2008年12月23日

何気なく、親の知恵を!!

小学校2年生で学習する かけ算九九。毎年のようにトイレに九九表を貼ったとか、親子で風呂場で特訓したとか涙ぐましい「暗記」が 報告されます。
でも、本来は要点さえつかめれば「暗記」は、自然とできるのです。

1当たりの数の何個分という押さえです。

◎◎◎                 1当たり3この1つ分   3 × 1

◎◎◎   ◎◎◎  1あたり3この2つ分    3  × 2       

かける( × )ということは、1あたり・1袋当たり・1皿あたりの数のいくつ分で、×数が1つ増えるにしたがって 1当たり分が増えていくのだとの理解を 徹底させれば「無限暗記地獄」から解放されるのです。

極端にいえば  ×5までの理解ができれば  3 × 7 は (3×4+3×3、でも3×5+3×2でも同じ)と気づけると 暗記も楽しい となるのですが、まだ念仏暗記が多いのは残念です。

*********************************
<お父さん・お母さん すごい!! と言わせる九の段>

両手の手のひらを 目の前に置きます。これから書かれた通り指を折ってください。

9  × 1      左手の親指を折ります。左手と右手で折っていない指が9本ですね。
9  × 2      今度は左手の人指し指のみ折ります。折った左側が10の位。
9  × 3      左手の中指を折ります。折った左が10の位。

両手の手のひらを開いて 左手の親指から1本ずつ指を折り 折った指の左側が10の位、右側が1の位とするのがポイントです。

9  × 9      右手の一指し指を折り、折った左側が8、右側が1で 見事指 九の段の完成です。

**********************************
今、「インドの数学」がブームになっていますが、なんと合理的に答えにたどりつけるのか・・・・、と休職中の小だぬきも驚く 法則性と合理性です。

posted by 小だぬき at 06:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅くなりました
ブログ開設、2ヶ月おめでとうございます!! (^○^)
これからも、ボチボチ続けて下さい!

娘が小学生の頃の先生は、塾へ行く事を勧めていました
ある先生一人というのではなく、学校全体がそういう雰囲気でした
塾など必要ない、と思っていた(る)私はとても驚きました
多分、先生自身が塾へ行った世代だからだろうと思います

結局、高校で進級が厳しくなる迄(笑)塾には行かせませんでしたが・・・
それから行った塾も、小だぬきさんが仰る通りモノにならず、遊び呆けるだけ
慌てて家庭教師なるものをつけたのですが、先生と合わず・・・

すわ、高校で留年か?!
と思った時、自分で教える事を思いつきました
高校のそれも化学、超文系の私にはとてもムリと思ったのですが、もうそれしか方法は考えられず、「この子には私しかいない」という悲愴な気持ちで参考書を買いに行きました

開いてみて驚きました
私でもわかるのです
内容がかなり簡単になっているのもそうなのですが、考え方がわかるようになっていたのです

高校時代、確かにわからなかった問題が、すらすら解けるのです
ダテに年をとったわけではないなぁ、と我ながら感心

娘の躓きもわかり、なんとか進級

「高校の内容なんてわかるはずがない」って最初から諦めず、たまには教科書を見てみるのも悪くない、と思った出来事でした
もっとも、あれ以来見ておりませんが(笑)

インド式計算、1年程前私もやってみましたが、途中で挫折
どうしても日本式計算が抜けず・・・
又、始めてみようかなぁ?
Posted by manii at 2008年12月23日 13:00
おひさしぶりです。
昔、ドラゴン桜を読んだときに、
ただ叱るだけではなく、何故なのかを考えさせる、教える事が必要。ただ典型的な良い子に育っても意味が無いと書いてありました。

折りしも、近日の彼家族のやりとりを見て、家族のあり方、子育てのあり方について考える機会になりました。せっかくの辛い経験ですから、ここで学ばなくてはもったいないですよね。

 私もただ自分の正義を貫く、悪を憎むような人間ではなく、もっと他人を許せる、心に余裕を持つ人間になりたい、と思えてきました。
Posted by だったい at 2008年12月23日 13:08
学校で塾を薦めるなんておかしいですよ。学校は何をするのでしょうね。

後で後悔することが多いのですよね。こんなことならもっと早く学んで置けば・・・と思うのは・・・。

でも「今」だからわかることがあってもいいやと居直る小だぬきです・
Posted by 小だぬき at 2008年12月23日 15:56
そうですね。何十年分もの体験を少しの時間でしたようなものですものね。

いい年末・年始になるといいですね。
Posted by 小だぬき at 2008年12月23日 16:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック