2015年10月17日

人生相談:母に仕事を辞めたことを責められつらい

人生相談:
母に仕事を辞めたことを責められつらい
=回答者・高橋源一郎
毎日新聞 2015年10月17日 東京朝刊

 1年前に会社を辞めました。
そのころ母の体調が悪く、母を思って報告しませんでした。
それが最近「なんで私に言わなかったんね。
聞いていたら最後までとどまれといったのに」などと言われるようになり、自分はだめな人間だと考えるようになりました。
悪気はないのでしょうが、母の言葉が記憶に残り、小さいころから傷ついています。
大学生の子ども2人を一人で育てています。(50代・女性)

 

他人を傷つけることばを平気で吐く人がいます。
そして、当人はたいていそのことに無自覚……と書くと、みんな、その通りと思うでしょう。
どうしてそんなことができるのか、って。

   実は、ほとんどの人がそうやって、他人を傷つけています。
わたしだって、例外じゃありません。

自分のことばが、どんなふうに受けとられ、他人を傷つけているのか、気づかない。
誰もが他人を傷つける。
ただ、そのことを知っているか、知らないか、の違いがあるだけです。

お母さまを許してあげましょう。
ことばの恐ろしさをよく 知っているあなたの方が、自覚のないお母さまにとっては、親のような存在なんですから。
 
さて、お母さまを許してあげるなら、あなた自身も許してあげる必要があるでしょう。
女手一つで子どもたちを育てあげようとしている。
頑張られましたね。
そんなあなたが、自分を否定するようなことばを(内心ではあれ)発するとします。
もし、そのことを知ったら(そんな態度をとったら)、お子さんたちは、深く傷つくことでしょう。
自分の母親が、自分自身の生涯を肯定できない、としたら、子どもにとって、それほど悲しいことはないのです。

 親の役目は、ただ、子どもを育てることだけじゃありません。
「自分を肯定する」姿を、子どもたちに見せてあげなければならないのです。
あなたにはできるはずです。
こんなにも頑張ってこられたのだから。(作家)
続きを読む
posted by 小だぬき at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疲れや不眠が続いたらチェック:見過ごしてはいけない「うつ病」の7つのサイン

疲れや不眠が続いたらチェック:
見過ごしてはいけない
「うつ病」の7つのサイン
2015年10月15日 21時0分 ライフハッカー[日本版]

米疾病対策センターによると、10人に1人のアメリカ人はうつ病を経験しているそうです。
しかし、うつ病の状態にある人でも、自分がうつ病だと気づいていない人が多いのです。
うつ病は軽度から重度まで範囲も広く、かなり症状が異なります。

うつ病の兆候は、疲れやストレス、加齢によるものだと思われていることもよくあります。
今回は、見過ごしてはいけないうつ病のサインを7つ、ご紹介します。

1. 怒りっぽくなる

ほとんどの人は、うつ病になると悲観的になり落ち込むものだと思っています。
しかし、うつ病でも絶望的になったり落ち込んだりするのではなく、イライラしたり怒りっぽくなる人もいます。
自分が怒りっぽくなってきたと思ったり、周りの人が腫れものに触るかのように自分に接していると気付いたら、見過ごしてはいけません。
ストレス過多や仕事の負荷が高い状態で、自分がイライラしたり怒りっぽくなっていることを責めてはいけません。
そういうときは、もしかしたらうつ病かもしれないと考えてみてください。

2. 睡眠障害がある

1日や2日、眠れない日があっても、そこまで警戒する必要はありませんが、睡眠が困難な状態が続いたら赤信号です。
うつ病の症状で不眠症になっていることがあります。

うつ病の人の多くが、疲れているにも関わらず、寝付きが悪かったり、眠りが浅いことに悩まされています。

また、うつ病で眠り過ぎるようになる人もいます。
朝起きるのが困難になり、夜も眠気を我慢できなくなります。
日中に昼寝をするようになる人も多いです。
自分の睡眠習慣が変わってきたと思ったら、その背後にある原因の可能性について確かめることが大事です。

3. 痛みがある

心と体は驚くほどつながっています。
メンタルヘルスに問題を抱えていると、身体的にも問題があらわれることがよくあります。
原因不明の痛みや、通常は加齢に伴う痛みなどは、多くの人が見過ごしてしまいがちです。
しかし、頭痛や腰痛、筋肉痛もうつ病のサインの場合があります。

4. 元気がなくなる

うつ病になると元気がなくなり、常にだるく無気力になります。
しかし、多くの人が「最近寝るのが遅いから」とか「忙し過ぎていつも疲れているだけ」などと言って、疲れのせいだと思っています。


自分のエネルギーレベルが、時間とともにどのように変化してきたかを考えてみましょう。ちょっとした仕事でも疲れたり、終わらせるのに時間がかかるようになってきたら、うつ病になっているかもしれません。

5. 罪悪感を感じる

人生や生活の中で起こった出来事に対して、不必要に自分を責めるのは健全ではありません。
離婚から子どものようにケンカしてしまったことまで、あらゆることに罪悪感を感じているなら、うつ病かもしれません。


また、うつ病の人は自分に価値がないと感じていることも多いです。
頭の中の自分の言葉に注意を払い、あまりにも刺々しく批判的になり過ぎていたら、それはうつ病のサインかもしれません。

6. 向こう見ずな行動をする

外では明るいお祭り人間のように見えている人が、実はうつ病を患っていることがよくあります。
ギャンブルにハマったり、リスクの高い性行為をしたり、薬物を乱用したりするのは、不快な感情を隠そうとしているのかもしれません。
最近、新しく危険なことに没頭しはじめた人は、精神的な不安を紛らわそうとしているサインかもしれません。
残念ながら、この手の不健全なもので気が紛れるのはほんの一瞬だけです。
長い目で見ると、うつ病を悪化させることになります。

7. 集中力が落ちる

集中し続けることが難しかったり、頭がぼんやりする場合は、うつ病のサインかもしれません。

うつ病の人は忘れっぽくなったり、カギや書類など毎日何かを忘れたりすることがあります。
現代のようなデジタル社会では、ほとんどの人が集中しにくい状況にありますが、集中力に問題がある場合は気分障害の可能性も考えられます。
生産性が落ちてきたり、仕事をし続けるのが難しいと感じたら、うつ病かもしれないと考えてみてください。

うつ病かもしれないと思ったらやるべきこと

自分はうつ病かもしれないと思ったら、すぐに病院に行って医師に相談しましょう。
うつ病は治療が可能な病気です。
セラピーや瞑想、その2つを組み合わせたものなどで、症状が軽減することもあります。

7 Subtle Signs of Depression You Shouldn't Ignore
|Inc. Amy Morin(訳:的野裕子) .
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする