いったいどのようなものなのだろうか?

 厚生労働省が発表している「制度の概要」によると、このストレスチェック制度は、
「定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させる」
「検査結果を集団ごとに集計・分析し、職場におけるストレス要因を評価し、職場環境の改善につなげることで、ストレスの要因そのものも低減させるもの」だという。

 さらに「その中でメンタルヘルス不調のリスクの高い者を早期に発見し、医師による面接指導につなげることで、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止する取組」だと説明している。  

ストレスチェックの調査票にどのようなものを使うかは事業者が自ら選択できるが、国が推奨する標準的な調査票もあり、それがネットでも公開されている。

ネットで公開された“標準的な調査票”

 「A あなたの仕事についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください」という設問には、「非常にたくさんの仕事をしなければならない」「時間内に仕事が処理できない」「一生懸命働かなければならない」「かなり注意を集中する必要がある」など17問。

それぞれ「そうだ」「まあそうだ」「ややちがう」「ちがう」の4段階から回答する。

 「B 最近1カ月間のあなたの状態についてうかがいます。
最もあてはまるものに○を付けてください」とい設問には、
「活気がわいてくる」「元気がいっぱいだ」「生き生きする」「怒りを感じる」など29問。
それぞれ「ほとんどなかった」「ときどきあった」「しばしばあった」「ほとんどいつもあった」から選択する。

 「C あなたの周りの方々についてうかがいます」には、「上司」「職場の同僚」「配偶者、家族、友人等」についてそれぞれ「どのくらい気軽に話ができるか」「どのくらい頼りになるか」「個人的な相談をどのくらいきいてくれるか」を回答する、といった具合だ。

 最後のDは「満足度について」。「仕事」「家庭生活」それぞれに対し、「満足」「まあ満足」「やや不満足」「不満足」の4つから回答する。

制度と逆行する「一億総活躍」の掛け声 .

 うつ病による休職者や退職者の高止まりが社会問題となり、多くの人が苦しんでいるなかで、職場におけるストレスの度合いを早めにチェックする調査が制度化されることは評価したい。  だが、このような機械的な調査が根本的な解決につながるのかというと、それは疑問だ。

「調査をちゃんとやっているからうちの会社は大丈夫」という免罪符に使われてしまい、職場におけるコミュニケーションの柔軟さや、ゆとりのある仕事内容、勤務時間の短縮といった本質的な問題がむしろないがしろにされはしないかという懸念が残る。

そもそも、調査対象となる人が会社に気を使って正直に回答しない可能性だって否定できないのだ。

 折しも、安倍晋三首相は「一億総活躍社会」などということを言いだし、先の内閣改造で「担当大臣」まで任命した。
「一億総活躍」というのは、要するに小さな子ども以外は、どんなにしんどくても休みたくても身体や心が疲弊しても働き続けろ、という意味につながりはしないのか?  

そのように、走り続けなければふるい落とされてしまうようなハードな社会の動きこそが、疲弊するビジネスマンを大量に生み出しているのではないだろうか――。

 厚生労働省の「ストレスチェック制度の概要」によると、このストレスチェックで高ストレスの通知を受けた労働者から申し出があったときは、医師による面接指導を行なうことが事業者の義務になるという。

 願わくは、この「ストレスチェック調査票」が正しく使われ、休みたいときは休める社会にもっと近づくことを期待したい。
うつ病の多くは、まぎれもなく「職場の過重負担」によって起こっているのだから。
             (文=編集部)
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする