2011年05月17日

橋下知事の違憲「条例」、処分権濫用

「入学式・卒業式で国旗・国歌に起立しない教員は 辞めさせる」との暴言を 大阪府知事橋下氏がしたとのこと。

この人は 本当に「弁護士」出身者かと疑う発言です。

国旗・国歌法で「日の丸・君が代」が制定されています。
これの付帯決議で「思想・信条の自由は守られるようにする」ということで 運用されています。

天皇陛下も「強制にならないように」と運用でクギをさした法律です。

いままでの学校での「君が代」着席などの処分は、石原慎太郎都知事でさえ 真正面から「君が代」着席・反対に対してのものではありません。
君が代を推進したいがために 各学校長に「式次第通りの行事運営」という職務命令をださせ 職務命令違反としての処分です。
都教委の職員を派遣して 着席教員の調査をしても、文書での職務命令がでていない場合 処分できないのです。
十分 行政としても「君が代」着席のみで 処分した場合、「思想信条の強制」で裁判敗訴が 確実なために 職務命令違反を争点にせざる得ないのです。

もと組合員として、市町村学校に なぜ「市旗や市歌」でなく、「国旗・国歌」なのかで 市教委と交渉したことがあります。
答えは 文科省通達や県教委の指示以外の理由づけは聞けませんでした。

学校で「国旗・国歌」については、きちんと指導します。ただそれが なぜ「市旗・市歌」に優先されねばならないのかが 今ひとつ納得できないのです。

そのような経過を無視して 大阪府は「国旗掲揚・国歌斉唱」を 条例で決めて 違反教員を免職にするとまでいっています。

今の法体系で行政が 条例で罰則付きで「君が代」強制ができるものか 弁護士であればわかりそうなものなのに、知事という権力が「裸の王様」にしているのでしょう。

@立法趣旨や天皇陛下の「強制はしない」という趣旨を 遺脱する、思想・信条を強制する条例になること。
A独立機関の教育委員会の役割を 行政の条例で 一部侵害すること。
B学校現場に土足で介入するような条例であること。
まだまだ 問題が出てきそうな 橋下氏の発想です。

世代によっては「日の丸・君が代」に対する思いは違うのでしょうが、少なくとも天皇陛下や皇后陛下の精神的な思いを体現する「日の丸・君が代」なら 自然に国民に受け入れられるものでしょう。

条例や処分でしか「君が代」を考えられない知事や政治家がいることが 驚きです。

スポーツの世界や日常生活で 自然に受け入れられているものを 職員会議や生徒の意見の経過を無視して「強制」という魂のない導入をして 「愛国心」は育つのだろうか・・・・。

まずは市旗・市歌の移住地の「郷土愛」から 大切にされねばならないと思います。
posted by 小だぬき at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト