2011年04月01日

真の敵、加害者を見失うな!!

昨日、東京電力への抗議デモで 中核派3名が許可条件遺脱で逮捕されたとのこと。

確かに 東電に責任はないとは言えませんが、原子炉対策と計画停電の対応で手一杯の私企業に 抗議デモとは 少しおかしいように思います。
警察官僚の天下りの多さや 大学への補助金などで「御用学者」を増やした責任、放射能流出の責任は 原子炉が安定してからするのが本筋で、対応が遅れた・東電に対策をまる投げした官邸にこそ 抗議がむくべきものです。

内閣官房・原子力保安院・原子力安全委員会、国策として原子力発電を推進した人達の方が はるかに責任は大きい。

政府として米軍の対放射能部隊の申し入れ無視、日立・東芝の技術者派遣要請なし は明らかに危機感のなさの証明です。

今日からの新年度、積み残された課題は山ほどあります。原子炉冷却化・雇用の悪化・被災者の身分、住所問題などなど・・・・。

災害地の復興など 政府の施策の優先順位を明確にする「工程表」を作り、予算の集中投入すべき時です。

間違っても財源を増税に頼ってはいけません。
課題ごとに 募金を募るとともに 行政改革の徹底で対処すべきものです。

今は 先進国幻想を捨て、名誉ある発展途上国と位置付けて 再建をすべき時です。

政治は3流でも 国民の多くは「倫理・節度・協力」などの見本と海外でも賞賛される「日本人」です。

少なくとも 政治が2流に格上げできれば 「再生」「新日本」を作ることができるでしょう・・・・。

日本は一つのスローガンは、天皇・皇后陛下の人格・人間性を模範にし 世界から賞賛された日本人の倫理に基づく「日本は一つ」でなければなりません。
間違っても ファシズム・独裁・「欲しがりません、勝つまでは」との精神主義に陥らせないように しなければならないと思います。

posted by 小だぬき at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト