2011年06月19日

思いつきだけだったのか 原発見直し!!

今日、菅首相が 安全基準を満たせば 原子力発電所の再稼働を認めると発言したとのこと。

多分、夏場の電力不足回避を理由にしてだろうけれど では なぜ「浜岡原発停止」にこだわったのか、説明がつかない。

少なくとも 私は東京電力福島第一原発の事故収拾と教訓を得てから 国民投票で「再稼働」を認めるか「原発廃炉」に向かうか問うてからにして欲しい。

今の菅首相や政府が 安全基準をクリアーしたといっても 原発立地県は「安全ですか・・・、では再稼働を認めます」なんて 安易になびくものか!! 
福島第一原発でさえ 国の安全基準を満たしたと認められて運転されていたにもかかわらず 地震と津波と施設の老朽化で 未だ暴走をしているのに、国を信じろという方がムリでしょう。

3.11の教訓では、「絶対に重大事故はない」との「安全神話」のもとに 原子力発電所が運転されていた「経済優先主義」「収益優先主義」が、コントロール不能の大事故になったのでしょう。

原発を仕方のない発電手段だと認める人でさえ、福島の原発事故から大事故・放射能漏れを防ぐ 教訓と緊急停止が保障されない限り、再稼働なんて 常識的に認められるはずはないではないですか・・・・

いまでも 海洋・大気・土地の放射能汚染の加害国になってしまっているのに 安易に 電力需要のための再稼働なんていうのは狂っている。
菅政権のエネルギー政策も 「国民の安全」のためとの理念ではなく、その場その場の日和見政策でしかなかったことになります。

今、日本列島は どこで地震が生じてもおかしくないと学者がいうように 海底岩盤が脆く または 移動している状態なのにです。

もし 他の原発で再稼働して その地に地震が襲った場合、福島第一原発のようにコントロール不能にしない対策があるのなら まずそれを丁寧に国民に説明すべきでしょう。

その対策がない限り「原子力安全委員会」「原子力保安院」のいうことを 素直に信じる国民なんていないでしょう。

菅さんは 日本国民を犠牲にする可能性と、電力需要を満たすのと 両天秤にかけ、国民の生命・財産を軽視したわけですね。 

皆さんの地元に原発がある方達、今の政府の「安全宣言」なんてしんじられますか!!

私は 菅首相の延命のために 命を玩具のように扱われるのはイヤだ!!

人間の手で 放射能をコントロールできる確信が持てるまでは 再稼働は絶対に反対です。
こんな 国民の命を コロコロと弄ぶ人物が「総理大臣」と思うだけでも 恐ろしい。

新しい災害が起こる前に 保身だけの日和見的権力亡者は、退散して欲しい。

今は 原発被害をこれ以上拡大しないためにも 闇将軍だ院政だという派閥のボス達が 政治力で原発を抑え込めるか 協力して前面に出て欲しい。
放射能は 与党支持だ、野党支持だに関係なく 国民の身体をむしばむのですよ・・・・。
挙国一致 「原発事故対策内閣」を 「菅首相信任決議」否決で実行しましょう。

権力亡者が 解散しそうなら 政治空白を避けるため与野党で素早く時限法で「震災・非常時 参議院議決優先案」を提出し 解散権の濫用防止をしましょう。

posted by 小だぬき at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管のバカ殿閣下は「東日本大震災や原発事故」を
自己保身の材料としてもてあそんでいる。
その魂胆は先刻承知の事。
国民やマスコミは「管が居なくなれば国政は善くなるのか」
と寝ぼけた論理に迷わされる事無く「管は即刻辞任せよ」
と叫ぶ事ではないでしょうか。
Posted by マロヤ at 2011年06月20日 11:02
いつもありがとうございます。。

地元(島根)にも原発があります。

日本は世界でただひとつの被爆国ですが、自分は、原発を導入したこと自体が 原爆によって命を失った方々、今も後遺症で苦しんでおられる方々への裏切りと思えてなりません。
"確実な安全"はないわけですし・・
Posted by 諸星輝々 at 2011年06月20日 17:28
マロヤさんの意見に賛成ですが、ただの使い走りが次期総理だなんてなったら 目も当てられません。
まさか 菅の馬鹿殿様は、6/23 の慰霊の日を忘れてはいないと信じたいのですが・・。
Posted by 小だぬき at 2011年06月20日 21:43
諸星さん、本当に世の中絶対に安心なんてないですよね。事故が起こった時、最小の被害で食い止める何重もの安全装置が必要なのに
今回の事故で「ない」ということが分かりました。今の若い人や子供達が天寿を全うできる収拾をしなければなりませんが、唯一の被爆国が 唯一の放射能加害国になってしまいました。核全面廃止に踏み出すと思ったのに見事に裏切られました。 
Posted by 小だぬき at 2011年06月20日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト