2017年06月02日

どちらが嘘つきかは一目瞭然 安倍首相と菅官房長官の悪相

どちらが嘘つきかは一目瞭然
安倍首相と菅官房長官の悪相
2017年6月1日 日刊ゲンダイ

「顔色が悪い」「顔がむくんでいる」――。
国会答弁やぶら下がり会見での安倍首相を見て、永田町でまた、そんな声が上がっている。
そりゃそうだろう。
今年2月に森友学園疑獄が炸裂して以来、安倍にとってストレスがたまる問題ばかり続発しているのだ。

 北朝鮮のミサイル発射に対する強硬姿勢で内閣支持率こそ微減で済んでいるが、金田法相に代表される閣僚のおバカぶりに悩まされ、「退位」をめぐる政府の有識者会議について「天皇が不満」という報道の激震、外交もやりたい放題のトランプ米大統領にマトモに相手にされず……。  

そこへもってきての加計学園疑惑である。
森友問題は“アッキード事件”だったが、加計は安倍の「腹心の友」への便宜供与が疑惑の核心。
安倍本人が主人公であり、自ら疑惑のド真ん中にいるのだから、ストレスが頂点に達していることは想像に難くない。
持病の「潰瘍性大腸炎」に、ステロイドだって効かなくなる。顔がむくむのも無理はない。

 そんな健康状態では、精神だって不調を来す。
だからだろう、一昨日(5月30日)の参院法務委員会での答弁は、いつものエキセントリックさに磨きが掛かっていた。
 民進党の小川敏夫議員が、加計問題で「文科省の文書は本物」と告発した前川喜平前文科事務次官の証人喚問を求めると、安倍は聞かれてもいないのに、「国家戦略特区は岩盤規制にドリルで穴をあけるもの。
抵抗勢力に屈せず前へ進める」と大演説。

 その上で「印象操作だ。私が友人である加計さんのために便宜を図ったという前提で恣意的な議論だ」とムキになって怒り、揚げ句には、「知り合いだから頼んだことはないと何回も申し上げている。
そうではないというのなら、小川さんが証明していただきたい」と声を荒らげたのだ。
 これには弁護士出身の小川議員も、「裁判じゃない。疑惑を招いたら自ら積極的に証明するのが政治だ」と呆れた様子だった。

■時代劇の悪代官にドン引き
 おかしいのは安倍だけじゃない。
加計疑惑に対する菅官房長官の過剰反応も異常としか言いようがない。
文科省の文書を中身も精査せず「怪文書」と断定。
前川氏に対しては「地位に恋々」と個人攻撃。
「出会い系バーで女性に小遣いを渡した。
さすがに強い違和感を覚えた」と蔑むような表情で薄ら笑いまで浮かべる。
「ちょっとやり過ぎ。
安倍政権を倒そうとしているのか」(自民党ベテラン議員)とブラックジョークを囁かれるほどなのだ。
 前川証言を「勝手に言っているだけ」と突っぱねるくせに、「総理の代わり」と発言したという和泉首相補佐官や文科省の役人の「確認できない」という発言は信用する。
どう考えても理にかなわない。

前川氏は当時の文科省トップだ。
それが自ら見聞きしたことを告発しているのだ。
官僚機構においてこれ以上、重い事実はない。
 さすがに自民党内でも異論は出ていて、石破元幹事長は「事務方トップにいた方の発言には意義がある」と言った。
都議選で小池新党を応援するためという理由はあれ、若狭衆院議員も「菅長官、文科省の進め方には問題がある。
ごまかしだ」と批判、きのう自民党を離党した。

 日経新聞電子版の「クイックVote」では、8割が「政府の説明に納得できない」と答えている。
これが当たり前の感覚である。
 コラムニストの小田嶋隆氏が言う。
これまで安倍政権は、さまざまな疑惑が浮上しても『批判は当たらない』などとテキトーな説明をして逃げ回ってきた。
それでも支持率が下がらなかったので調子に乗ってしまったのでしょう。
今回は対応を誤ったと思います。
とぼけて『のらりくらり』ならば、国民は『あー、答えられないんだな』と思うだけですが、今回は内部告発した人を積極的に攻撃し、潰しにかかった。
それも、ただ告発証言を否定するだけでなく、醜聞まで読売新聞に書かせたと国会では言われています。
そんな政権に、国民も薄気味悪さを感じて、ドン引きですよ。
薄ら笑いしながら人を攻撃するような官房長官も『時代劇の悪代官』の印象です。
墓穴を掘ったと思います」

政権に近ければ甘い汁、
       反旗を翻せば辱め
 それでも安倍官邸は、前川証言も野党の追及も全て黙殺するつもりだ。
国会会期末の今月18日までに共謀罪法案を強行成立。
閉会すれば逃げ切れると踏んでいる。
 だが、ろくに調査もせず「信用しろ」と強弁し、ドーカツすればするほど疑惑は深まる。
動揺の裏返しだと国民は見抜く。
前川氏か安倍官邸か、どちらが嘘をついているのかは一目瞭然だ。

 ムキになって否定し、相手を攻撃する狂乱首相の醜態が、大嘘のパターンであることは森友疑惑で証明済みなのだ。
“共鳴”する同志だったはずの籠池前理事長に対し、手のひらを返したように「非常にしつこい」とハシゴを外したと思ったら、「総理を侮辱」で証人喚問に引っ張り出す。
安倍は「私や妻が関わっていたら、総理大臣も国会議員も辞める」とたんかを切っていたが、籠池夫妻が文科省との交渉で昭恵夫人の名前を出していたことが音声データで明らかになるなど、関与が決定的になった。
 今度の加計疑惑も、和泉補佐官発言のように「総理の意向」を裏付ける話がボロボロ出てきて、「やっぱり」というのが大多数の国民の心情だろう。

高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)はこう言う。
痛いところを突かれると、なりふり構わず攻撃する。
それも、公的な議会の場だけでなく、下半身疑惑まで含めた攻撃です。
こんな政権は戦後政治にはありませんでした。
安倍首相は、民主主義の体裁を取りながら、徹底した独裁手法を取るロシアのプーチン大統領やトルコのエルドアン大統領を真似しているかのようです。
さすがに国民は『この政権ではまずい』という感覚を持ち始めています。
政権と仲良くすれば甘い汁が吸えるが、反旗を翻せば、籠池前理事長や前川前文科次官のように徹底的に叩かれ、辱めを受ける。
そういう恐ろしさがハッキリ見えてきました」

■規制緩和の名の下に、
       お友達へ利益分配
 たとえ今国会を数の力で逃げ切れたとしても、2度も同じ光景を見せられた国民は安倍の嘘を忘れない。
これはボディーブローになる。
安倍がエキセントリックになり、声を荒らげる時。
それは、詭弁とゴマカシで覆い隠そうとしている時なのである。

 加計問題に限らず、国家戦略特区は制度そのものが怪しさ満載だ。
「岩盤規制」だとかカッコイイことを言っても、結局のところ首相のトップダウンで身内へ利権誘導。
規制緩和が柱の成長戦略も誰のためなのか。
うさんくささが漂っている。
自由競争だと、もっともらしく良いことのように見せかけていますが、安倍政権が規制緩和の名の下で行っているのは、自らに群がるお友達へのえげつない利益分配です。
分配されるのは我々の財産。
税金が補助金となって加計学園の獣医学部に投入されることになるのです。
森友学園にしても、土地の格安払い下げだけの問題ではありません。
小学校が設立されていれば、私学助成という形で補助金が支給されていました」(五野井郁夫氏=前出)

 5月31日前川氏は、共同通信のインタビューで「そもそも官邸と闘うという気持ちは全然なかったが、乗りかかった船だ」とつぶやいたという。
退路を断った元官僚の覚悟は並大抵ではない。
安倍政権にとって不都合な事実がまだまだ明るみに出るだろう。
むくみと悪相は、これからますます酷くなる一方だ。
posted by 小だぬき at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする