2011年05月29日

主治医との相性

最近 マスコミの影響か 精神科医の良し悪しが 患者仲間で 大きな問題になっています。

要は「相性の問題」と言ってしまえばそれまでですが、その相性を患者の気持ち・思いのみで決定するのは チト違うかな・・・と思うのです。
「良薬は口に苦し」で 患者にとって 課題や宿題を要求する主治医とそれに応えようとする患者の信頼関係を築くのが 基盤です。

患者の気持ちに寄り添うだけでは 精神科の治療は成り立たないことが多いのです。
今の患者の精神状態の改善のためには 患者本人が「今の自分」を 表現しなければ 成り立たない世界です。
できない場合は、主治医が問いかけて 様子観察から始まります。
今の自分の思い・状態を 正直に吐き出せるようになれるかどうかが 主治医の臨床経験の有無、になってきます。

私の場合も 何度も書いている通り
@ 死なない約束
A 人生を左右する決断をしない
B 完全主義や完璧主義を捨てる
 ・ 「〜ねばならない」「納得できるまで」の思考
 ・ 他人に任せられず 自分ですべて処理をしようとする傾向
C 仕事と趣味を割り切る
 ・ 在職中は趣味と仕事の境目が不明確になっていた
D いまはズボラでいい とにかくマイペースをつかむこと

などの約束を 自分の中で反芻しながら 通院しています。
寝てばかりの週もありますし、気に入った子や知人との会話では「本当にうつ病」といわれるほど弾むこともあります。


私が 絶対に変えた方がいいと思う医師は(これも主治医の影響ですが)
@ 患者の話を聞かない
A 薬を大量に処方する
B 有名(臨床経験が足りない、講演や本執筆が主で患者を知らない)
C 断定的な物言いをする
 ・私の主治医は 自分の心だってつかめない時があるもの・・という謙虚さがない

  だと思います。

決定的なことは、前進面を励ましてくれる  次までの課題を示してくれれば 患者にとっていい医師だと思うのです。


私も 教育現場で悩んだのは 個々の両親が 自分の子供の言い分のみ100%信じ 平然と「当たり、外れ」などと 教員を評価する風潮でした。
自分の思いを100% 許容しない先生は「はずれ」という プロを信頼できないで感情で苦情を言ってくる 直訴する人たちの増加でした。
これが ある宗教団体の会員さんなら 議員を通して一方的に議会問題にする暴挙すら 見られるのです。

マスコミでも「クレーマー問題」として 一時問題になりましたが、こと医療分野においても同じ問題がありそうです。
患者の今を追認するだけの優しい先生なら 処方箋だけ書いてくれれば通院する必要などなくなります。

これでもプロか!!  という人の存在は あらゆる仕事でいることは 否定しません。
ただ 今もバリバリ??のうつ患者としては、環境も育ちも違う体験談や臨床経験のない学者の本を読むくらいなら 自分の主治医を信じたいと思うのです。

あらゆる場面で 教員と医師の置かれている環境と 仕事内容の共通性を感じてしまう昨今です。

うつ病に限らず あらゆる病気は 治したいという患者の意思とそれをサポートする医師の力量だと信じています。
昔の体験ですが 地域からヤブ医者と言われた医師が 小だぬき家では 24時間対応してくれて治してくれる良い医師だったこともあるのです。
ある種 恋愛と同じで 自分にとってペストな交際相手でも 他人の評価は違うということが ありえるのとおなじような微妙なものが 主治医との相性にはありそうですよ。
posted by 小だぬき at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは  拝見して同感です
「合わない!」とはっきり分かる医師が多いです
「私の話を聞きなさい」と、言って説き伏せるタイプが重なったときには嫌になりました
3人目は薬がやたらに多くなって病気が悪化していきました  カウンセリングは得意じゃなかったみたい
4人目は一番若い方です  でも、いい悪いの判断がその場で分かる人だから、安心できます
医者と弁護士はホント一人ひとり面接しないとめぐりあいませんねえ
Posted by ブーフーウー at 2011年05月30日 15:49
ブーフーウーさん、コメントありがとうございます。
この主治医問題は、患者にとって治療の基礎
。年齢に関係なく 患者を理解しようという姿勢があればいいのですが、なかなか巡り合えないものです。私はその点ラッキーだったと思っています。
正直、私の病院でも先生によって持ち患者数が大きく違います。患者にとって話を聞いてもらえる先生が一番ですものね。第2・4土曜の混雑は大変なものですが、一人最低でも15分以上診察に時間をかけてくれます。
Posted by 小だぬき at 2011年05月30日 17:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト