2011年05月13日

法や科学に基づかない政府

なんだかわからないA

今日の参議院予算委員会の審議は、ネットの「参議院インターネット」で録画で見られます。
TVの娯楽作品のくだらなさに 苦々しい思いをしている方 録画でも視聴できます。
是非、視聴をして欲しいと お願いです。

国会が 行政府の「法律に基づかない施策」「発言・言動」を 真正面から 問い質した 見ごたえのあるものです。

必要な組織・人事を 法律に基づいて実行しなさいと 行政の「法に基づかない施策」や「言動」を問題にし、早急に法的根拠の元に行政が動くように 法律を国会に提出してほしい。と立法府と行政府の役割と違いが浮き彫りになりました。

菅さんの手法の独善と思いつき、パフォーマンスに 国会や議員が「民主主義を守れ」とクギを刺した委員会でした。

放射線被ばくの瓦礫ひとつ、処理する官庁も法律もないと知り 驚きと見通しのなさにあきれ返る始末です。

自民党いわく 「政府が法律に基づかない行政を続けるなら、議員立法を持って根拠法を作る」という発言に 関係機関と相談してとか専門家の意見を聞いて・・・とか  「法は早急に整備し提案する」と言えない 菅首相。

国会軽視、行政独善を知るには 充実した委員会です。

今日は ネットの参議院予算委員会を視聴して 今 国で何が起こっているのか 知って欲しい。
柄にもなく 中高生が見ても 政治学習になることは 小だぬきが保障します。

posted by 小だぬき at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト