2010年10月28日

台風の接近 早い冬 

大型台風14号が 奄美大島・沖縄を暴風雨圏内に入り接近中とのこと。

奄美大島の水害被害が癒えないうちに 台風の襲来です。

秋雨前線の位置が太平洋の海側に停滞したままなので ヘタしたら日本縦断の台風に・・・。

天気図と気象予報士の適確な解説のお陰で 気象にも詳しくなってきます。(学生時代は苦労した天気図読みでしたが・・・)
雲の動き、風の吹き方、温度、体調などでも ある程度の予報が可能になっています。
知らず知らずに 遠足や校外活動などでの天気との付き合いも いつの間にか「知りたい、解りたい」」を刺激してくれたようです。

今、マスコミなどで 消防レスキューや海保・自衛隊の救助などの過酷な訓練の様子が紹介されています。
彼らの「人命救助」の熱い思いに感謝です。
出来れば出動しない平穏な日々が続くことが 望ましいのですが・・・・。

朝晩に限らず 気温低下が激しくなっていました。各地で初雪の知らせも。
今年は「秋」があったの? と思うほど 夏日→冬日です。
各地でインフルエンザ流行のニュースも聞こえてきています。

何か「夏」と「冬」しかなくなったような最近の気候。
体調維持に大変な時期が 1年中続くようですね。

海上保安庁・消防・自衛隊などの救難隊・救助訓練が 体力の限界に挑戦しながら訓練している若者がいる一方、小学生などのまだ若い子達の自殺のニュースも・・・・。
自殺を選んでしまった子の冥福を祈ります。

今日は 寒さにふるえ 布団にくるまっている小だぬきです。
posted by 小だぬき at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック