2011年02月21日

何かスッキリしない・・・

マイクロソフトのPCの「修正ソフト」のダウンロード・インストールの数の多さに呆れるやら怒りたいやら・・・
NECのプレインストールされたソフトも必要以外は削除して、デフラグをかけて やっと動きが軽く感じられます。

修正ソフトが 上書きで更新できればメモリー的には安心なのですが・・・・

今日は1日、「国会予算委員会審議」が 睡眠薬となり 聞いては眠りの繰り返し。

与野党ともディペート力がないなぁ・・・、「売り言葉に買い言葉」「非難の応酬」で、本当に予算委員会なの??と感じる始末。

「政治と金」の問題は 小沢氏個人の問題にしていいのか??
なぜ 政治資金規正法や企業・団体献金の禁止、政党助成金の廃止など 具体的な改善点を野党も与党も提案できないのか!!

「予算案の何が問題で どう組み替えるか」の議論もなし。

当然、短期目標・中期目標・長期目標の計画で予算が組まれるのでしょうが、今の「白か黒か」「成立か廃案か」の与野党のやりとりでは、お互いの重点施策の違いや妥協点も 国民にはイメージできないのです。

ただTVにでて 顔と名前が知られれば 当選の時代ではないのです。
個人批判や揚げ足とり、知性のなさ、議論の空虚さを 頭に刻まれるだけで この人 発言するたびに支持が落ちるのではと心配になる議員も多くいます。

国会は スタンドプレーや喧嘩ゴッコの場ではないでしょう。

少なくとも 具体的改善点が見いだせる 予算委員会でなければならないでしょうね。

◇いまだに国会議員のなかに 小沢氏は「不起訴」であり「起訴猶予」でないことを理解しないまま 無知をさらけ出している人が与野党の執行部にいるのは、残念です。

不起訴・・・犯罪の事実はない 「マ真っ白け」
起訴猶予・・犯罪の事実はあるが 起訴するほどではない。

国会証人喚問だとか騒いでいる議員達は、後で「小沢氏への名誉棄損」で 高い代償を払うことになるでしょう。
勿論 マスコミ・報道も同罪です。

斜め読みをすると「無罪」になることを承知の上で 国家賠償法や「名誉棄損」で 小沢一郎氏に税金で政治資金を提供する サル芝居かなどとも思うこのごろです。
posted by 小だぬき at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト