2011年04月23日

ムダなエネルギーは消費しない。

今日は、精神科と内科の通院日でした。

時々襲う 豪雨に負けずに行くことができました。足腰が弱まっているのか気力がわかないのか、エスカレーターやエレベーターのある施設ではつい使ってしまうのですが、エレベーターなどの時は先にのり「開くボタン」を押し、降りるときは最後まで「開くボタン」を押して降りるのですが、「ありがとう」というお年寄りや乳母車の人に言われるだけで幸せな気分になります。

精神科で 先週の女性セールスの方との 4時間対面だけで 今週は疲れきりましたといったら

精神科主治医

★4時間、対面し帰宅できたエネルギーが出たというのはいいことです。
★でも、直接話を聞くことが必要なのか考えると ムダなエネルギー消費といえます。
★相手は「売る」ことが目的ですから 次からは「断りましょう」
★電話での話は、すべて断る位でいいのです。うまい話には必ず裏があります。
★小だぬきさんの「まじめさ」「律義さ」「誠実さ」が 会ってとなるのでしょうが、それが 病を拗らせている原因の一つですよ。
★エネルギーは自分のために使ってください。
★散歩往復20分くらいで いいのですよ。
                      と言われました。

「大きな決断」をしないつもりで 会うことは確かに無駄なエネルギーの消費ですね。


最近、本の整理を徐々にしているのですが、先日 マルクスの教育全集なるものが出てきて 読んだのかな・・とページを開くと 赤線・書き込みだらけ。よく30数年前の 給与4万円台の時に1冊 1600円の4冊を買って読み込んだものだと 自分で感心しました。

当時のガリ版講習の本とかも出てきて 整理より「読み返す」時間の方が長くなっています。

本には購入した日付と蔵書印がおしてあるのですが、所沢から川口に異動した年度は 集中的に「心理学」関係の専門書も多くです。
自分の中に、日教組の最後のストライキ時 執行委員でストに責任を持つものとして参加しようとしたのですが、分会の仲間や管理職まで
勤務後のストライキ全員集会だけでいいと説得されたスト参加できなかったトラウマを埋めようとしていたのかもしれません。

蔵書の年度で サークル活動にのめり込んでいた時や 日教組と全教の組合分裂時の悩みなど 過去が読み返えってきます。

私の納得するまでは動けない性格が プラス方向で出ていた組合活動と教育活動の記録です。

今、退職して 「納得しなければ行動できない」「納得できないものは教えられない」とのエネルギーを使いきった時の「燃え尽き症候群」だったのかな・・・、と「うつ発症」を捉えることができそうです。

これからは 時にはでるエネルギーを 今まで蓄積したもので「どういう日本になるのか」に視点を置いて考えていくようにしたいです。

主治医の「だらしなくてもいいの」「忘れてもいいの」「自分の責任外のことは 客観的にみればいいの」、今までの「・・・ねばならない」から「なるようになるさ」に 性格を少しずつ変えて 「心にエネルギーをためるようにしましょうねとの言葉を大事にしたい。

あと内科は 128-82 と まだ正常範囲。笑ったのは、風邪薬を飲むなら 紅茶かコーヒーを飲み眠りなさいとの言葉。
これは努力せずに出来るので 万歳です。

外科の看護師さんからは「こっちはいいの??」と聞かれ、昨日までおできができていたのですが、朝 少し膿がでたので様子を見ますに 今日は医院長の診察日ではないものね、来週お待ちしていますに 「勘弁を」で大笑いして 病院をでました。

posted by 小だぬき at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セールスの女性と4時間の会話ですか?

すごいですね・・
楽しい時間だったのでしょうか?

根気のいることだと、思います。
Posted by くろこ姫 at 2011年04月24日 13:36
くろこ姫さん、教え子の年齢で気さくだったので・・。途中からトイレや喫煙で間をとり 資料の受け取りだけですんだのは奇跡かな?? と今は思います。彼女たちの「家賃収入とか利回りとか立地条件」とかおいしい話ばかりに疑問を持ち、ズバリ価格はいくらの話なの?? で攻勢にでられましたが、危ないところでした。若い女性との一時ほど怖いなぁと学習しました。
Posted by 小だぬき at 2011年04月24日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト