2011年07月10日

主治医からの警告と心配

昨日の通院で主治医から やっと「自分のこと」「自分の喜怒哀楽」に目が向いていたのに 震災前後から 「自分」より「社会・政治」に力点が移っているように思います。

このままでは、自己を見失う恐れがあります。
初心の「自分を大事に できることを増やしていくようにして欲しい」と注文がきました。

それと、私をブログで 「美化しすぎよ」
私は 援助者で 治す主体は 「小だぬきさんで  小だぬきさんの生活の中でですからね」

小だぬきさんの好きな映画でも 単純に楽しめばいいものを 今は「設定とか矛盾、事実との違い」にまで気になる状態。
これでは 純粋な娯楽とはいえなくなります。

理屈などいらないものに しいて理屈をつけないように 思考を変えてくださいね。

と 指摘され、確かに 文体に余裕がないな・・・と 自分のブログを読み返しました。

梅雨開けと同時に 心の梅雨開けへの指摘でした。
2週に1度の通院というのも 絶妙な期間だなぁと 思いました。
posted by 小だぬき at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト