2019年01月01日

年のはじめに考える 分断の時代を超えて

年のはじめに考える 分断の時代を超えて
2019年1月1日 東京新聞「社説」
2019年賀状.jpg
 この年頭に思うのは、分断ではなく対話の時代であれ、ということです。
世界は、そして私たちは歴史的試練に立たされているのではないでしょうか。
 思い出してみてください。

 平成の始まるころ、世界では東西ベルリンの壁が壊れ、ソ連が崩壊し、日本ではバブル景気がはじけ、政治は流動化し非自民政権が生まれた。
 米ソ冷戦という重しがはずれ、世界も日本もあらたな歴史を歩み始めたのです。

◆自由と競争を手中に
 アメリカ一強といわれました。
 政治は自由の広がりを感じ、経済は資本主義が世界を覆って市場経済のグローバリゼーションが本格化した。
 世界は自由と競争を手に入れたかのようでした。
 欧州では共通通貨ユーロが発行され、中東ではパレスチナ、イスラエルの和平合意。
日本では二大政党時代をめざす政治改革。
時代は勢いをえていました。

 しかし、その後どうなったか。
 政治の自由は寛容さを失って自ら窒息しつつあるようです。
 経済の競争は、労働力の安い国への資本と工場の移転で、開発国の経済を引き上げる一方、先進国に構造的経済格差を生んだ。
リーマン・ショックは中間層を縮め失職さえもたらした。
 その根本には人間がいます。

悩み苦しみ、未来に希望をもてない人がでてきた。
 憲法や法律には不公正も不平等もないはずなのに、それらが実在するというゆがんだ国家像です。
 アメリカでは貧しい白人労働者たちを「忘れられた人々」と称したトランプ氏が勝ち、欧州では移民を嫌う右派政党が躍進。
人権宣言の国フランスでは黄色いベスト運動が起きた。
 格差が、不平等が、政治に逆襲したのです。

◆友と敵に分ける政治
 日本は「非正規」という不公平な存在を生みました。
貧困という言葉がニュースでひんぱんに語られるようになりました。
 それらに対し、政治はあまりにも無力、無関心だったのではないでしょうか。

 欧米でも日本でも目下最大のテーマは民主主義、デモクラシーの危機です。
 思い出されるのは、戦前ドイツで注目の政治学者カール・シュミットの政治論です。
 政治学者三谷太一郎氏の簡明な説明を借りれば、国民を友と敵に分断する政治です。

敵をつくることで民衆に不安と憎悪を募らせ、自己への求心力を高める。
 敵をつくるだけで対話も議論もありません。
その結果、多数派が少数派を抑圧し圧殺してしまう。独裁の理論化といわれます。
 ナショナリズムもポピュリズムも同種です。
 排外主義は国民を熱狂させやすい。
ポピュリズムは目的遂行のため事実を隠すことがあります。

 ヒトラー政権が用い、戦前戦中の日本も同じようなものでした。
英米はきらったそうです。
 今、シュミット流の分断政治が内外で進んでいるかのようです。
 多数派の独走。
議会手続きを踏んだふりをして数の力で圧倒してしまう。
実際には国民の権利が奪われているのです。

 では健全な民主主義を取り戻すにはどうしたらいいか。
 分かり切ったことですが、まずうそをつかないことです。
 情報公開がもっと進まねばなりません。
役人が政治家のため、また自分たちのために情報を隠すのなら、主権者たる国民への裏切りにほかならない。
これでは民主主義が成立しません。

 もう一つは、多数派は少数派の声に耳を傾けねばならないということです。
多数の利得が少数の損失のうえに築かれるのなら、それは国民全体の幸福とはいえません。
国民の総意とはいえない。
 自由と競争は必ず不平等を生じさせますが、それを正すのが政治の役割というものです。
 事実にもとづく議論、適正な議会手続き、議員各人の責任感。
 それにより少数派は声が小さくとも守られ、多数派は多数専横の汚名から救われるのです。

◆民主主義は死なない
 むかしシュメールの王様はときどき神官にほおを平手打ちしてもらったといいます。
増長をいましめ、謙虚を思い出すためです。
どこかこっけいなようですが、逆にいうなら権力保持には大いに役立ったことでしょう。
今なら国政の安定ということです。

 民主主義は死んだりしません。
 民主主義とは私たち自身だからです。
 生かすのは私たちです。
危機を乗り越えて民主主義は強くなるのです。
その先に経済も外交も社会保障もあるのです。
 分断を超え対話を取り戻さねばなりません。
posted by 小だぬき at 11:08 | 神奈川 ☁ | Comment(5) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝ても取れない疲れ…。

寝ても取れない疲れ…。実はすべての疲労は脳が原因だった!
12/31(月) 集英社ハピプラニュース

毎日ちゃんと寝ているはずなのに、最近、疲れがとれなくなってきた……と感じているマリソル世代の女性は多いはず。
でも“年齢的にしょうがない”とあきらめるべからず。
ちょっとしたコツさえ知っておけば、疲れは効率よく解消が可能。
疲れないための簡単メソッドを実践して元気な心と体を取り戻して!

≪歳をとって加速? どうして疲れるの?≫
まずは、疲れが起こるメカニズムや、年齢と疲労の関係などについて、医学博士の梶本修身先生が詳しく解説。

☆私が解説します!
●医学博士 梶本修身先生
大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授。
東京疲労・睡眠クリニック院長。
『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)ほか著書多数

<疲れは、体でなく脳の自律神経中枢の疲弊によって起こる>
そもそも“疲れ”とはどういう状態 のことをいうのか、最初にその基本的なことから知っておこう。
「日本疲労学会では、疲れとは“運動や労力などの身体作業負荷あるいはデスクワークなどの精神作業負荷を連続して与えた時に見られる身体的あるいは精神的パフォーマンスの低下現象”と定義されています。
つまり心身に負荷がかかることを続けた時に、思考力や注意力が低下したり、動作が緩慢になったり、目のかすみや頭痛、肩こり、腰痛が現れるなどして、パフォーマンスが低下することをさします

 このような症状が出ると誰もが“体が疲れた”と思いがちだが、実は疲れは体でなく“脳”で起きるのだとか。
「運動をして“体が疲れた”と感じても、実際には筋肉や内臓はほとんど疲れていないことが研究によりわかっています。
ではどこが疲れているのかというと“脳”です。

具体的に言えば脳の自律神経の中枢です。
運動をすると呼吸や心拍、体温などを調節しなければならないため、脳の自律神経中枢がフル稼働して疲弊します。
この時、脳の自律神経細胞で活性酸素が発生し、細胞が酸化ストレスにさらされ、その疲れは、体でなく脳の自律神経 中枢の疲弊によって起こる結果、自律神経細胞本来の機能を維持できなくなって生じるのが疲労です」

 運動だけでなくデスクワークなどの頭を使う作業で感じる疲労も、自律神経中枢の疲弊によって起こるそう。
「ご存じのように、自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は心身が活動的な時や緊張や興奮状態の時、ストレスがある時に優位になります。
一方、副交感神経は心身がリラックスモードの時に優位になります。
このうち交感神経が優位になっている時は最大のパフォーマンスを発揮できるよう、脳の自律神経中枢はフル稼働状態になります。
つまり交感神経優位の時、自律神経中枢が最も疲弊し、疲れを感じるのです。
仕事で頭を使っている時も交感神経が優位な状態なので疲れやすくなります」

では、疲れと年齢の関係とは?
「自律神経機能は老化が激しく、10代をピークに年々低下し、40代になるとピーク時の半分以下にまで低下してしまいます。
そのため加齢とともに疲れやすくなるのです」

そこで知りたいのが、効率よく疲れをとるコツ。
交感神経優位な状態が疲れの最大の原因なので、交感神経が支配する時間を減らし、副交感神経が優位な時間を増やすことが疲労を減らすコツです。
例えばランニングのような運動は交感神経を優位にするので、疲れたからスッキリしようと思ってランニングをすると、疲労に疲労を重ねるだけで逆効果。
このように間違った方法をとっていると“何をしても疲れがとれない”という事態に陥るので要注意。
正しい疲労解消術を知っておきましょう」

知ってた? ■すべての疲労は脳が原因!
自律神経のうちの交感神経が優位な時は、脳の自律神経中枢の細胞がフル稼働状態。
これが脳を疲弊させ、疲れが生じる。
左のような項目は、すべて交感神経を優位にし、脳を疲れさせ疲労を招く。
疲れている時にランニング、入浴と重ねて行うと、疲れが足し算的に増すことに。

知ってた?  ■慢性疲労症候群
“疲労”は病気ではなく生理的な現象だが、日常生活に支障が出るほどの強い疲労感を長期間感じる場合は“慢性疲労症候群”の可能性が。
日常生活が損なわれる強い疲労感が6カ月以上持続または繰り返し、筋肉痛や発熱、リンパ節の腫れが生じることもある。

Marisol ONLINE 知っていた?
■自律神経機能は年々低下
脳の自律神経機能は加齢とともに急降下。
年齢を重ねるにつれ疲れやすくなるのはこのため。
自律神経機能の低下は食い止められないが脳を疲れさせない生活に改善すれば低下速度が緩やかに。

今すぐチェック!
■あなたの脳のお疲れ度は?

以下の項目で自分が当てはまることをチェック。
1つでも該当したら、脳疲労がたまっている可能性大!

□物事はキリのいいところまで、やり遂げたいほうだ
□職場など長く過ごす空間に、苦手な人がいる
□責任感が強く、遅くまで残業しても苦にならない
□長時間座り姿勢で作業をしている
□何かに集中して没頭するとまわりが見えなくなりがち
□疲れると栄養ドリンクをよく飲む
□疲れると高カロリーのものを食べがち
□長時間のドライブでもあまり休憩をしない
□熱めのお風呂に長湯をするのが好き
□休日は遠くの旅先に足を延ばすことが多い
□いびきをかくと言われたことがあり、日中眠くなる
□趣味などで、つい夜更かししてしまうことがある
□ストレス解消のため習慣的に体を動かしている
□満員の電車やバスに乗って移動することが多い
□屋外で過ごす時間が長い
posted by 小だぬき at 00:00 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする