2017年05月05日

こどもの日に考える ボイメンのつくりかた

こどもの日に考える 
ボイメンのつくりかた
2017年5月5日 東京新聞「社説」

ウソがホントを蹴散らすような、おかしな時代。
「大丈夫、信じていいよ」と断言できる大人でいたい。
こどもの日。
健やかな未来を願う、おとなの日。
 「大人を信じていいの?」−。

 千葉女児殺害・遺棄事件を報じる新聞の見出しが、わが身に突き刺さるようでした。
 識者は語る。
「人を信じることをやめないで」
「信頼できる大人は常に近くにいます」  そうに違いありません。
でも、どこに。

 学生時代にはやった歌を思い出しました。
 ♪なんて悲しい時代に生まれてきたんだろう/
信じれるものが何ひとつないけれど/
せめてお前だけは…。
 永井龍雲さんの「悲しい時代に」。
悲しい時代は、未来に続いていくのでしょうか。
 心が折れそうになる中で、ふと目に付いたのが、一冊の本の表紙の写真。
タイトルは「夢は叶(かな)えるもの!−ボイメンを創った男−」です。

イケメン男子に囲まれて、映画スターのジャッキー・チェンを少しごつくしたようなオジサンが、屈託なく笑っています。
まるで本物の子どものように。
 ボイメンを見いだし、育てたプロデューサーの谷口誠治さん(57)。
その笑顔に、なぜか会いたくなりました。

◆ともに見る夢がある
 ボイメン。
「BOYS AND MEN(ボーイズ・アンド・メン)」は、東海地方出身、在住の男子ばかり十人からなるアイドルユニット、つまりグループです。
 七年前に名古屋で結成。
昨年暮れに発売されたアルバムが、初登場でオリコン・チャート一位を獲得し、レコード大賞新人賞を受賞した。
年明けには、日本武道館の単独ライブを成功させました。
 もはや押しも押されもしない全国区。
ジャニーズ系と人気を争うようにさえなった。

それでも彼らも谷口さんも、東京に拠点を移すつもりはありません。
 「名古屋から全国、そして世界へ」。
それが彼らと谷口さんが、ともに見る夢だから。
「ありえへん」と言われ続けた夢だから。
 単刀直入に、聞いてみました。  

「どうすれば、信頼される大人になれますか」
 谷口さんは少し困ったような顔をしながら、丁寧に答えてくれました。
 「“一緒に夢をかなえようぜ”。
そんな思いを強く持つ大人がいることを、まず見せなあかんと思うています。
あとさきなしにゴールに向かって走る姿勢を、ぼくが最初に示す。
ビジネスなんかあと回し。
思いをきちんと伝えられれば、信頼のきずなも見えてくる。
不言実行あるのみです

 若い世代に大人の夢を押しつけない。
夢をかなえる手段にしない。
今はやりの「寄り添う」ではなく、同じ地平にともに立ち、ともに大地を踏み締める。
一歩も二歩も先を行く、大人としての気概を見せる。

 昨年秋、かつて、プロのローラースケーターだった谷口さんは、ボイメンの主演映画のヒット祈願と武道館ライブのPRのため、東京−名古屋三百六十キロを、インラインスケートで走破した。
 「夢はかなう。
かなわないのはすべて自分に原因がある。
そう思うと力がわいてくるんです」と、谷口さんは笑います。

 大阪出身の谷口さんは、こんなことも言っています。  
「ぼくの原点は、寛美さん」
 藤山寛美。
松竹新喜劇を率いて関西から東京へ攻め上り、日本中を笑いに包んだ不世出の喜劇王。
 笑わせて、ほろりとさせて、幕切れはハッピーエンドの人間模様。
「あんさんも、おきばりやす」と、元気をくれた。

 小学二年の谷口少年も「こんなおもろい大人になりたいなあ」と憧れた。

◆おもしろい大人になる
 そうだ。
信頼できる大人の不在を嘆くくらいなら、自分自身がそんな大人になればいい。
ボイメンを創る人にはなれずとも、次の世代に伝えていきたいものが、誰にでも一つや二つはあるはずです。

 “昭和の不言実行”が、“平成の子どもたち”にも、おしなべて通用するかどうかはさて置いて、とりあえず“私自身”の思いをのせて、こいのぼりを揚げてみよう。
五月の風に泳いでみよう。
posted by 小だぬき at 15:17| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何のために働くの?

何のために働くの?
2017年5月2日 読売新聞

暮らしも社会も支える

何のために働くの?
 Q 大人になったら、働かないといけないの。

 A 憲法では、働くことは、「税金を納めること」と「子どもに教育を受けさせること」と並んで、国民の義務とされているよ。
働くことには、いろいろな意義があるんだ。

 まずはお金を稼いで生活するためだよね。
ご飯も食べるし、住まいもないといけない。
食材を買ったり、毎月の家賃を支払ったりしているよね。
旅行にも行きたいし、映画を見ることもある。
働いて得たお金で、様々なモノを買ったり、サービスを受けたりして暮らしているね。
 逆から見ると、働くということは、ほかの人が求めるモノやサービスを作り出していることでもあるよ。
農家なら野菜を作るし、医師は病気やけがを治療してお金を得ている。
学校の先生は子どもたちに勉強を教えているね。
仕事で得たお金で、モノやサービスを買う。
働くことは経済活動に参加することでもあるんだ。

 Q ほかにも意義があるのかな?

 A 働いて得た収入の一部を、税金として国や自治体に払っている。
年金や医療・介護の保険料も納めている。
税金は道路や公共の建物を造ることなどに使われているし、病気やけがで治療を受けるとき、みんなが払うお金が、かかったお金の一部で済むのは保険があるからだ。
働いて必要なお金を負担し合い、社会を支える仕組みにも役立っている。

 Q 社会のためでもあるのね。

 A 社会は、数多くの職業の人が働くことで成り立っているわけだね。
将来、どんな職業に就きたいか考えたことはあるかな?
 希望の職業に就くことは、「こんな自分になりたい」という目標を達成することでもあるし、誰かの役に立つという、やりがいを感じることもできるんだよ。
 ただ、育児や介護と両立できずに退職せざるを得なかったり、「ブラック企業」で低賃金で長時間労働を強いられたり、働くことを巡っては様々な問題もある。
誰もが自分にあった働き方で、仕事が続けられるように、考えていくことが必要だね。
(小沼聖実)

元の記事を読む
posted by 小だぬき at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
モッピー!お金がたまるポイントサイト モッピー!お金がたまるポイントサイト