2016年12月31日

訪問ありがとうございました。明日からもよろしくお願いします。

今年も今日で〆になります。
多くの方にご訪問、コメントを頂き感謝しています。
喪中の期間ですので 新年の挨拶は心の中で・・・。

弟の7回忌、父の3回忌と母の葬儀・法要、相続手続きなどで あっという間に 時が過ぎ去ったように感じます。
水戸の菩提寺「祇園寺」、福島のいわき市・広野町役場での母の出生から結婚までの戸籍謄本を取りに行くというミニ旅行もできました。
特に福島県では 護岸工事の様子や空間放射線量計などで 3.11の東北大震災と津波、福島第一原発事故の後遺症などを肌で感じました。
このいわき市・広野町(旧平市)は50数年前に父母に連れられ 常磐炭鉱社宅の祖父母、叔父の家を訪ねた記憶が蘇りました。
炭鉱のボタ山があった所も思いだしたものです。
当時は、映画「フラガール」の世界そのものです。
叔父は炭鉱爆発事故の犠牲になり身体不自由になったのは その前後の時期だったと思います。

いわき駅までの常磐線は 本数が多いのですが、その先の常磐線は極端に本数が減り 1時間に1本、1時台は0本ということを 頭に入れていったのですが、困った問題がありました。
それは トイレです。
街が健全過ぎて 駅舎にもなく パチンコ屋・コンビニ・公園が見つからず 冷や汗をかきつつ町役場を探しました。
恥ずかしいのですが、役場を見つけて まず探し飛び込んだのが役場トイレでした。
無事 戸籍を収得し なんと帰路に道を間違え 迷子に。
乗る予定の電車の時刻に間に合わず 約1時間30分の待ち時間に・・・。
いわきからの品川終点 スーパーひたちとの接続が 約10分という離れ業。
JRの「おとなの休日倶楽部」カードで 5%引き切符の往復を 余裕を持って買ったつもりだったのに いわき駅でトイレだけの時間しかとれませんでした。

地方の時間になれていれば 生活リズムもその流れになるのでしょうが、一人旅で想定外の迷子になり 綱渡り的な小旅行になりました。

うつ病のためか普段は引きこもりのような生活なのに、母の戸籍がとれた翌日に 法務局に行き実家登記変更手続きに。
相続登記は 必要書類を整えれば 社労士さんに頼まずともできます。
法務局の登記変更相談で 申請書の書き方を教えてくれます。
妹によく言われるのですが、兄貴は 動けるとなるとムチャをする その通りの12月でした。 

1年を通してコンスタントに動ければいいのですが 1勤6休の状態。
来年は せめて2勤5休くらいのペースで動ければと思います。

年々 月日の経つのが早く感じます。

訪問して下さった皆様の健康と幸を願い、新年を迎えたいと思います。
ありがとうございました。
明日からもよろしくお願いいたします。
続きを読む
posted by 小だぬき at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・静養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 安倍首相が発したアホバカ発言集

き直り、陰謀論、逆ギレ、詭弁…
安倍首相が発した
2016年「アホすぎて茫然」の発言集!
2016.12.29 LITERA編集部

 今年、安倍首相が吐いた「大嘘ワースト10」に続いて、今度は2016年に飛び出した「ベスト・オブ・アホ発言」をお送りしよう。
 マスコミを完全封殺した結果、不都合な事実が伝えられず高支持率を維持することに成功した安倍政権だが、そのことで図に乗った総理が今年はさらに大暴走。
背筋が凍るような開き直りに、妄想、陰謀論、トンチキな詭弁、逆ギレ……そんな安倍首相の醜態を厳選して詰め合わせた、リテラからの御歳暮だ。
 え? そんなものいらない?
 まあまあそう言わず。
来年こそは返品できるよう、いまは絶望のアホっぷりをとくと噛みしめていただきたい。

◎誰か教科書持ってきてあげて!
「私は立法府、立法府の長であります」
5月16日、衆院予算委員会 いや、あんたは行政府の長だから!
 誰か三権分立を説明してあげて! と悲鳴をあげたくなった一言(姑息なことに、議事録ではこの発言をこっそり修正)。
ただ、何度も同じ間違いを繰り返し、さらには強行採決を連発する姿勢からは、本気で立法府は自分の思い通りになるものだと信じ込んでいる可能性も……。

◎萎縮してないの、ソコくらいでしょ…
「きょう、帰りにでも日刊ゲンダイを読んでみてくださいよ(笑)。
これがですね、萎縮している姿ですか?」
2月4日、衆院予算委員会 キャスター降板が相次ぐなど言論機関の萎縮を問われ、その返事がコレ。
いつから日刊ゲンダイは日本を代表する言論機関になったんだよ!(ゲンダイさんごめんなさい!)と言いたいが、このあと調子づいた安倍首相は「安倍政権を弁護する立場の言論のほうはですね、なかなか貫き通しにくい雰囲気すらあるという人もいるわけで」などとネトウヨ陰謀論を開陳。
それこそ、ワイドショーや産経や読売をみてくださいよ(笑)。

◎頭の中、大丈夫?
「(国会でのヤジは)独り言だったんですが、独り言(の声)が大きくなった」 5月1日、『ワイドナショー』(フジテレビ)
審議中についつい「日教組!」って独り言を言っちゃってる、とな。
ヤ、ヤバい、完全に頭の中を陰謀論に支配されていて、勝手に口が……。

◎期待裏切らない!イライラキャラ炸裂
「ちょっと6時に出なきゃいけないんだよ、飛行機の問題があるから! 6月21日、『報道ステーション』(テレビ朝日)
参院選前の党首討論の収録で、さんざん「簡潔に申し上げます」と言って野党の追及に割って入っては長々と話した挙げ句、最後にはイライラした様子で腕時計を指さして、この「俺は忙しいんだアピール」。
時事通信によれば、安倍首相は収録後も「(収録は午後)6時までって言ったじゃないですか。びっしりなんですから、日程が」と司会者に詰め寄ったらしいが、収録が終わったのは6時1分……。
文句をがなり立てる時間があるならさっさと空港行こうよ!

◎むしろクッパに徴兵されたクリボーでしょ?
「安倍晋三です。マリオではありません。でも、マリオのように闘い続けています」 9月21日、NY・金融関係者向け会合で 絶対言うと思った発言その1。
そこまで安倍マリオをお気に召したのならヒゲを伸ばしてみたらいかがかと思うが、そんなことをしたら、海外メディアはマリオじゃなくヒトラーと重ね合わせること必至だしねえ。

◎そのヨイショを自慢げに語る感覚がスゴイ
「(トランプに)こんなキュートなPPAPは初めて見たと言ったら本当に喜んでくれた」 12月20日、講演会で 絶対言うと思った発言その2。
トランプもかわいい孫を褒められたらそりゃ喜ぶよね、としか。
というより、たんなるヨイショ話を外交成果のように誇らしげに語るって、すでに従属っぷりがすごいんですが。

◎ニューヨークでも「保守速報」脳
「日本はいわゆる侍の国として、非常に保守的な国でもあります」 9月2日、NY・男女平等イベントでのスピーチ 男女平等を語る場で「日本は侍の国で保守的」と胸を張るって、どういうこと??
  しかも安倍首相はこの言葉のあと「日本が変われば世界が変わると聞いています」と続けたが、一体、誰に聞いたの?
「日本はサムライ」「日本はスゴイ」って、そこ、日本会議の集会じゃないですから!

◎日本語が不自由すぎる首相官邸
「日本政府を代表して、キューバ政府及び同国国民、ご遺族の皆様に対し、ご冥福をお祈りします」
11月26日、首相官邸Facebookでのカストロ議長哀悼メッセージ
いやいや、政府と国民と遺族に「ご冥福をお祈り」するって、失礼すぎるよ!
 その後、首相官邸は文面を修正したが、「日本の伝統を守る」だの「美しい国」だのと言っている人間とその取り巻きがこれなのだから、呆れるほかなし。

◎待機児童対策がコレだそうです
「叙勲において、保育士や介護職員を積極的に評価していくことについても検討していきたい」 3月14日、参院予算委員会
「バカ発言」というより「バカにするな発言」と言うべきか。
待機児童問題の背景にある保育士などの“待遇改善”の一環が勲章などの栄典を授与って、給与水準のアップが先決なのは当然。
ちなみに、賞勲局によれば勲章を含む栄典全体の予算額はおよそ28億から30億円、そのほとんどは勲章や褒章の製造費とのこと(06〜10年まで。栗原俊雄・著『勲章 知られざる素顔』岩波書店より)。
本気で待機児童問題に取り組むつもりなら、この予算をすべて回してください!

◎「TPP断固反対」で政権奪取したのにね
「(TPPは)決して終わっていない」
「いま、我が国こそが早期発効を主導せねばならない」 11月14日、参院TPP特別委員会
トランプとの会談を控えてこう息巻いたのはいいものの、会談後トランプはあっさり「就任初日に離脱通告するから」と宣言。
目も当てられない状態に。
しかも“重要5品目などの「聖域」が確保できないなら脱退”という国会決議も守られていない状態で12月9日には強行採決で可決、成立させちゃったのだから、これはあきらかな政権の大暴走だ。

◎もはや、ツッコむ気にもなれない無責任
「憲法について論評はできるが、答える義務はない」 10月12日、衆院予算委員会
参院選の遊説では憲法改正のケの字も出さず、選挙が終わると「信任を得た」と言って改憲まっしぐらだったのに、いざ国会で憲法改正草案について追及されるとダンマリを決め込むようになった安倍首相。
で、この発言である。
論評っていってもどうせ「押し付け憲法だ」の一点張りで「芦部信喜? 誰それ」などと不勉強が露呈するだけだろうが、改憲の旗振り役なのに「答える義務はない」とは、あまりに無責任だ。

◎映画の取材協力者はあなたの嫌いな枝野&百合子だけど
「『シン・ゴジラ』でも自衛隊が大活躍していると聞いています」
9月12日、自衛隊幹部との懇親会で この時点では「まだ観ていない」ということだったが、そりゃあ安倍首相にとっては早くしたくてしたくてたまらない「防衛出動」が描かれているのだから、喜ばしい作品であることはたしか。
こうした『シン・ゴジラ』ブーム=「自衛隊が国民に支持されている!」と気をよくした結果か、ついには次のようなパフォーマンスまで披露したのだ。

◎ヒトラーですか? それとも金正恩ですか?
「(命を賭けている自衛隊に)いまこの場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」 9月26日、衆院本会議での所信表明演説
安倍首相がそう言うと、自民党議員らが次々に立ち上がって拍手……。
戦後はじまって以来のファシズムを想起させる国会パフォーマンスに、野党や一部メディアからも「まるで北朝鮮や中国共産党の党大会だ」
「言論の府にふさわしくない」という批判の声が上がった。
しかも恐ろしいのは、安倍首相が “起立して拍手”を促す際、「海上保安庁、警察、自衛隊に敬意を表す」という大義名分を掲げていたこと。
つまり、あらかじめ自衛隊員の“英雄化”をはかっておくことで、駆けつけ警護で殉職者が出た場合の反発を最小限に押さえ込もうとした可能性があるということだ。
そして、駆けつけ警護の危険性を指摘されたときに発したのが、次の言葉である。

◎命がかかった問題なのに、この軽さ
「南スーダンは、たとえば我々がいまいる永田町と比べればはるかに危険」 10月12日、衆院予算委員会
なに言っちゃってるの? という感じだが、安倍首相は「永田町よりは危険だろうが、それくらいでなぜ『駆けつけ警護』をやめる必要があるんだ」と言いたかったらしい。
あまりにふざけた答弁だが、これは安倍首相がいかに自衛隊員の命を軽んじているかの証拠だろう。
そして、自衛隊の活動地域であるジュバの治安悪化が次々と伝えられても、政権は「戦闘状態ではなく衝突」「状況は安定している」と詭弁を弄し、ついに自衛隊員を送り出してしまった。
この罪深い判断を絶対に忘れてはいけない。

 ……とまあ、このように茫然とするような発言が相も変わらず総理から飛び出した2016年。ただ、失笑しているだけではいけない。
最後にも触れたように、安倍首相は今年、こうした呆れた発言を繰り返しながら、あきらかな戦闘地域である南スーダンへ自衛隊員を送り、沖縄に対しては危険を甘んじろと言わんばかりに圧政を敷いたのだから。

 権力の暴走を監視するという役割をメディアが放棄しているいま、安倍首相のひとつひとつの言動をチェックし、責任の追及をおこなっていくこと。
来年も本サイトではそうした「当たり前」を続けていきたいと思う。
(編集部)
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト