2011年06月24日

明日は通院日 先輩の死

今日は 午後から落ち込んでいます。

携帯の伝言の再生の仕方を忘れ、初任時の7年間 お世話になった先輩に電話。

そうしたら、私が初任で 1年1組を担任した時 隣の2組で 何かと面倒を見てくださった H.Hさんが 5月に癌のために死亡したとのこと。
入院先で 知り合いに迷惑をかけたくないから 旦那様に誰にも知らせないで欲しいと 息を引き取ったとのことです。

3年前の同窓会を企画してくれた時は、胃がんに侵されていたとのこと。
ムリしても 会いに行くべきでした。
年賀状でも 自分の体のことは 書きこまず 私の病気を心配してくれました。

今日になり 霊の存在を 信じたくなったことはありません。
なぜ、霊になって会いに来てくれないのか・・・・、何か 心に穴があいたような午後でした。

神・仏よ、死ぬ順番が違う!!    なぜ いい人が先に逝かなくてはならないのか!!

H.Hさんも 電話をくれた先輩も 皆 私の健康を心配してくれていたそうです。
自分のことより 私を心配して 旦那様に連絡しないようにと 最後まで優しい姉きぶんだったそうです。

はっきりと顔・声が蘇ってきます。
もう一度、話したかった・・・・、見舞いたかった・・・・。

大切な宝物が 一つ永遠に失われました。

H.Hさんのご冥福と 霊でもいいから是非 会いにきてください。


明日は通院日、天気も「雨模様」とのこと。
何か頭が混乱しています。
posted by 小だぬき at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト