2011年04月13日

なぜ報道自粛?? 今こそ冷静に検証を!!

 今日の誕生日メッセージ、ありがとうございました。これからも一歩一歩着実に歩んでいきたいです。

最近の東日本や長野の地震、余震が 震度6強などと記録される 福島県浜通り・・・、生きた心地はしないでしょうね。

川崎市でも震度4とか3の地震が続いています。
不思議なもので 3/11の揺れが余りにも大きかったために 5分程度の揺れだよと心身の反応がチグハグ。


小学校で安全主任をしていた時は

@とにかく 机の下にもぐれ、防災ずきん着用、
 担任は 窓とドアを開け 避難路を確保

A放送の指示を待つ、職員緊急職員会議
 学校待機か保護者への引き渡しか 決定する。

B訓練の時は、各学校で標語化している安全対策で校庭避難。

地震のないときはいいのですが、実際には「地震予知報」「警戒報」「注意報」などで細かい対応マニュアルがあるのですが、都市部などは公園や学校が指定避難所になります。

今回の東日本大震災のような地震の教訓として、今までの安全対策は、通信網が繋がる、交通網は維持されることが前提になっています。
しかし 通学路の狭い所や ビルのガラス破損、自動車暴走など それこそ「想定外」のことが多発する恐れが多いのです。

じゃー学校が安全かというと 最新の新設校はある程度の耐震構造をもちますが、ナンパー校といわれる学校ほど 古い建造物というのが多いのです。  
ある訓練の時、警察・消防の連絡は管理職か 普段から顔見知りになっている安全主任かで 指示系統に混乱さえ生じたことがあります。

毎年、学校では、学区の安全マップを作り、教委に「改善申請」をだすのですが、市道以外ですと道路の歩行線すら難しいのです。
また 廃屋や路上の段差、ブロック塀などの 私有地などは なかなか行政指導しにくいのが現状です。

私の地域も避難場所が 国道1 県道1を 乗り越え しかも狭いマンション群の間を10分ほど歩いて抜けなくてはなりません。
地震予知報が1日前にあり 避難指示が早めにでれば たどりつけるのですが、突然では 動きようがありません。

今回の東日本大地震では、非常事態を宣言すれば 菅首相や官邸は あらゆる命令が可能だったのです。
しかし、官邸は 「人命優先」の強権発動を躊躇い、命令のタイミングを次々と失い、1ヶ月たっても 震災救助・支援の段階です。

福島第一原発の炉心内や防護壁が 水素爆発したとき、今の仮設住宅の位置で大丈夫なのだろうか・・・。
一気に放射能が外気に放出された場合の 被害想定は しているのだろうか・・・

官邸やマスコミ、原子力安全・保安院が 「事故レベル7」を宣言したのは、海水・土壌・空気汚染の実態が深刻過ぎて あとで最悪事態が起きた時の 保身のためかとさえ意地悪く思います。


今日の58歳スタートで 神戸のように復興していく 東北地方が見られる日が早く来てほしい・・・・。
少なくとも 被災された方の「故郷」だけは 立ち入り禁止区域にならないようにと願っています。

お金も語学力もある人、知り合いが諸外国にいる人は、福島第一原発の事故の間、余震が納まるまで 「海外一時避難」も考えて欲しい。

日本人の生命を一人でも多く助けることが 次の課題になるでしょうから・・・。

posted by 小だぬき at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お誕生日おめでとうございます。
いつも遊びに来ていただいて
ありがとうございます。

世の中いろいろな事が起きていますが、
これからの世の中をまた作っていきましょう。
今日がその最初の一日です。

これからもよろしくお願いします。(=●^0^●=)
Posted by ゆいパパ at 2011年04月13日 23:12
誕生日、ありがとうございます。

そうですね。何か出来る所から社会変革ですね。
これからもよろしくお願い致します。
Posted by 小だぬき at 2011年04月14日 06:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト